バール (モンテネグロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バール
Bar
Бар
Flag of Montenegro.svg
Stari Bar, Montenegro, Image 2.JPG
バール旧市街
Flag of Bar, Montenegro.svg CoatBR.jpg
位置
の位置図
座標 : 北緯42度10分 東経19度10分 / 北緯42.167度 東経19.167度 / 42.167; 19.167
歴史
再建 6世紀
行政
モンテネグロの旗 モンテネグロ
 基礎自治体 バール
  バール
市長 Žarko Pavićević
地理
面積  
   598km2
標高 4m
人口
人口 (2011年現在)
   42,038人
  市街地 17,727人
    市街地人口密度   67.0人/km2
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
郵便番号 85000
市外局番 +382 30
ナンバープレート BR
ISO 3166-2 ME-02
公式ウェブサイト : bar.me

バールモンテネグロ語セルビア語: Bar/Бар)はモンテネグロの町および基礎自治体で、アドリア海沿岸に位置する重要な港湾都市である。

樹齢2,000年のオリーブの木

都市名[編集]

モンテネグロ語セルビア語ではバール(Bar/Бар)の名称で知られ、イタリア語ではアンティヴァリ(Antivari)またはアンティバリ(Antibari)、アルバニア語ではティヴァーリ(Tivari)、ギリシャ語ではアンティヴァリオン(Αντιβάριον)またはフィヴァリオン(Θηβάριον)の名称で知られる。バールの名称はアドリア海を隔てイタリアに位置する都市バーリとつながりがあると考えられる。

歴史[編集]

古代から近世まで[編集]

考古学的な発見により新石器時代以前よりバール周辺では人が暮らしていたことが確認されている。古代のイリュリア人の生活の痕跡も残され、バール市内の様々な場所で発見されている。古代ローマ期は町としてのバールはなかったが、6世紀にローマの要塞アンティパルガルが再建されたと考えられアンティバリウムの名で10世紀に初めて引用されている。その後、スラヴ人の侵入が進み9世紀には初めて教区が設立された。10世紀にはミハイロ王が支配するドゥクリャ公国が成立しバールはその中心でもあった。ドゥクリャ王国は周辺と激しい戦いを繰り広げ、歴史家によれば1077年公式にビザンティンから分離したと考えられている。その後は12世紀にかけ徐々にビザンティンの支配に代わっており、1166年から1183年再びビザンティンの支配となった。ビザンティン後はステファン・ネマニャによりアドリア海沿岸やバールはセルビア王国の版図に取り込まれて行った。14世紀頃になると頻繁に支配者が変わり、1443年から1571年にかけてはヴェネツィア共和国アルバニア・ヴェネタであった。中世、バールは都市国家としてアドリア海南部の中心となり自治を謳歌し独自の都市権や硬貨の鋳造権を有していた。ヴェネチア支配の影響からバールでは18世紀まで一部でヴェネツィア語が使われていた。1528年になると初めてオスマン帝国が侵入し、1571年にはオスマンの支配下に入った。1878年までオスマンの支配は続いたが正教の大主教区は維持されていた。

近世から現代[編集]

1877年、モンテネグロ人の攻撃により町は破壊されそれが広がりを見せた。バールでの戦災からの回復は困難であった。1878年ベルリン会議によってモンテネグロはバール、ウルツィニの領有権を得て海上への道が確保された。1904年8月30日イタリアの発明家グリエルモ・マルコーニによりバールとアドリア海を挟み反対側のバールとの無線通信が成功し、1908年9月2日にスカダール湖畔のアンティヴァリ・ヴィルパザールまでモンテネグロ初の狭軌鉄道が敷かれた。第一世界大戦に入ると1916年にはオーストリア=ハンガリー帝国の軍隊によりバールは占領されるが、戦後はユーゴスラビア領となる。1920年代になると、観光が盛んになり始める。第二次世界大戦時の1941年からはイタリア領となり占領された。同年7月にバール周辺ではパルチザンによる抵抗が開始された。戦後、解放されると1959年にバールには標準軌の鉄道が敷かれ当時ティトーグラードと呼ばれていた現在の首都ポドゴリツァとの間が結ばれた。しかし、ベオグラード=バール鉄道の全線開業は1976年まで待つことになる。1979年には大規模な震災によりバールは壊滅的な被害がもたらされ旧市街から新たに沿岸部に建設された新市街に町の主要な機能は移っている。

地勢[編集]

バールは年平均270日の晴天日に恵まれ年間平均日照時間は2,160時間に上る。また、年間88日間は南風が吹き込みそのほとんどは冬季に見られ温暖で穏やか風がアドリア海から吹き込んで来る。夏の平均気温は28℃で冬でも10℃程度と温暖な地中海性気候の地域となっている。また、バールは多様な植物相と動物相があり、沿岸部は叢林で占められ北側に向かってストルマン(Sutorman)、リシニェ(Lisinje)、ルミヤ(Rumija)等の山塊になっておりオークや浜辺の木々が混在している。叢林にはオーク、コナラヒイラギゲッケイジュギンバイカレダマセイヨウキョウチクトウサンザシスローナギイカダなどが含まれる。柑橘類タンジェリンオレンジレモンを始め、ザクロオリーブブドウイチジクなど様々な商品作物が栽培されている。観光客を惹き付ける見ものの一つとなっているものにミロヴィツァとギンクゴ・ビロバにあるニコラ王公園内の古いオリーブの木があり、オリーブの木は樹齢2,000年と推定され世界でも最も古い樹齢とされている。ストルマン、ルミヤなどの山間部はウサギやキツネ、アナグマなどの狩猟も盛んである。魚介類もまた豊富に獲ることが出来る。

シュコダル湖は270種類の鳥類が生息しとくにペリカンの重要な生息地で希少種の鳥類の生息地でもある。シュコダル湖はバルカン半島では最大の面積の湖で、モンテネグロ南東部に位置しルミヤ山により海とは隔てられている。湖は長さ50km、幅14kmあるが季節により変化する。春や秋には水量が増し、500km2となる。夏には水量が減り、 350 km2となる。シュコダル湖はモンテネグロとアルバニアの国境となっているが、湖の63%はモンテネグロ側に含まれている。湖には数多くの島が浮かび「マウント」と呼ばれている。ヴィルパザールからクライナ方向は湖の入り江は多くの砂浜が広がり、ムリチ浜(Murići)は長さ560mあり良く知られている。

人口・民族構成[編集]

バール市街はバール基礎自治体の行政的な中心でバール基礎自治体内にはストモレ(Sutomore)や他の沿岸部の小さな町も含まれている。2011年現在のバール基礎自治体には42,048人、バール市街には17,727人が居住している。[1]

2011年現在の民族構成

民族 人口 割合
モンテネグロ人 19,553人 46.5%
セルビア人 10,656人 25.34%
アルバニア人 2,515人 5.98%
ムスリム人 3,236人 7.7%
ボシュニャク人 2,153人 5.12%
クロアチア人 254人 0.59%
ロマ 203人 0.48%
その他 318人 0.76%
無宣言 2,097人 4.99% 合計 42,048人 100%

宗教[編集]

バールは多民族な町と言うだけでなく、様々な宗教が争いもなく共存してきた。バールでは正教が多数派となっているがバールでは正教は11世紀にまで遡る。バールはヨヴァン・ウラディミールJovan Vladimir/Јован Владимир)の生誕地でモンテネグロでは重要で著名な聖人である。また多くの教会や修道院が自治体内には林立し、シュコダル湖は時折、「モンテネグロの聖なる地」と呼ばれることもある。ローマンカトリックはバールにおいて重要な役割を果たしている。バールはローマンカトリック・バール大司教区の本拠でコトル周辺部以外のモンテネグロの大部分をカバーしている。イスラム教1089年に遡り、オスマンによりもたらされた。多くのモスクがバールにもありそのほとんどはスタリ・バール近くにある。

宗教 人口 割合
正教会 24,452人 58.15%
イスラム教 8,315人 19.78%
ムスリム 4,356人 10.36%
カトリック教会 3,043人 7.24%
不可知論 34人 0.08%
無神論 415人 0.99%
その他 162人 0.39%
無宣言 1,129人 2.69%

経済[編集]

バールの経済的な象徴はバール港ベオグラード=バール鉄道ソジナトンネルである。バール港はもっともバールの町を特徴付けるもので沿岸部は3,100m、陸側は800haを占め、毎年500万トンの貨物を取り扱っている。バールはモンテネグロに入って来る貨物の総数の大部分を取り扱っており、多くの商社や小規模な貿易業者がバールを本拠地としている。1976年にはベオグラード=バール鉄道が開業し旅行者がアドリア海沿岸に容易にアクセス出来るようになり、バール港にも新たな市場を提供するようになった。夏の期間の観光客に頼る他のモンテネグロのアドリア海沿岸の町と異なり、鉄道とバール港はバールにとり年間を通じてより多くの経済的な活動を与えている。食品産業ではプリモルカ “Primorka” がバールで50年以上にわたりオリーブ油や良く知られたザクロジュースを製造している。バール自治体内には95,000のオリーブの木と80,000の柑橘類の木が栽培されている。バールでは中小企業の創業や新しい工業地区、自由貿易地区の推進が特徴としてあげられる。

交通[編集]

バールはバルスカ社が運航するフェリーによってイタリアバーリと結ばれ、季節運航の便によりアンコーナとも結ばれている。モンテネグロのアドリア海沿岸の町や島々とも航路により結ばれている。[2]2006年にソジナトンネルが開通し、50km離れたポドゴリツァまでの距離が短縮された。アドリア海沿いの幹線道路によりウルツィニヘルツェグ・ノヴィ、クロアチア方面と結ばれている。また、将来的に完成が見込まれるベオグラード=バール道路によってバールは恩恵を受けることになる。鉄道ではベオグラード=バール鉄道の終着地点となっている。空港は40km離れた場所にポドゴリツァ空港があり、欧州の主要都市と定期便によって結ばれている。

みどころ[編集]

バールには豊かな文化や多くの歴史的な遺産が多く残されている。最も古い歴史があるものの一つに6世紀以来のバールトリコンチ教会が上げられこの教会はモンテネグロでも最古のキリスト教の建築物で、町の中心部にその名残を留めている。12世紀には“Ljetopis popa Dukljanina”が作られ、中世に作られたもっとも重要な文学と歴史の作品である。町の中心部から数km離れたラタツ半島にベネディクト会に属するボゴロディツァ・ラタチュカ修道院群(Bogorodica Ratačka) がある。おそらくこれらの建物は9世紀に設立されたものであると考えられている。海辺の小さな町であるストモレにはヴェネツィアとオスマン帝国両方のよ城塞の一部であるネハイ城塞が残されている。ヴェネツィアの城塞の町ネハイは16世紀Fortezza dei Spiziによって最初に文書に記録された。バール自治体内には14世紀から15世紀にかけバルシッチ家時代に建てられた美しい教会や修道院がシュコダル湖の島々にある。

19世紀の歴史的な文化財にはニコラ公宮殿がバールでも最も注目される物の一つで、1885年に海岸に面した場所に建てられた。宮殿はニコラ1世から娘のゾルカ王妃とその息子であるペタール・カラジョルジェヴィッチ(Petar Karađorđević)に贈られたものである。宮殿は大小の宮殿、教会、衛兵場、冬の庭園で構成されていた。1910年には広い舞踏場が宮殿に作られている。宮殿を含む公園内には地中海性の様々な商品作物も植えられ、その中にはコルクの木も含まれている。宮殿の前には木で出来た桟橋があり、ボートやヨットを係留する設備が備えられている。1866年から1916年にかけニコラ1世は10隻のヨットを所有していた。

地区[編集]

バール基礎自治体は12のコミューンmjesna zajednica)と83の集落に分かれている。

コミューン 地区(集落)
Bar I バール市街
Bar II Polje, Burtaisi, Čeluga, part of Rene
Bar III part of Bjeliša, Sokolana, Stara ambulanta, zgrade Prvoborca;
Bar IV Popovići, part of Bjeliša, Ahmetov Brijeg, Vuletića Brijeg, part of Rene and Trsanj
Bar V Sustaš, Zupci, Marovići, Tuđemili
Šušanj Zukotrlica, Novi Pristan, Zeleni Pojas, Ilino, Šušanj, Carevići, Vitići and Paladini
Stomper Brca, Zelen, Obala Željezničke Kolonije, Mirosica I, Turke, Pobrđe, Gorelac, Miljevci, Sozina, Zankovići, Suvi Potok, Mirosica II, Zgrade, Bjelila, Papani, Haj-Nehaj, Zagrađe, Mišići, Đurmani and Čanj
Stari Bar(スタリ・バール Stari Bar, Baukovo, Belveder, Velembusi, Gretva (with wonderful catholic cathedral), Brbot, Turčini, Menke, Mikulići, Podgrad, Bartula, Rap, Gornja Poda and Donja Poda, Tomba, Gornje Zaljevo and Donje Zaljevo
Mrkojevići Pečurice, Dobra Voda, Grdovići, Pelinkovići, Dabezići, Velje Selo, Kunje, Velja Gorana ,Mala Gorana
Krajina Arbneš, Veliki Ostros, Mali Ostros, Martići, Kostanjica, Bobovište, Ckla, Tejani
Šestan Livari, Gornja i Donja Briska, Gornji Murići, Donji Murići, Besa, Pinčići, Bapsulj, Šestan
Crmnica Virpazar, Orahovo, Bračeni, Mikovići, Zabes, Boljevići, Sotonići, Bukovik, Mačuge, Dupilo, Popratnica, Komarno, Trnovo, Gornji Brčeli, Donji Brčeli, Brijege, Ovtočići, Tomići, Utrg, Godinje, Seoča, Krnjice, Limljani, Gluhi Do

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Montenegrin Census” (English and Montenegrin). Monsta. 2011年7月12日閲覧。
  2. ^ http://montenegrolines.net/

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「バール (モンテネグロ)」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア