ジョージ・ワシントン (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS George Washington
艦歴
発注 1982年12月27日
起工 1986年8月25日
進水 1990年7月21日
就役 1992年7月4日
退役
母港 神奈川県横須賀
所属 第7艦隊 第5空母打撃群
性能諸元
排水量 満載 104,178トン
全長 333 m
全幅 76.8 m
喫水 12.5 m
機関 ウェスティングハウス A4W 原子炉2基
蒸気タービン4機, 4軸, 260,000 shp
最大速 30ノット以上
航続距離
乗員 士官・兵員:3,200名
航空要員:2,480名
兵装 RIM-7 シースパロー短SAM 2基
RIM-116 RAM 2基
ファランクスCIWS 2基
搭載機 85機
モットー Spirit of Freedom
愛称 GW

ジョージ・ワシントン (USS George Washington, CVN-73) は、アメリカ海軍航空母艦ニミッツ級航空母艦の6番艦。艦名は初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンに因んで命名された。アメリカ国外の基地を事実上の母港として配備される唯一の空母であり、日本に配備された初の原子力推進空母である。

艦歴[編集]

1986年8月25日ニューポート・ニューズ造船所で建造が始まる。1990年7月21日に当時のファーストレディナンシー・レーガンバーバラ・ブッシュにより命名、進水し、アメリカ合衆国の216回目の独立記念日である1992年7月4日に就役した。この当時の母港はバージニア州ノーフォークであった。

就役以来ジョージ・ワシントンは6度の地中海およびペルシャ湾配備を経験した。最初の配備が行われた1994年には、ノルマンディー上陸作戦50周年記念の背景として貢献した。2度目の配備が行われた1996年には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争における各勢力の指導者から成る共同軍事委員会による歴史的な会合のホスト役を果たした。ワシントンはさらにボスニア・ヘルツェゴビナにおける平和維持活動、デサイシヴ・エンデヴァー作戦で重要な役割を果たし、イラク南部の飛行禁止区域の警戒活動、サザン・ウォッチ作戦に参加した。

1997年10月から1998年4月まで行われた3度目の配備では、ワシントンは6ヶ月間のほとんどをペルシャ湾での巡航に費やし、イラクに対する国連武器査察団の支援を行った。

4度目の配備は2000年6月に始まり、ワシントンはアメリカ合衆国の軍事的プレゼンスの象徴として、ペルシャ湾で6ヶ月の活動を行う。ワシントン戦闘群は6月21日に出航し、地中海、インド洋およびペルシャ湾で作戦活動に従事した。戦闘群はペルシャ湾で、イラク上空に800回の出撃を行い、サザン・ウォッチ作戦を支援した。水上艦部隊は海上封鎖作戦を実施し、国連制裁に違反してイラクから密輸されようとした20,000トン以上の原油を阻止した。また、ユーゴスラビアの大統領選挙後に緊張が高まると、戦闘群は地域の安定に寄与した。

2004年に地中海からインド洋に入りイラク戦争終結後の海上検査作戦などの警戒活動に行う。4月18日第131戦闘攻撃飛行隊のF/A-18Cがイラク北部のキルクークに潜伏するテロリストに対する精密爆撃と機銃掃射攻撃を実施。これはイラク戦争終結以降、空母による最大の攻撃作戦である。

本土に帰還後、2004年11月にはF/A-18E/Fの初めての発着艦テストを実施。

2005年度で予定していた通常動力型のジョン・F・ケネディ(USS John F. Kennedy, CV-67) の大規模整備が中止になったことで、燃料棒交換およびオーバ-ホール(RCOH:Refueling and Complex OverHaul)の時期が早まると見られていた。

横須賀配備[編集]

横須賀に入港したジョージ・ワシントン
2009年4月~2012年8月の期間中艦長であったデイビッド・ラウスマン(David Lausman)海軍大佐(中央)
太平洋を航行中のジョージ・ワシントン
2009年

2008年4月7日、ワシントンは第17空母航空団 (Carrier Air Wing 17, CVW-17) および第8空母打撃群 (Carrier Strike Group 8, CSG-8) と共にノーフォークを出航し、南米を回ってキティホーク (USS Kitty Hawk, CV-63) とその任務を交代するため横須賀基地に向かった。

この巡航中、ワシントン戦闘集団はアメリカ南方軍による同盟諸国との演習に参加した。アメリカ海軍はブラジル海軍およびアルゼンチン海軍との共同作戦を実施した。4月22日ブラジルリオデジャネイロを初めて訪問した。

ワシントンがキティホークと任務を交代すると共に、第17空母航空団と第8空母打撃群は本国に帰還、厚木海軍飛行場を拠点とする第5空母航空団と横須賀を拠点とする第5空母打撃群がその任を引き継ぐ。ジョージ・ワシントンは米国外の基地を母港とする初の原子力空母となる。アメリカ海軍は日本国民に対してその任務を説明するために、「CVN-73」と題されたマンガ冊子を発行した。

2008年5月22日の午前8時前、中南米を航行中にエアコンや冷蔵施設、予備ボイラー室がある船尾の一角で火災が発生。1名がやけどを負い、23名が長時間の消火作業により熱中症となった。原子炉の安全性には問題は無く、数時間後に乗組員によって鎮火された。ワシントンは5月27日にサンディエゴに入港、火災による損害の評価が行われた。原因は、適切な管理が為されていなかった油脂類にタバコの火が引火したものであり、ケーブル類に延焼したため鎮火に手間取ったとされている。7月30日には、この火災の監督責任を問い、艦長であったダイコフ大佐が更迭された。

この火災事故の影響により、当初6月上旬のハワイにおけるキティホークとの交代式の実施、7月末までのハワイ沖における環太平洋合同演習(リムパック2008)への参加、8月19日に横須賀入港・配備予定が延期となる。

修理を終えたジョージ・ワシントンは、8月21日(現地時間)にサンディエゴを出港し、キティホークとの交代式のためハワイに向かった。第7艦隊に編入され、9月25日朝横須賀基地に入港し、同基地を事実上の母港として配備された。

2009年1月~5月にかけてアメリカ本土外で初めて原子力空母の大規模定期修理(SRA:Selected Restricted Availability)を実施し、この修理に飛行甲板の射出カタパルト整備や原子炉関連部分の修理も含まれていたが原子炉関連部分の修理権限(能力)を横須賀の修理部門は持っていなかったのでアメリカ本土から修理資格を持つ技術者を大量に数ヶ月、横須賀に派遣するというやり方によって実施された。

2011年3月11日の東日本大震災発生時はSRA(定期修理)中であったが福島第一原子力発電所の事故による、放射能汚染を恐れ、3月21日に修理を切り上げ母港の横須賀港から出港、回航中も修理を継続し、4月5、12日に整備員の交代及び物資積載(修理中のため飛行甲板の航空機使用不可)のため佐世保港へ寄港し、母港へ帰港したのは4月20日になってからであり、帰港後もしばらく修理は継続された。修理中だったこともあり、東日本大震災に対するトモダチ作戦には本艦は参加していないが配下の空母打撃群艦艇からは参加している。

2012年9月11日から19日までグアム島近海で実施した統合軍事演習「バリアント・シールド2012」に参加してその後に中東方面に展開するため母港のサンディエゴを出港した「ジョン・C・ステニス」の空母部隊と「ジョ-ジ・ワシントン」の空母部隊が西太平洋上で合流し警戒監視任務に当たっている。

2013年11月11日、11月8日にフィリピン中部をおそった台風30号の被害に対し、アメリカ政府は定期パトロール航海で香港に寄港中であった本艦を中心とした空母打撃群に被災地に急行し救援活動の支援を命じ出港。14日には現着し、活動を開始。後日、その他アメリカ軍のこの被災に対する一連の活動を「ダマヤン作戦(Operation Damayan)」(ダマヤン=タガログ語で相互)と呼ぶことを決定し、本艦は22日まで作戦活動し、その後、揚陸艦などに同作戦を引き継ぎ、沖縄近海での日米合同演習に参加後、12月5日に母港へ帰港した。

2014年1月14日、アメリカ海軍は横須賀港に配備されている本艦を米バージア州ニューポート・ニューズ造船所に点検と燃料棒交換(RCOH:Refueling and Complex OverHaul)のため移動し、代替空母として原子力空母ロナルド・レーガンを充てる配置転換計画を発表した。正確な時期については明らかにしていないが、RCOHは通常数年がかりの大規模整備で2013年から原子力空母エイブラハム・リンカーンがRCOHに入っていて今までは2隻同時にRCOHを実施したことはなく、近年はアメリカ政府の予算不足により計画が遅れやすい状況のため[1]少なくともエイブラハム・リンカーンがRCOH中は現状が維持されると想像される。

第5空母航空団[編集]

第5空母航空団(Carrier Air Wing 5, CVW-5)は、ジョージ・ワシントン(CVN-73)に艦載される航空団。

飛行隊名 通称名 使用機種
第102戦闘攻撃飛行隊 (VFA-102) 「ダイアモンドバックス」 "Diamond backs" F/A-18F Block2
第27戦闘攻撃飛行隊 (VFA-27) 「ロイヤル・メイセス」 "Royal Maces" F/A-18E Block2
第115戦闘攻撃飛行隊 (VFA-115) 「イーグルス」 "Eagles" F/A-18E Block2
第195戦闘攻撃飛行隊 (VFA-195) 「ダムバスターズ」 "Dambusters" F/A-18E Block2
第141電子攻撃飛行隊 (VAQ-141) 「シャドーホークス」 "Shadow Hawks" EA-18G
第115早期警戒飛行隊 (VAW-115) 「リバティ・ベルズ」 "Liberty Bells" E-2C 2K
第12ヘリコプター海上作戦飛行隊 (HSC-12) 「ゴールデン・ファルコンズ」"Golden Falcons" MH-60S
第77ヘリコプター海洋攻撃飛行隊 (HSM-77) 「セイバー・ホークス」"Saber Hawks" MH-60R
第30艦隊後方支援飛行隊・第5分遣隊 (VRC-30・Det5) 「プロバイダーズ」 "Providers" C-2A[出典 1]

第7艦隊[編集]

  • 第51軽対潜ヘリコプター飛行隊・第3分遣隊 (HSL-51・Det3) 「ワーローズ」"Warlords" - SH-60B[2]

出典[編集]

  1. ^ 福好昌治著 『在日米軍の矛、アメリカ海軍』、軍事研究2009年8月号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 空母リンカーン、燃料交換・大規模整備に着手できず 「財政の崖」問題
  2. ^ 第7艦隊横須賀基地所属艦艇の空母・巡洋艦・駆逐艦に対して、対潜ヘリコプターを派遣している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]