バルバトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルバトスのシジル

バルバトス (Barbatos) は悪魔学における悪魔の一人。

概要[編集]

ゴエティア』によると30の軍団を率いる序列8番の公爵。『悪魔の偽王国』によれば伯爵にして公爵である。

大奥義書』によれば、サタナキアの支配下にあるという。『ミュンヘン降霊術手引書』においては、バルバルス(Barbarus)という名前で紹介されており、36の軍団を率いる伯爵にして公爵であるという[1]

トランペットを持った四人の王を従えて、狩人の姿で現れるとされる[2][3]コラン・ド・プランシーはバルバトスを「ロビン・フッドの変形」とみなしている[2]。太陽が人馬宮にあるときに、四人の高貴な王と彼らが率いる軍隊を伴って現れるともいう[4]

もとは力天使とも主天使ともいわれる[5]。魔術師の財宝の隠し場所を知っていたり、動物の言葉を理解することが出来るなどの能力を有する。また、過去と未来をよく知り、友情を回復する力を持つともいう。

脚注[編集]

  1. ^ Forbidden Rites, p.165 および p.291
  2. ^ a b Pseudomonarchia Daemonum
  3. ^ コラン・ド・プランシー著 床鍋剛彦訳 『地獄の辞典』 講談社 1990年、p222「バルバトス」の項
  4. ^ Goetia
  5. ^ 『悪魔の偽王国』および『地獄の辞典』では、力天使または主天使とされる。『ミュンヘン降霊術手引書』、『悪魔の偽王国』のレジナルド・スコットによる英訳、および『ゴエティア』では力天使となっている。

参考文献[編集]