ロレーヌ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Provence-1.jpg
艦歴
発注:
起工: 1912年8月1日
進水: 1913年9月30日
就役: 1916年7月27日
退役: 1953年2月17日
その後: スクラップとして廃棄
除籍:
性能諸元
排水量: 基準:27,340トン
全長: 165.81m
全幅: 26.911m
吃水: 9.8m
機関: 重油専焼缶6基+パーソンズ式ギヤードタービン2基4軸推進)43,000hp
最大速: 23.7ノット
航続距離: 10ノット/6,000海里
兵員: 士官、兵員1,130名
兵装: 34cm(45口径)連装砲4基、
13.9cm(55口径)単装砲10基、
10cm(45口径)単装高角砲7基、
47mm単装砲4基、
45mm機銃二丁
装甲: 舷側:270mm
甲板:105mm
主砲塔:400mm
艦載機: 3機

ロレーヌ (Lorraine) はフランス海軍戦艦プロヴァンス級の3番艦。

艦歴[編集]

1912年11月7日にペノエ造船所で起工され、1913年9月30日に進水、1916年3月10日に竣工した。姉妹艦とは前檣基部の航海艦橋部に戦闘鐘楼のように見張り所が追加された所で区別できる。

第一次世界大戦時は主にアドリア海で作戦行動を行った。同大戦後の小改装は姉妹艦とほぼ同一であるが1934年からの第4次改装のみ異なり、大きなところでは3番主砲塔を撤去し、その後に水上機用のカタパルトを設け、その下部は格納庫になっている。カタパルトは後部を基点として円弧を描くレールを滑って振り子状に左右に動いた。改装後は地中海艦隊所属となった。

第二次世界大戦時は最初大西洋で活動し、1940年4月にはアレクサンドリアへ移った。1940年6月20日、軽巡洋艦シドニーネプチューンオライオン、駆逐艦ダインティデコイヘイスティスチュアートと共にアレクサンドリアから出撃し、6月21日にリビアバルディアを砲撃した。その後、フランスの降伏によりアレクサンドリアで抑留された。1943年に再武装されて、1944年8月にはドラグーン作戦に参加した。1953年2月17日に除籍され、1955年スクラップになる。

外部リンク[編集]