デュピュイ・ド・ローム (情報収集艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デュピュイ・ド・ローム
Dupuy-de-Lome-photo10 cropped.jpg
経歴
運用者  フランス海軍
建造所 ロイヤル・ニエステル・サンデルデルフザイル造船所
起工 2002年12月1日
進水 2004年3月27日
就役 2006年6月23日
要目
種別 情報収集艦
排水量 基準 3,100t
満載 3,600t
全長 102.4m
全幅 15.8m
吃水 4.9m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式、2軸推進
MaK 9M25ディーゼルエンジン × 2基(4,850kW
キャタピラー社補助ディーゼル発電機 × 2基(360kW)
艦首スラスター × 2基
速力 最大速 16kt
航続距離 巡航16ktで3,400海里
乗員 30名+技術者80名
兵装 M2機関銃 × 2挺
レーダー DRBN-38航海 × 2基
電子戦
対抗手段
ARBR-21レーダー妨害装置 × 1基
テンプレートを表示

デュピュイ・ド・ロームフランス語Dupuy-de-Lôme, A 759)は、フランス海軍情報収集艦である。艦名は海軍技術者であったアンリ・デュピュイ・ド・ロームen:Henri Dupuy de Lôme)に由来する。

概要[編集]

本艦は「ブーゲンヴィル」の後継として建造された。レーダー波や無線電波を捉えるための高度な設備を有し、SIGINT活動に従事する。デュピュイ・ド・ロームはフランス軍事偵察局の職員を載せ、受信する情報は軍事偵察局によって把握される。乗組員は2チーム制がとられ、これによって1年のうち実に350日間も活動することができ、最大限に稼働されている。

艦歴[編集]

「デュピュイ・ド・ローム」は、ロイヤル・ニエステル・サンデルデルフザイル[1]造船所で建造され、2002年12月1日に起工、2004年3月27日に進水、2006年6月23日に就役しブレスト海軍工廠に配備された。

脚注[編集]

  1. ^ オランダフローニンゲン州 デルフザイルen:Delfzijl

外部リンク[編集]

関連項目[編集]