プルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プルソンPurson)は、悪魔学における悪魔の一人。

概要[編集]

ピュルサンPursan)、キュルソンCurson)とも呼ばれる[1][2]。『ゴエティア』によると、一部は力天使、一部は座天使からなる22の軍団を指揮する序列20番の

大奥義書』によれば、フルーレティの支配下にあるという[3]

ミュンヘン降霊術手引書』においても、キュルソン(CursonまたはCvrson)という名前で紹介されている[4]

ライオンの顔をした男の姿で現れる。出現の際には、手に毒蛇を持ち、に乗っている。常にトランペットを鳴り響かせているともいわれる。隠されたものの在り処を知り、財宝を発見する力を持つ。また、過去・現在・未来に関して語り、地上の秘された物事や神学、あるいは創世に関する質問に真摯に答える。良い使い魔も与えてくれる。

脚注[編集]

  1. ^ Pseudomonarchia Daemonum
  2. ^ 『地獄の辞典』でも「ピュルサン(キュルソン)」という項目名で紹介されている。
  3. ^ The Book of Ceremonial Magic, p188
  4. ^ Forbidden Rites, p.165 および pp.291-292

参考文献[編集]