カール・ヴィンソン (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
計画 {{{計画}}}
発注 1974年4月5日
起工 1975年10月11日
進水 1980年3月15日
竣工 {{{竣工}}}
就役 1982年3月13日
退役
除籍 {{{除籍}}}
除籍後 {{{除籍後}}}
その後
母港 カリフォルニア州コロナド
主要諸元
艦種 {{{艦種}}}
艦級 {{{艦級}}}
排水量 満載 101,264 トン
全長 1,092 ft (333 m)
全幅 252 ft (76.8 m)
深さ {{{深さ}}}
高さ {{{高さ}}}
吃水
機関 ウェスチングハウス A4W 原子炉2基
蒸気タービン4機, 4軸
機関出力 260,000 shp
速力 30ノット (56 km/h) 以上
燃料 {{{燃料}}}
航続距離
潜航限界深度 {{{潜航限界深度}}}
乗員 士官・兵員:3,200名
航空要員:2,480名
搭載量 {{{搭載量}}}
兵装 RIM-7 シースパロー短SAM 2基
RIM-116 RAM 2基
ファランクスCIWS 3基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 90機
艦載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板 {{{飛行甲板}}}
C4I {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
探索装置・
その他装置
{{{探索装置}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
愛称 スターシップ・ヴィンソン
モットー Vis Per Mare (Strength from the Sea)
その他 {{{その他}}}
insignia

カール・ヴィンソン (USS Carl Vinson, CVN-70) は、アメリカ海軍航空母艦ニミッツ級航空母艦の3番艦。艦名は第二次大戦前後に海軍力増強に努めたカール・ヴィンソン下院議員に因んで付けられた。生存中の人名を付けた最初の空母。

艦歴[編集]

カール・ヴィンソンは1974年4月5日バージニア州ニューポート・ニューズ造船所に発注され、1975年10月11日に起工する。1982年3月13日に就役し、整調航海に出航した。

1983年3月1日に母港となるカリフォルニア州アラメダに向かう、同年10月1日には長崎県佐世保港に寄港。

1984年にはリムパック '84 に参加し、10月14日に最初の海外配備が行われた。

1985年は1月から4月まで107日間をインド洋で過ごす。同年、艦載機部隊のF-14とそのパイロットが映画『トップガン』の撮影に参加した。

1986年5月から6月にかけてカール・ヴィンソンはリムパック '86 を含むいくつかの演習に参加した。8月12日に2度目の海外配備に出航し、ベーリング海で活動する最初の航空母艦となった。1987年1月にはインド洋とアラビア海北部で活動し、その後再びベーリング海を通過しアラメダ海軍基地に帰還した。

1988年に4度目の海外配備に就く。ペルシャ湾でアメリカ船籍のタンカーを護衛し、1988年12月16日に帰還した。

1989年9月18日にカール・ヴィンソンはアラメダを出航し、第二次世界大戦以降最大の平時海軍演習となる PACEX '89 に参加する。演習でヴィンソンはベーリング海、アリューシャン列島で活動し、日本海太平洋において3つの空母戦闘群(現 空母打撃群)を率いた。韓国釜山で短期間停泊した後、ヴィンソンはロマプリータ地震発生直後のサンフランシスコに帰還した。

1990年代[編集]

1990年2月1日に5回目の配備に出航する。ハワイホノルル日本の佐世保、フィリピンスービック海軍基地ディエゴガルシア島オーストラリアパースシンガポール香港を訪問し、サンディエゴで搭載航空団が離艦、1990年7月31日に無事帰還した。9月にブレマートンで入渠し、28ヶ月間のオーバーホールに入る。

1994年2月17日、ペルシャ湾に向けて出航し、サザン・ウォッチ作戦の支援に入る。8月5日にカール・ヴィンソン艦上で太平洋艦隊司令長官の交代式が行われた。その後、8月17日にアラメダに帰還した。

1995年ディスカバリーチャンネルでドキュメンタリー「Carrier: Fortress at Sea」が放送された。このドキュメンタリーはカール・ヴィンソンの6ヶ月に及ぶペルシャ湾での航海を時系列に沿って記録したものであった。

ヴィンソンの艦橋

1995年8月26日から9月3日までヴィンソンはエクササイズ・キー・コアに参加し、その後太平洋において第二次世界大戦終了の記念式典に参加した。これらの式典期間中にハワイでクリントン大統領が艦を訪問し、式典においては大戦中の航空機12機がヴィンソン艦上を発艦した。

1996年5月14日、ヴィンソンは7回目の配備に向けて出航し、ペルシャ湾でのサザン・ウォッチ作戦およびデザート・ストライク作戦の支援を行う。また、エクササイズ・ラグド・ノーチラスに参加し、1996年11月14日にアラメダに帰還した。

アラメダ海軍航空基地の閉鎖に伴い、ヴィンソンの母港はワシントン州ブレマートンに変更された。1997年1月17日に新たな母港に到着したヴィンソンは、AE-6 イントルーダーの最後の発艦および回収を行った艦となった。

1998年にはリムパック '98 に参加し、その後ペルシャ湾に向かう。12月19日デザート・フォックス作戦の支援として空襲を行い、その後サザン・ウォッチ作戦の支援を行う。これらの航空支援は1999年3月まで継続した。1999年7月にヴィンソンはピュージェット・サウンド海軍造船所に入渠し、11ヶ月のオーバーホールおよび改修が行われた。その費用は2億3000万ドル以上が費やされた。改修後の整調は2000年まで継続した。

不朽の自由作戦から帰還したヴィンソン
艦長のBruce H. Lindsey

2000年代[編集]

2003年5月10日横須賀基地に寄港。

2005年にはオーバーホールのためニューポート・ニューズ造船所の乾ドックに入渠し、オーバーホールに入った。

2010年1月14日、ハイチ地震 (2010年)への災害派遣のため、ヴァージニア州ノーフォーク海軍基地より出港。

2011年5月2日、アラビア海で、パキスタンにてアメリカ軍に殺害されたウサーマ・ビン・ラーディンの遺体が持ち込まれ、水葬とするため宗教儀式を甲板で実施。その後、遺体を海葬した[1]

第17空母航空団[編集]

第17空母航空団(Carrier Air Wing 17, CVW-17)は、カール・ヴィンソン(CVN-70)に艦載される航空団。

飛行隊名 通称名 仕様機種
第22戦闘攻撃飛行隊 (VFA-22) 『ファイティング・レッドコックスFighting Redcocks F/A-18F Block2
第81戦闘攻撃飛行隊 (VFA-81) 『サンライナーズSunliners F/A-18E Block2
第113戦闘攻撃飛行隊 (VFA-113) 『スティンガーズ Stingers F/A-18C(N)
第94戦闘攻撃飛行隊 (VFA-94) 『マイティ・シュライクスMighty Shrikes F/A-18C(N)
第139電子攻撃飛行隊 (VAQ-139) 『クーガーズ Cougars EA-18G
第116早期警戒飛行隊 (VAW-116) 『サン・キングスSun Kings E-2C 2K
第15ヘリコプター海上作戦飛行隊 (HSC-15) 『レッド・ライオンズ Red Lions MH-60S
第73ヘリコプター海洋攻撃飛行隊 (HSM-73) 『バトル・キャッツ Battle Cats MH-60R

命名時に生存中の人名を付けた米軍艦船[編集]

フィクションで[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]