ボシュニャク人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーゴスラビアの民族分布(2008年)。緑がボシュニャク人。

ボシュニャク人ボスニア語: Bošnjaci)は、15世紀から19世紀にかけてオスマン帝国支配下で、イスラム教に改宗した南スラブ人の末裔である。民族の言語はボスニア語だがセルビア・クロアチア諸語で、言語的にはクロアチア人セルビア人と大きな差はない。かつてのユーゴスラビア社会主義連邦共和国ではムスリム人(モスレム人)と呼ばれた。日本語表記としては他にボシュニャック人ボスニャク人ボスニアク人ボスニアック人などの表記が存在する。ボシュニャク人という名前はバルカン西部にあるボスニアの名前に由来している。

バルカン諸国の全てのムスリムがボシュニャク人というわけではなく、他にもポマク人のようなブルガリア人ムスリムの民族や、アルバニア人トルコ人ロマのような非スラブ系ムスリムも存在する。

ボシュニャク人はボスニア・ヘルツェゴビナを彼らの民族的故地と考えている。

関連項目[編集]