ノルマンディー級戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノルマンディー級戦艦
Photo normandie.jpg
艦級概観
艦種 戦艦
艦名 地方名
前級 プロヴァンス級戦艦
次級 リヨン級戦艦
orダンケルク級戦艦
性能諸元
排水量 25,230トン
全長 175.6m
170.6m(水線長)
全幅 27m
吃水 8.65m
機関 形式不明重油・石炭混焼缶21基+直結タービン2基&VTE社レシプロ機関2基4軸推進
最大出力 32,000shp
最大速力 21ノット
航続距離 12ノット/6,500海里
乗員 1,200名
兵装 M1912型34cm(45口径)四連装砲3基12門
M1910型13.9cm(55口径)単装速射砲24門
47mm単装砲6基6門
450mm水中魚雷発射管単装6門
装甲 舷側装甲帯:300mm(主装甲)、240mm(舷側上部)、180~130mm(艦首尾部)
バーベット:284mm
50mm(上甲板)、50mm(下甲板))、70mm(主甲板傾斜部)
砲塔:350mm(前盾)、250mm(側盾)
副砲ケースメイト:160~180mm
10mm+10mm+10mm(水線下多層防御)

ノルマンディー級戦艦(ノルマンディーきゅうせんかん、Normandie classe battleship)は、フランス海軍戦艦第一次世界大戦前の1913年度計画に5隻の建造が決定し発注されたが、第一次世界大戦開戦に伴い建造中断、戦後に建造続行されたものの、ワシントン海軍軍縮条約によって建造中止・解体された。

5番艦のベアルンのみが航空母艦として改装され、フランス海軍初の空母として完成した。

艦形[編集]

本級の武装・装甲配置を示した図。

船体は長船首楼型で艦首の乾舷は高く、本級の凌波性能が高いことをうかがわせる。クリッパー・バウの艦首甲板から乾板一段分上がって、「1912年型34cm(45口径)砲」を「四連装砲塔」に納めて、1基配置する。その背後に操舵艦橋を組み込んだ大型の装甲司令塔の上に測距儀が1基載る。

艦橋後部には1番煙突があり、艦載艇を吊り上げる二本のボート・ダビッドの基部も兼ねる。艦載艇は1番・2番煙突の周囲に並べられ、2番煙突の背後の船体中央部には主単脚檣が配置される。その主脚の後ろに、後ろ向きに2番主砲塔、甲板一段分下がって後部甲板上に後ろ向きの3番主砲塔の順に配置された。主砲は計4連装3基の12門である。

副砲は前級同様のケースメイト式配置で1番主砲塔下の甲板に片舷3基ずつ6門、船体中央部に片舷6基12門、3番主砲塔下に片舷3基6門の計24門である。

主砲塔[編集]

主砲は前級「プロヴァンス級」に引き続き採用された「1912年型34cm(45口径)砲」である。この時代の戦艦の主砲塔には連装式砲塔が主流であり、一部で三連装砲塔が運用されていた。しかし、フランスはさらにその上を行く世界初の四連装砲塔の開発を決定した。

主砲火力の増大は戦艦にとって必須事項であったが、それは砲塔多数配置すればよいというものではなかった。もし砲塔を多数配置すれば、全長が長くなり非装甲区画の増大につながった。全長短縮のために砲塔を背負い式にすれば重心が高くなって外洋航行時に横揺れが強くなり、復元率が悪化することで、どちらにせよ、継戦能力の問題から簡単に解決できなかった。

そこで、フランスは四連装砲塔を考案した。同じ口径の砲で連装砲4基8門と四連装砲塔2基8門では同等の防御を施した場合、後者の方が連装砲塔1基分の重量を減らすことが出来た。武装や機関の重量の軽量化が難しい1910年代では軽量化は魅力的で、浮いた重量は機関や防御に回すことが出来る上、船体の小型化もできた。

さらに本級では、この主砲塔を船体の前後中央部に間隔を開けて配置した。これは、砲塔の1基が被害を受けた時に、隣接されたもう1基も被害を受けにくくする工夫であった。俯仰能力は砲身を仰角18角から俯角5度まで自在に上下でき、どの角度でも装填が出来る自由角装填を採用した。

旋回角度は船体首尾線方向を0度として左右150度の旋回角度を持った。主砲身の俯仰・砲塔の旋回・砲弾の揚弾・装填は主に電力で行われ、補助に人力を必要とした。発射速度は毎分2発である。その性能は、34cm砲弾としては重い重量555kgの徹甲弾を、最大仰角18度で18,000mの距離まで届かせる能力を得ている。

副砲、その他備砲[編集]

副砲は前級に引き続き「M1910型 13.9cm(55口径)砲」を採用した。この砲は重量39.5kgの砲弾を仰角25度で射距離16,100mまで届かせることが出来た。これを単装砲で片舷にケースメイト配置で12基計24門を配備した。艦首方向に6門、舷側方向に4門、片舷方向に12門が指向できた。

他に対水雷艇用にオチキス47mm単装速射砲を6基搭載した。

更に対艦攻撃用に45cm水中魚雷発射管を単装で6基内蔵した。

機関[編集]

重油・石炭混焼缶21基に直結タービン2基とVTE社レシプロ機関2基を組み合わせて4軸推進で最大出力32,000SHP、速力21ノット発揮する見込みであった。

機関は準弩級戦艦「ダントン級」から機関にタービン機関を採用し続けていたが、大西洋での行動を考えて巡航用にレシプロ機関を採用することとした。理由としてこの時代の巡航用タービンは何処の国も総じて石炭消費量が多かったためである。同様の採用理由はアメリカ海軍超弩級戦艦「ニューヨーク級」にも見られる。

しかし、これは艦隊側から評判が良くなくノルマンディー級戦艦5番艦「ベアルン」からはレシプロ機関を止めタービン機関に戻す予定であった。

改良案[編集]

建造中にも設計変更案が次々と考案され、審議にかけられた。

主機を全基タービン機関とし新型ボイラー缶と組み合わせて出力80,000SHP・速力24ノットを発揮させる高速戦艦案や。ドイツのUボート対策に幅1mのバルジを追加する案、主砲塔の仰角を上げて射程を25,000mまで延伸させる案、主砲塔を34cm四連装砲塔から38cm三連装砲塔にする案などが浮かんでは消えていった。

これらのアイディアは無駄になったわけではなく、戦間期に既存戦艦の近代化改装案として実用化されたものもあった。

同型艦[編集]

ノルマンディー Normandie 
サン・ナゼールの A & CH で建造。1913年4月18日に起工、1914年10月19日に進水、1924年に解体。
フランドル Flandre 
ブレスト工廠で建造。1913年10月1日に起工、1914年10月20日に進水、1924年に解体。
ガスコーニュ Gascogne 
ロリアン工廠で建造。1913年10月1日に起工、1914年9月20日に進水、1924年に解体。
ラングドック Languedoc 
ボルドーの FC デ・ラ・ジロンドで建造。1913年4月18日に起工、1916年5月1日に進水、1929年に解体。
ベアルン Bearn 
ラ・セーヌのソシエテ・ヌーベル・デス・フォルジェス・エテ・シャンティールス・デ・ラ・メディテラーヌで建造。1927年に空母に転換。1950年代前半に退役し、1967年に廃棄。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]


参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第38集 フランス戦艦史」(海人社)