ビイェロ・ポリェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビイェロ・ポリェ
Flag of Montenegro.svg
Bijelo Polje
Бијело Поље
ビイェロ・ポリェの市章
位置
の位置図
座標 : 北緯43度02分00秒 東経19度45分00秒 / 北緯43.03333度 東経19.75000度 / 43.03333; 19.75000
行政
モンテネグロの旗 モンテネグロ
  ビイェロ・ポリェ
市長 Tarzan Milošević (DPS
地理
面積  
   924 km2
人口
人口 (2003年現在)
   50,284人
    人口密度   54人/km2
  市街地 15,883人
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
公式ウェブサイト : bijelopolje.co.me

ビイェロ・ポリェBijelo Polje / Бијело Поље)はモンテネグロ北部に位置する基礎自治体、及び基礎自治体の中心都市である。2003年の国勢調査による人口は基礎自治体全体では50,284人、市街では15,883人で、ビイェロ・ポリェは非公式ながらモンテネグロ北東部の中心都市である。ビイェロ・ポリェの地名はモンテネグロ語で「白い野」を意味する。

地勢[編集]

ビイェロ・ポリェはリム川の左岸に位置し、セルビアとの国境から約10km南に位置している。市の北西部は標高1,500mのリサ山、南側は標高2,100mのビィエラシカ山ビオグラドシュカ・ゴラ国立公園(Национални парк Биоградска гора)など山地に囲まれている。

歴史[編集]

1912年バルカン戦争時に多国籍軍によって解放されるまでは永らくオスマン帝国の支配下にあった。オスマン支配下では都市はアコヴァ(Akova)の名で知られていた。考古学的な発見から、新石器時代青銅器時代など古くから人が住んでいたことも確認されている他、周辺ではイリュリア人古代ローマの文化の跡も残されている。

人口[編集]

民族構成[編集]

文化・名産[編集]

ビイェロ・ポリェは口述詩人アヴォド・メジェドヴィッチ(Avdo Međedović)を始め、モンテネグロの著名な作家たちの出身地である。Radaのブランド名で知られるビイェロ・ポリェのミネラルウォーターは夏の期間、モンテネグロ中では多く消費されている。

交通[編集]

ビイェロ・ポリェは2つの自動車道路によって他の地域と結ばれている。1本はモンテネグロのアドリア海沿岸部を結ぶもの、他はポドゴリツァや北部の都市、セルビアなどと結ばれている。(欧州自動車道路E65、E80号線) 鉄道はベオグラード=バール鉄道の駅があり、モンテネグロ領内では最後の駅となり長距離列車などはベオグラードへ向かう。ポドゴリツァ空港からは130kmほど離れており、欧州各都市と結ばれている。

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ビイェロ・ポリェ」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア