ミストラル (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミストラル
Mistral-3.jpg
基本となる携帯型
種類 近距離防空ミサイル
近接防空ミサイル
近距離空対空ミサイル
製造国 フランスの旗 フランス
性能諸元
ミサイル直径 90mm
ミサイル全長 1.86m
ミサイル重量 18.7kg
弾頭 3kg
射程 6km
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 赤外線ホーミング(IRH)
飛翔速度 マッハ2.5
テンプレートを表示

ミストラル(Mistral)は、フランスマトラ社(現在のMBDA社)製の対空ミサイル。軽量小型で短射程の打ち放しミサイルであり、即応性に優れたミサイルである。

マトラ社は、積極的にファミリー展開しており、歩兵携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)を基本として、車載型の近距離防空ミサイル、艦載型の近接防空ミサイルヘリコプター搭載の近距離空対空ミサイルまで幾つかの形式が作られている。しばしば発射機の名称で呼ばれるが、ミサイル自体は基本的に共通である。25ヶ国に採用され、15,000基以上のミサイルを販売している。1989年より原型機であるS1の配備が開始され、1997年には改良型のM2が配備に入った。

地対空型[編集]

地対空型の本ミサイルは、歩兵が運搬して肩撃ちまたは三脚架に設置するものと、車輌・船舶・飛行機などで運搬するものに大別される。

車上あるいは地上に設置して使用する連装発射機「Atlas」と、同じく連装であるが装甲車に追加する回転砲座に固定された「Albi」では、一般的な歩兵が2人1組で使用する肩撃ち方式では望めない対空レーダーの援用が期待できる。25kmまでカバーする対空レーダーを持つ統制車両であるMCPにより、ミストラル自体は短射程の打ち放し式ミサイルであるにもかかわらず、効率的な目標選択を可能としている。

タレス社により、スティンガー兼用4連装発射機ASPICと統制システムMygaleが開発されている。ASPICは、フランス陸軍にも採用されている。また、Mygaleの一種をサマンサ(SAMANTHA)として、こちらも採用している。

艦対空型[編集]

艦載型も作られ、本ミサイルの艦載用発射機は、連装・手動式がシンバッド(SIMBAD、Système Intégré de Mistral Bimunition pour l'Auto-défense[1]、4連装・遠隔式がテトラル(TETRAL)、6連装・遠隔式がサドラル(SADRAL、Système d'Auto-défense Rapprochée Anti-aérienne Léger[1]と名付けられ、25/30mm機関砲を含む3連装発射機はシグマ(SIGMA)と呼ばれる。

空対空型[編集]

ヘリコプターの自衛用として、スタブウイングなどに取り付けられた連装発射機から発射される空中発射型の短距離空対空ミサイル(Air to Air Mistral、AAMAir-Air Tres Courte Portee)も製造・配備されている。

写真[編集]

車載型。写真はプジョー P4に搭載された4連装式のASPIC発射機
艦載型。写真は連装・手動式のSIMBAD発射機
空対空型


脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b 海人社 『艦載兵器ハンドブック-世界の艦船 別冊』 1996年6月、74項、ISBN 4-905551-56-0

外部リンク[編集]