シャルル・ド・ゴール (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・ド・ゴール
艦級概観
艦種 航空母艦原子力空母
艦名 人名
前級 クレマンソー級航空母艦
次級 Porte-Avions 2(計画)
艦歴
発注 1986年2月3日
起工 1989年4月14日
進水 1994年5月7日
就役 2001年5月18日
性能諸元
排水量 基準:36,600t
常備:38,085t
満載:40,600t
全長 261.5m
水面長 238.0m
全幅 64.36m
水面幅 31.5m
吃水 8.5~9.4m
機関 K-15 加圧水型原子炉 2基
ボイラータービン(41,500hp 2組
推進器 2軸
速力 27ノット以上
乗員 1,950名(航空要員550名含む)
兵装 シルヴァー VLS(8セル)
アスター15 短SAM
4基
ミストラル 短SAM6連装発射機 2基
20mm単装機関砲 8門
搭載機 ラファールM 12機
シュペルエタンダール 20機
E-2C 3機
シュペル・フルロン 2機
AS 565 パンサー/NFH90 3機
総計 40機

シャルル・ド・ゴール (Porte-avions Charles de Gaulle, R 91) は、フランス海軍の持つ10番目の航空母艦であり、フランス海軍初の原子力水上艦である。

本艦はアメリカ海軍以外では唯一の原子力空母である。フランス海軍旗艦地中海側のトゥーロン軍港を母港とする。推定建造費170億フラン(約26億ユーロ)。

沿革[編集]

フランス海軍では、クレマンソー級2隻(「クレマンソー」と「フォッシュ」)が1960年代前半に就役していた。これらの艦の後継艦研究は1970年代半ばには開始され、原子力航空母艦としてシャルル・ド・ゴール級が建造されることとなった。

艦形[編集]

本艦はヨーロッパの海軍では唯一の正規空母であり、アメリカ海軍の空母と同じように蒸気カタパルトを備える。デザインは正規空母としてはじめてステルス性を考慮したものとなり、エンクローズ型艦首から艦尾に渡って飛行甲板が設置され、カタパルトは艦首側とアングルド・デッキ側にそれぞれ1条ずつ設置された。

本艦は飛行甲板のスペースを狭めないために右舷側のアイランド、左舷側のアングルド・デッキや舷側エレベーターなどは左右にオーバーハングさせた設計である。アイランドはステルスのため上方に向かって幅が増える形状である。

蒸気カタパルトはアメリカ製のC-13である。着艦にはアングルド・デッキ上でアレスティング・ワイヤーを使用する。アメリカ海軍の空母がカタパルト4基、エレベータ4基、艦載機約80機を搭載するのに対して「シャルル・ド・ゴール」はカタパルト2基、舷側部が長い台形状のエレベーター2基、格納庫内に艦載機約40機とちょうど半分程度の能力となっている。

船体の寸法は修理用ドックと建造費の関係から前級と同程度に抑えられ、排水量は約10,000トン程度増加したが船型を肥やして対処したために安定性が増している。水面下には電子制御されたアクティブ・フィン・スタビライザー、舵、移動式バラストの組合せにより、シーステート5から6の荒れた海でも航空機を運用できる優れた船体安定性を備え、船体の横揺れ(ピッチング)を0.5度以内としている。艦尾には中心線上に1枚を挟み込むように4枚羽のスクリュープロペラが片舷に1軸の計2軸推進である。

武装[編集]

フランス海軍はレーダーや艦載機、艦対空ミサイルなどは基本的に国産となっているが、カタパルトはアメリカ製のC13-3型蒸気カタパルトと早期警戒機としてE-2Cを輸入し使用している。防空ミサイルにはアスター15ミストラルの2種類のミサイルを装備し高い防空能力を持つ。

核兵器[編集]

冷戦終結後のアメリカ海軍、ロシア海軍では、空母の核兵器は降ろされたが、フランス海軍の空母は搭載する航空機に核攻撃能力を与えていて、原子力潜水艦戦略核兵器と合わせて現在でも重要な任務の一つとされている。2013年現在、核兵器を所有している国で、空母に核兵器を搭載している国はフランスのみである。

現在ではシュペルエタンダールに核ミサイルASMP」が搭載可能で、将来的にはラファールMに任務が引き継がれる。

艦歴[編集]

1989年4月14日DCNブレストの海軍造船所で建造が始まり、当初はリシュリューと命名されたが(この艦名は後に同型2番艦に命名されることが考えられたが2番艦は計画のみで結局建造中止となった)ジャック・シラク首相(当時)の介入でシャルル・ド・ゴールフランス第五共和政初代大統領)に変更された。フォッシュの退役にあわせ当初は1996年に就役させる予定であったが、冷戦終結による予算削減の影響で工期が遅れ1994年5月7日に進水、就役予定は1999年に変更となった。

しかし、その後1996年に原子炉の強度不足が発覚し補修、1998年から海上公試が行なわれた。また2000年には搭載予定のE-2C双発機を運用するにはアングルド・デッキがやや短いことが判明したため、これを4m伸ばす工事を行うなど予定外の工事が発生し就役は遅れた。最終的に2001年に本艦は就役した。

2000年9月28日太平洋横断中にプロペラブレードを一枚失い、修理のためドック入りとなった。

2001年5月18日正式に再就役し、同年9月の不朽の自由作戦におけるアフガニスタン作戦の支援のため、インド洋に派遣された。スエズ運河を通過して、同年12月9日カラチ南方海上に到着した。アメリカ軍司令部CENTCOMの指揮下で艦載機のラファールMシュペルエタンダールなどが140回に及ぶ偵察・空爆作戦を行った。

2002年3月には一時休養のためシンガポールに入港し、7月1日トゥーロンに帰港している。

2003年5月8日には記念切手が発行されている。

2007年から2008年にかけて、燃料棒交換を含む、オーバーホールを行なっている。

参考図書[編集]

関連項目[編集]

シャルル・ド・ゴール級は本来は2隻建造されるはずだったが、建造当時の財政難に加え上記のような設計ミスのため、もう1隻には新型空母が計画されている。

外部リンク[編集]