ひゅうが (護衛艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hyuuga 04.JPG
横浜港に停泊中の「ひゅうが」
艦歴
発注 2004年
起工 2006年5月11日
進水 2007年8月23日
就役 2009年3月18日
要目
排水量 基準 13,950トン
満載 19,000トン
全長 197m
全幅 33m
吃水 7m
機関 IHILM2500ガスタービン 4基
2軸推進、100,000PS
最大速 30ノット
乗員 約340~360名
兵装 Mk15ファランクスCIWS 2基
12.7ミリ単装機関銃 7丁
HOS-303 3連装短魚雷発射管 2基
Mk41VLS 16セル
電子装置 OYQ-10 情報処理装置
FCS-3改 対空捜索レーダー
OPS-20C 対水上レーダー
QQS-21 ソナー
FCS-3
NOLR-3C 電子戦装置
Mk 36 SRBOC チャフ発射機 4基
搭載機 (通常)ヘリコプター 3~4機
(最大)ヘリコプター 11機

ひゅうがローマ字JS Hyūga, DDH-181)は、海上自衛隊護衛艦ひゅうが型護衛艦の1番艦。艦名は令制国日向国に由来し、大戦中に航空戦艦に改装された経歴を持つ伊勢型戦艦2番艦日向に次いで二代目、海上自衛隊の護衛艦としては初代である。

艦歴[編集]

「ひゅうが」は、中期防衛力整備計画(平成13年度)~(平成16年度)に基づく平成16年度計画13,500トン型ヘリコプター搭載護衛艦2319号艦として、アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド横浜工場で建造され、2006年5月11日に起工し、2007年8月23日進水、2009年3月18日に就役の後に第1護衛隊群第1護衛隊に配属された。

実用艦として初めてFCS-3を搭載した艦である。このFCS-3は試験艦あすかで試験していた台枠を流用したもので、アクティブアレイの素子は全て新造品に交換されている。

艦番号は当初DDH-145、建造番号2405号が与えられていたが、艦番号DDH-181、建造番号も2319号に変更されている。

2007年8月23日、アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド横浜工場にて挙行された進水・命名式において、防衛大臣小池百合子により「ひゅうが」と命名された[1]

就役目前にして急遽女性の乗組みが決まり、トイレや風呂、更衣室など女性の乗り組みを考慮した。就役時、女性自衛官17名が乗り込む[2]

2009年9月5日、横浜港にて自治体警察消防陸上自衛隊海上保安庁のヘリコプターを用いての災害時における医療検証を行う[3][4]。同年10月、海上自衛隊観艦式に受閲艦艇のひとつとして出場する。同年11月10日から11月18日にかけてアメリカ海軍との二国間演習であるAnnualex 21G演習(「平成21年度海上自衛隊演習」)に参加する[5][6]

2013年6月10日から26日まで米国カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトンおよびサンクレメンテ島にて実施される米軍単独であった統合訓練「ドーンブリッツ13」に初めて参加する。他に護衛艦「DDG-177 あたご」、輸送艦「LST-4002 しもきた」が、陸上自衛隊からは西部方面普通科連隊西部方面航空隊ほか航空自衛隊航空総隊が参加している[7][8]。ドーン・ブリッツ13実施中の6月14日には「ひゅうが」の飛行甲板に米国海兵隊V-22オスプレイ垂直離着陸輸送機が初めて日本の艦艇に着艦している[9]

現在は第1護衛隊群第1護衛隊に所属する。定係港は横須賀である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
  山田勝規 2007.8.23 - 2009.3.17 防衛大学校・25期    
ひゅうが艦長
1 山田勝規 2009.3.18 - 2011.4.10 防衛大学校・25期   第1輸送隊司令  
2 田邉明彦 2011.4.11 - 2013.8.29 防衛大学校・26期 おおすみ艦長 海上訓練指導隊群司令部
3 岡田岳司 2013.8.30 - くにさき艦長

就役後の一般公開[編集]

用途廃止になったSH-60Jが搭載されている
用途廃止になり機体番号の代わりにひゅうがのロゴマークが描かれたSH-60J。日向国(宮崎県)の県木であるフェニックスと、HyugaとHelicopterの頭文字をモチーフにしている。

就役から約1ヶ月後の2009年4月11日には一般公開され、8,200人が訪れた。この際、予定になかった艦載機用エレベーターに見学者を載せて昇降するデモンストレーションも行われた。 艦内には除籍された飛行不能なSH-60Jを1機(通称181号機)搭載していた。この機体は展示及び訓練(甲板上のマーシャリング等)に用いられており、一般公開時には飛行甲板上に展示されることが多い。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』並木書房、2002年
  • 世界の艦船 第710集』海人社、2009年8月号
  • ひゅうが広報用公式動画http://www.youtube.com/watch?v=uq9PPPJktLM

関連項目[編集]

外部サイト[編集]