フェニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェニックス

フェニックス古代ギリシア語: φοῖνιξギリシア語: phoenix(古: ポイニクス、近現代: フィニクス)、英語: phoenix(フィーニクス))は、永遠の時を生きるという伝説上のである。

概要[編集]

世界各地の伝承では、その涙は、癒しを齎し、血を口にすると不老不死の命を授かると云われている。不死鳥、もしくは見た目または伝承から火の鳥とも言われる。数百年に一度、自ら香木を積み重ねて火をつけた中に飛び込んで焼死し、その灰の中から再び幼鳥となって現れるという。

元はエジプト神話の霊鳥ベンヌであるとも古代のフェニキアの護国の鳥「フェニキアクス」が発祥とも言われる。しかし、上記の伝説はギリシア・ローマの著述家によってしか伝えられていない。

タキトゥスによると34年にエジプトに現れたという。

キリスト教徒はこの鳥を再生のシンボルとみなし、教会などの装飾に用いた。

魔神としてのフェニックス[編集]

ヨーハン・ヴァイヤーの著した『悪魔の偽王国』や、作者不明のグリモワールレメゲトン』の第1部「ゴエティア」には、鳥のフェニックスのような姿で現れるというフェニックスという名の悪魔が記載されている。「ゴエティア」では序列37番の大いなる侯爵とされる。アレイスター・クロウリーの出版した『ゴエティア』では Phenex の綴りになっている[1]

詩作に優れており、話す言葉も自然に詩になるが、人間の姿を取った時は、耳を塞ぎたくなるほど聞き苦しい声で喋るという。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ S.L. MacGregor Mathers and Aleister Crowley. The Lesser Key of Solomon. http://www.sacred-texts.com/grim/lks/index.htm 2013年8月10日閲覧。. 
  2. ^ 市の紹介
  3. ^ 不死鳥のねがい(福井市市民憲章) 福井市 2013年1月4日閲覧
  4. ^ 市章・市の花と木 福井市 2013年1月4日閲覧
  5. ^ 不死鳥のねがい(福井市市民憲章)の誕生 福井市 2013年1月4日閲覧