カイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地獄の辞典』の挿絵のカイム(鳥の姿)
『地獄の辞典』の挿絵のカイム(人間の姿)

カイム (Caym または Caim[1]) は、悪魔学における悪魔の一人。

カミオ (Camio)[2]とも呼ばれる。

位階[編集]

ゴエティア』によると72人の魔神の一人で、30の軍団を従える序列53番の大総裁。元は天使の階級であったとされる。

外見[編集]

ツグミまたはクロウタドリ[3](きわめて近縁)の姿で現れるが、鋭い剣を持った人間の姿も採る。『地獄の辞典』には「羽飾りをかぶって、孔雀の尾をつけた人間の姿で現れることもある」ともあり、剣を持った鳥の姿と鳥の着ぐるみを着た男のような姿の2種類の挿絵が付けられている[4]

言動[編集]

人間の姿では、燃え盛る灰もしくは石炭の中で答えるという。

、牡、その他の動物の言葉、さらには水の音までも理解できるようにする力を持つ。また、未来の出来事に対する最良の対応を教えてもくれる。

優れた弁論家であり、コラン・ド・プランシーによれば、ルターの論争の相手はカイムだったという[4]

脚注[編集]

  1. ^ ヨーハン・ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』では Caym であるが、レジナルド・スコットの英訳、および『ゴエティア』ではCaim となっている。
  2. ^ The Lesser Key of Solomon, p39
  3. ^ ヨーハン・ヴァイヤーによる『悪魔の偽王国』のラテン語版では merulae(クロウタドリ)とされる。
  4. ^ a b 『地獄の辞典』 p.88

参考文献[編集]