コトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コトル
Flag of Montenegro.svg
Kotor
Котор
コトルのパノラマ
コトルのパノラマ
コトルの市旗 コトルの市章
位置
の位置図
座標 : 北緯42度25分48秒 東経18度46分12秒 / 北緯42.43000度 東経18.77000度 / 42.43000; 18.77000
行政
モンテネグロの旗 モンテネグロ
  コトル
市長 Marija Ćatović (DPS
地理
面積  
   335 km2
人口
人口 (2003年現在)
   22,947人
    人口密度   68人/km2
  市街地 5,341人
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
公式ウェブサイト : [1]

コトルモンテネグロ語セルビア語: Kotor/Котор,クロアチア語: Kotor,イタリア語: Càttaro,ラテン語: Acruvium,古代ギリシア語: Ἀσκρήβιον)はモンテネグロの都市および基礎自治体コトル湾の静かな場所に位置している。コトル市街の人口は13,510人で基礎自治体内の行政的な中心でもある。基礎自治体全体の人口は2003年現在22,947人である。古い地中海域のコトル港の周囲にある印象的な城壁はヴェネツィア共和国によって築城されたもので、ヴェネツィアの強い影響が市内の建物には残されている。コトル湾はアドリア海ではもっとも陸側にしゅう曲した部分の一つで、時にヨーロッパ最南部のフィヨルドと呼ばれることもあるが実際はリアス式海岸の一部である。近隣にはオリイェンロヴチェンなどの石灰岩の張り出した崖があり、コトルやその周辺部の美しい地中海的な景観を特徴付けている。近年コトルはコトル湾と旧市街の美しい風景から多くの人々をひき付けていることから、観光客の数が安定的に増加している。また、コトルは「コトルの自然と文化歴史地域」として1979年ユネスコ世界遺産に登録されている。

歴史[編集]

旧市街への入口のサイン

古代から中世[編集]

コトルが最初に言及されたのは古代ローマ期の紀元前168年で、その頃はアクルヴィウム(Acruvium)、アスクリヴィウム(Ascrivium)、アスクルヴィウム(Ascruvium)の名称で知られダルマチア属州の一部であった。中世初期以来、コトル当時のカッターロ(Cattaro)では都市は要塞化され東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌス1世により東ゴート族を追放された後、アクルヴィウムの上に535年要塞が築かれた。コトルは840年サラセン人により略奪を受けていた。

第二の町が大きく成長したのは10世紀、コンスタンティヌス7世の頃で低コトルに関するとみられる記述がある。コトルは中世期にはイリュリア人ローマ化されたもっとも有力なダルマチアの都市国家の一つであった。11世紀までカッタロではダルマチア語が話されていた。1002年、町は第一次ブルガリア帝国の占領の下でダメージを受け、続いてサムイルによりセルビアに割譲される。しかしながら、地元民はこの協定にラグーサ共和国との同盟により抵抗した。13世紀、すでに司教区が見られドミニコ会フランシスコ会の修道院が設立されボゴミル派の広がりが監視されていた。14世紀、カッターロは商業で近隣のラグーサ共和国やヴェネツィア共和国と競っていた。コトルは1420年から1797年まで、1538年から1571年1657年から1699年オスマントルコ支配期を除いてヴェネツィア共和国アルバニア・ヴェネタの一部であった。4世紀にわたるヴェネツィアの支配は町にヴェネツィア様式を特徴付ける建物を残しコトルは世界遺産に選ばれている。[1]この間、ルネサンスに関連した文学も大いに隆盛した。ヴェネツィア支配下のコトルでは2度のオスマントルコの支配や1572年ペストの流行、1563年1667年の地震による破壊も経験している。

コトルの通り

近世から現代[編集]

1797年カンポ・フォルミオ条約によってハプスブルク君主国の支配に移る。しかしながら、1805年プレスブルクの和約によってフランス第一帝政に隷属するナポレオン1世イタリア王国となるが、事実上はロシア小艦隊、ドミトリー・セニャーヴィンの占領下となる。ロシア撤退後、1806年までイタリア王国の下にあり1810年フランス帝国イリュリア州となる。コトルはジョン・ハーパー提督率いるスループHMS Saracenによる湾の攻撃により攻略された。コトル封鎖は風がない状態で、住民は岸に沿ってロープを引っ張った。Saracenの乗組員は後に艦の18ポンド砲をコトル近くのサン・ジョヴァンニ砦に運び、ウィリアム・ホステ大佐の艦HMS Bacchanteを強化した。フランス側の守備隊は降伏する他に手段がなく、1814年1月5日に降伏した。ウィーン会議によりオーストリア帝国にコトルは返還されることになった。第一次世界大戦時、コトルは3港あるオーストリア=ハンガリー帝国海軍の主要な軍港のうちの一つとなり前弩級戦艦軽巡洋艦で構成されるオーストリア第五艦隊の母港であった。コトル周辺では地元のスラヴ系のモンテネグロ人オーストリア=ハンガリー帝国との間で激しい争いもあった。1918年ユーゴスラビアの一部になるとそれまで、カッターロと呼ばれていたものが公式にコトルとなった。1941年から1943年にかけてはイタリアに併合され、もともとのヴェネツィア名であったコトル湾を意味するボッケ・ディ・カッターロ"Bocche di Cattaro"と呼ばれ、イタリア人のダルマチア総督とカッターロ州が設立され1,075km² の面積に128,000人が居住していた。第二次世界大戦後の1945年ユーゴスラビア社会主義連邦共和国内のモンテネグロ社会主義共和国となる。1979年4月15日、モンテネグロ沿岸部で大地震が発生し、100人以上の死傷者が出た。コトル旧市街はその半分以上が被災し、聖トリプン大聖堂(Katedrala Svetog Tripuna)は部分的に被災している。

みどころ[編集]

コトルはアドリア海沿岸でも中世の古い町並みが良く保存されたユネスコの世界遺産である。[1]。1166年に建てられた聖トリプン大聖堂[2]セルビア正教会の聖ルカ教会はロマネスク様式の建物で、内部には多くのイコン(聖画)が飾ってある。そのほかには海洋博物館や中央広場の大時計(1602年)[3]など多くの見所があり、総延長4.5kmの長さをほこる古代の城壁が市街地の上にそびえる。スヴェティ・ジョルジェ(Sveti Đorđe)やゴスパ・オド・シュクピイェラ(Gospa od Škrpijela)などペラスト沖の小島もまたコトル周辺部ではポピュラーな目的地である。

城壁から眺めるコトルの街並みとコトル港

人口[編集]

コトルはコトル基礎自治体の行政的な中心で、コトル基礎自治体内にはドブロタリサンペラストなどの町をはじめコトル湾沿岸の小さな村落が含まれる。1800年代の人口はセルビア人、クロアチア人、イタリア人がそれぞれ 1/3ずつで構成されていた。その後イタリア系はほとんど見られなくなり[4]現在ではモンテネグロ人が多数派となっている。2003年の調査によればコトル自治体の人口は22,947人で[5]、コトル市街は5,341人であった。しかし、実際的にコトルとドブロタは一つの町で合わせて13,176人である。[5]

  • 1900年来の文書によれば、コトルには7,617人のカトリック教徒と7,207人の正教徒がいた。コトル司教区はコトル湾岸域をカバーしている。2003年の調査で基礎自体人口22,947人のうち78%は正教徒、13%はカトリック教徒とされている。

交通[編集]

コトルはアドリアハイウェイによってクロアチアなどのアドリア海沿岸とヴルマツトンネルによってモンテネグロ内陸部と結ばれている。ツェティニェとは歴史的な街道によって結ばれ、コトル湾のみごとな景色を楽しむことが出来る。ティヴァト空港はコトルからは5km離れた場所にあり、ベオグラードやモスクワ、パリへの定期便の他、夏のヴァカンスシーズンには数多くのチャーター便が就航している。ポドゴリツァ空港は65km離れた場所にあり欧州の各都市へ就航している。

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

周辺[編集]

近隣の古都市

  • Dobrota
  • Muo

世界遺産[編集]

世界遺産 コトルの自然と
文化歴史地域
モンテネグロ
20090719 Crkva Gospa od Zdravlja Kotor Bay Montenegro.jpg
英名 Natural and Culturo-Historical Region of Kotor
仏名 Contrée naturelle et culturo-historique de Kotor
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(2),(3),(4)
登録年 1979年
拡張年 2003年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
コトルの位置
使用方法表示

コトルの自然と文化歴史地域は、1979年、ユネスコ世界遺産に登録された

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注[編集]

  1. ^ a b Natural and Culturo-Historical Region of Kotor”. Unesco World Heritage Convention. 2010年12月8日閲覧。
  2. ^ ルサンス様式の鐘楼や宝物室
  3. ^ 田中一生「世界遺産の中世都市」/ 柴宣弘編著『バルカンを知るための65章』明石書店 2005年 107頁)
  4. ^ "Comunita italiana del Montenegro" in 2010
  5. ^ a b Document Nacionalna ili etnicka pripadnost – Podaci po naseljima i opstinama (2003 population census)”. Statistical Office of Montenegro. pp. 48–49 (2003年). 2010年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg モンテネグロの世界遺産
World Heritage Sites in Montenegro

文化遺産
コトルの自然と文化歴史地域
自然遺産
ドゥルミトル国立公園
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | モンテネグロの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、モンテネグロの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。