クイーン・エリザベス (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
The forward island of the queen elizabeth class aircraft carrier being attached to the main body of the carrier.jpg
艦歴
発注 2008年5月20日
起工 2009年7月7日
進水 2014年7月4日
就役 2017年(予定)
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量 基準:45,000t 満載: 67,669t
全長 284m
飛行甲板幅 73m
水線幅 39m
吃水 9.9m
機関
最大速力 26 kt
航続距離 10,000 海里(18,520 km)
乗員 操艦:767名 航空要員:610名
司令部要員:95名
兵装 ファランクスCIWS3基
30mm単装機銃4基
搭載機 F-35B ヘリコプター

HMSクイーン・エリザベス英語: HMS Queen Elizabeth)は、イギリス海軍クイーン・エリザベス級航空母艦の1番艦で2017年に就工予定である 。

概要[編集]

本艦と姉妹艦の「プリンス・オブ・ウェールズ」は、イギリス海軍史上最大の軍艦になる予定である。それらは多目的の航空母艦として複数の任務に対応する。 船体は4つのセクションがポーツマス、Rosyth、Barrow-in-Furness、クライドでBAEシステムズVT グループによって建造される。最終組み立てを行うRosythの1号乾ドックでは「クイーン・エリザベス」と「プリンス・オブ・ウェールズ」のために改修工事が進められている[1]

2007年7月25日、国防大臣のDes Browneは38億ポンドで2隻の発注を契約した。このニュースは政治家、労働組合に歓迎された[2]。両艦ともポーツマス海軍基地を拠点とする予定である[3]。この時点の計画では空母はスキージャンプ式滑走路を備え、艦載機ヘリコプターのほかF-35のV/STOL型であるF-35Bであった。

2008年12月11日、国防大臣のジョン・ハットンは、2隻の就航が当初予定の2014年と2016年よりも1年か2年遅れると発表した[4]

2009年7月9日に起工。

2010年10月、クイーン・エリザベス級航空母艦の搭載機を、開発が著しく遅延しているF-35BからCTOL型のF-35Cへと変更された。この時点では36機のF-35Cと12機のヘリコプターを搭載する能力を備える2番艦と異なり、ヘリコプターのみを艦載機として搭載するヘリ空母として2016年に就役し、2019年の2番艦就役を待って予備役に編入される予定であった[5]

2012年5月10日イギリス政府は、F-35Cの実戦配備が2023年まで遅れる見込みのため再度F-35Bに変更すると発表した[6]。 現段階では、本艦は就役予定が2017年に延びており[7]、2020年にSTOVL空母としての運用能力を持つ予定である[8]

2014年7月4日、命名式を実施。エリザベス2世及びエディンバラ公フィリップが出席し、祝いのウイスキー瓶を船体にぶつけて割った[9]

艦名[編集]

かつてクイーン・エリザベスという客船と軍艦がイギリスに同時に存在した。1940年から1948年の間、キュナード社の客船「クイーン・エリザベス」と、イギリス海軍の戦艦クイーン・エリザベス」が同時に現役であった。

2010年にキュナード社のクルーズ客船である「クイーン・エリザベス」が就航した。2017年にイギリス海軍の空母「クイーン・エリザベス」が就役すれば、80年ぶりに同じ状況が復活する。

脚注[編集]

  1. ^ Harding, Thomas (2007年7月26日). “£4bn carriers 'will be jewel in Navy's crown'”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group Ltd. 2007年7月27日閲覧。
  2. ^ http://news.bbc.co.uk/1/hi/scotland/6914788.stm MOD confirms carrier order | BBC News Retrieved 11 December 2008
  3. ^ http://www.royalnavy.mod.uk/server/show/nav.3099 Portsmouth Naval Base facts on MOD website. Retrieved 11 December 2008
  4. ^ “Aircraft carriers delayed”. BBC. http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7776695.stm 2008年12月15日閲覧。 
  5. ^ 世界の艦船』2011年12月号 海外艦艇ニュース
  6. ^ 英国:F-35戦闘機の機種変更 開発3年遅れで 毎日新聞 2012年05月12日
  7. ^ 建造進む英新空母「クイーン・エリザベス」『世界の艦船』第785集(2013年10月号)海人社
  8. ^ 『世界の艦船』2012年9月号
  9. ^ “英女王、新空母に命名「クイーン・エリザベス」 英海軍最大”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年7月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3019751?ctm_campaign=nowon 2014年7月7日閲覧。 

外部リンク[編集]