COGAG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
舶用複合推進

CODAD
CODAG
CODOG
COGAG
COGOG
CODLAG
CODLOG
COGLAG
COSAG
COGES
CONAS

COGAGCOmbined Gas turbine And Gas turbine、コンバインド・ガスタービン・アンド・ガスタービン)とは、同種または異種のガスタービンエンジンを複数組み合わせた推進方式のこと。主に艦船で使用される。

COGAGの模式図。右側の二つのエンジン(青)がクラッチ(赤)を介して一つのプロペラ(黄)を回している。
巡航時には片方のエンジンのみを運転し、高速/急加速が必要な時はもう片方のエンジンも運転される。すなわち高速航行時には両方のエンジンが同時に運転される。
この図ではエンジンは同型のものが使用されている。

一般にガスタービンは最大出力近辺で燃料効率が最大となるため、単一のエンジンで艦船を推進させた場合は、当然ながら低速時や巡航時は出力が最大時より小さくなり、効率が極めて悪くなる。そのため複数のガスタービンエンジンを搭載し、低速時や巡航時はそのうち1基だけ駆動させる事によって、最大出力に近づける事で、燃料効率を改善しようというものである。

ガスタービンは同機種2台の組み合わせと異機種を組み合わせるパターンがある。同機種を組み合わせる場合、操作、保守は容易となる。異機種を組み合わせるのは通常時は巡航用のガスタービンエンジンで走行(航行)し、急加速時や高速走行(航行)時に高速用のエンジンを併用する推進方式である。操作・保守が難しいという欠点はあるが、低速・高速それぞれに適したエンジンを使用する事で、効率は高くなる。通常は、出力軸1つあたり巡航用エンジンと高速用エンジンが1組ずつ搭載される。

しかしながら、ガスタービンは基本的に高速向きの機関である。そのため単に異なる種類のガスタービンを搭載するのでなく、低速航行用にはガスタービン以外の機関を用いる方式もある。またガスタービンの低速時の効率を電気推進で解決する方式(COGLAG)もある。ただしそれら方式はシステムが複雑化する問題がある。機械駆動のガスタービンのみを用いるCOGAGには、システムが単純化できるメリットがあり、採用例も多い。一方で低速時と高速時でガスタービンエンジンを切り替えるCOGOGとの比較では、システムは複雑になる。

海上自衛隊での採用例[編集]

海上自衛隊での本方式の主な採用例は以下のとおりである。(基準排水量、満載排水量は1番艦の値)

クラス名 就役初年 基準排水量 満載排水量 機関 最大速力
はたかぜ型ミサイル護衛艦 1986年 4,600トン 5,900トン TM3B×2
SM1A×2
30ノット
あさぎり型汎用護衛艦 1988年 3,500トン 4,900トン SM1A×4
こんごう型ミサイル護衛艦 1993年 7,250トン 9,485トン LM2500×4 30ノット以上
むらさめ型汎用護衛艦 1996年 4,550トン 6,100トン LM2500×2
SM1C×2
30ノット
たかなみ型汎用護衛艦 2003年 4,650トン 6,300トン
あたご型ミサイル護衛艦 2007年 7,700トン 10,000トン(推定値) LM2500×4 30ノット以上
ひゅうが型ヘリコプター護衛艦 2009年 13,950トン 19,000トン(推定値) 30ノット
あきづき型汎用護衛艦 2012年 5,000トン 6,800トン SM1C×4
いずも型ヘリコプター護衛艦 2015年(予定) 19,500トン(計画) 26,000トン(計画) LM2500IEC×4 30ノット(予定)

関連項目[編集]