ジミー・カーター (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星条旗を掲げるジミー・カーター(SSN-23)
星条旗を掲げるジミー・カーター(SSN-23)
艦歴
建造者 ジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート
運用者 アメリカ海軍
計画
発注 1996年6月29日
起工 1998年12月5日
進水 2004年5月13日
竣工 2004年6月5日
就役 2005年2月19日
退役
除籍
除籍後
その後 就役中(2010年現在)
母港 ワシントン州バンゴール
キトサップ海軍基地
主要諸元
艦種 攻撃型原子力潜水艦
艦級 シーウルフ級
排水量 基準:7,568 トン
満載:12,139 トン
全長 138 メートル (453 ft)
水線長:128.5メートル (422 ft)
全幅 12.1メートル (40 ft)
深さ
高さ
吃水 10.9メートル (36 ft)
機関 WEC S6W型加圧水型原子炉
機関出力 45,000hp
速力 25 ノット (46 km/h)以上 (46 km/h)
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 {{{航続距離}}}
潜航限界深度 240メートル (790 ft)以上
乗員 士官:15名
兵員:126名
搭載量 {{{搭載量}}}
兵装 660mm魚雷発射管8基
ハープーン対艦ミサイル
トマホーク巡航ミサイル
Mk-48魚雷
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板 {{{飛行甲板}}}
C4I BSY-2 SUBACS-B、CCS Mk2
レーダー BPS-16、BRD-9、WLQ-4
ソナー 統合BQQ-5E(BQS-13、BQG-5A WAA、WLY-1、BQS-24、
曳航アレイTB-16EおよびTB-29)
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
愛称
モットー Semper Optima
Always the Best
その他 SSN23crest.gif

ジミー・カーター (USS Jimmy Carter, SSN-23) は、アメリカ海軍シーウルフ級原子力潜水艦の3番艦。艦名は第39代アメリカ合衆国大統領ジミー・カーターに因んで命名された。

艦歴[編集]

ジミー・カーターの建造契約は1996年6月29日コネチカット州グロトンのジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボートに与えられた。建造は1995年12月5日に始まり、2001年末あるいは2002年初めに就役予定であったが、1999年12月10日にエレクトリック・ボートは以前にパーチェ (SSN-683 Parche) で実験された新システムのカーターへの導入と試験のための修正契約を受け8億8700万ドルの拡張を与えられた。ジミー・カーターの妻ロザリン・カーターを命名者として、2004年6月5日に命名され進水。2005年2月19日に竣工した。

Navy SEALsROVを運用するための区画を設けたことで、同級他の2隻と比較して、30m船体が延長されている。

命名時に生存中の人名を付けた米軍艦船[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]