ヘイスティ (駆逐艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Hasty.jpg
艦歴
発注
起工 1935年4月15日
進水 1936年5月5日
就役 1936年11月11日
退役
その後 1942年6月15日に戦没
除籍
性能諸元
排水量 基準 1,340トン
満載 1,980 トン
全長 323 ft (98 m)
全幅 33 ft
吃水 12 ft 5 inch
機関 パーソンズ式ギアード・タービン
3缶、2軸推進、34,000 hp (30 MW)
最大速 36ノット(70 km/h)
乗員 145名
兵装 4.7インチ砲4門
0.5インチ対空機銃8基
21インチ魚雷発射管8門

ヘイスティ (HMS Hasty, H24) はイギリス海軍駆逐艦H級

艦歴[編集]

スコットランドダンバートンのウィリアム・デニー・アンド・ブラザーズ社で1935年4月15日に起工、1936年5月5日に進水し、1936年11月11日に竣工した。兵装などの政府が供給するものを除いた建造費用は24万8611ポンドであった[1]。就役後、地中海艦隊の第2駆逐群に配属。1939年6月から7月にかけデヴォンポート工廠で修理が行われ、それからまた地中海に戻った[2]

9月の第二次世界大戦勃発後すぐ、ヘイスティはポートサイドジブラルタル間で船団護衛を行った。10月、ヘイスティはK部隊とともにドイツ通商破壊艦捜索に当たるためフリータウンへ移った。ヘイスティと同型艦のハーディヘレワードホスタイルは12月17日に巡洋戦艦レナウン、空母アーク・ロイヤル、軽巡洋艦ネプチューンと合流。それらの艦艇はリオデジャネイロで給油後、ラプラタ沖海戦後にモンテビデオに入港したドイツ装甲艦アドミラル・グラーフ・シュペーが脱出を試みた場合に備えてラプラタ川河口へと向かった[3]。1940年1月にヘイスティは修理のためイギリスへ戻るよう命じられ、その途中の2月12日に北大西洋でドイツの封鎖突破船Moreaを拿捕した[2]

3月に修理が完了すると、ヘイスティは本国艦隊に配属された。3月19、20日、ヘイスティと駆逐艦ヴィヴィアン北海でスウェーデン商船と衝突した駆逐艦ジャーヴィスニューカッスル・アポン・タインまで護衛した[2]。荒天によるダメージのためヘイスティはノルウェーの戦いの初期段階には参加できなかったが、ノルウェーのドイツ目標を攻撃する空母グローリアスとアーク・ロイヤルを4月22日から護衛した。ヘイスティは4月27日に給油のためスカパ・フローに戻ったグローリアスを護衛し、5月はじめにはナムソスからイギリスとフランスの兵員を撤収させる船団を護衛した[4]

ヘイスティと第2駆逐群は5月16日に地中海行きを命じられ、6月20日から21日にかけての夜にバルディア砲撃を行う戦艦ロレーヌ、巡洋艦3隻を護衛した。7月9日、カラブリア沖海戦に参加。7月19日のスパダ岬沖海戦では軽巡洋艦シドニーを護衛し、ほかの駆逐艦とともにイタリア軽巡洋艦バルトロメオ・コレオーニの生存者525名を救助した[5]。10月2日、ヘイスティと駆逐艦ハヴォックエジプト沿岸でイタリア潜水艦ベリロを沈め、生存者47名を救助した。11月、タラント空襲を行う空母イラストリアスを護衛。12月18日から19日にかけての夜のアルバニアヴァロナ砲撃の際戦艦ヴァリアントウォースパイトを護衛[2][6]

1941年4月、MC4作戦に参加して船団護衛を行い、それからクレタ島スダ湾からアレクサンドリアまで戦艦バーラムを護衛した。2月末、ヘイスティはイタリア領ドデカネス諸島の島でトルコ沿岸にあるカステロリゾ島からイギリスのコマンド部隊を脱出させた。そのコマンド部隊はアブステンション作戦で小規模な島の防衛隊を撃破したが、イタリア軍はその後数日の間に部隊を上陸させイギリス軍を圧倒した[7]。3月28,29日、マタパン岬沖海戦に参加。4月15日、ヘイスティと軽巡洋艦グロスターバルディアフォート・カプッツォの間のイタリア軍陣地を砲撃。4月中旬、高速輸送船ブレコンシャーと戦艦3隻をアレクサンドリアからマルタへ護衛。4月23日にアレクサンドリアで給油後、イギリスとオーストラリア軍を撤退させるためギリシャへ向かった。5月8日、アレクサンドリアからマルタへ向かう船団を援護する地中海艦隊の主力艦を護衛[8]。5月21日から22日にかけての夜、ヘイスティはクレタ島へ部隊を運ぶドイツ船団を迎撃した軽巡洋艦オライオンダイドーを護衛していた。5月末、クレタ島からの撤退作戦に参加[2]

シリア・レバノンの戦い中の7月4日、ヘイスティはレバノン内のフランス軍陣地を砲撃し[9]、この年の残りの期間の大半はトブルクへの船団護衛に費やされた[2]。12月23日、船団護衛中にヘイスティと駆逐艦ホットスパーソルム北方でドイツ潜水艦U-79を撃沈。1942年1月にはヘイスティはMF3作戦MF4作戦でアレクサンドリアからマルタへ向かう船団を護衛したが、2月中旬のMF5作戦では支援部隊に移された[10]。2月24日、第22駆逐群に転属[11]。3月22日、第2次シルテ湾海戦に参加[12]。マルタへ大規模な船団を送るヴィガラス作戦中、ヘイスティはドイツのSボートS-55の雷撃を受け、13名が死亡した。魚雷はヘイスティの艦首構造物の大半を吹き飛ばし、ボイラー室にも浸水。ホットスパーが乗員を収容し、それから6月15日朝に魚雷でヘイスティを沈めた[11]

脚注[編集]

  1. ^ English, pp. 102–03
  2. ^ a b c d e f English, p. 104
  3. ^ Rohwer, pp. 7–8, 11
  4. ^ Haarr, pp. 141-50, 169, 171
  5. ^ Rohwer, pp. 29, 32–33, 43
  6. ^ Rohwer, p. 52
  7. ^ Rohwer, pp. 54, 56, 61
  8. ^ Rohwer, pp. 66, 68–70, 72
  9. ^ Rohwer, p. 78
  10. ^ Rohwer, pp. 118, 128, 136, 138, 143
  11. ^ a b English, p. 105
  12. ^ Rohwer, p. 153

参考文献[編集]

  • English, John (1993). Amazon to Ivanhoe: British Standard Destroyers of the 1930s. Kendal, England: World Ship Society. ISBN 0-905617-64-9. 
  • Haarr, Geirr H. (2010). The Battle for Norway: April–June 1940. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 978-1-59114-051-1. 
  • Rohwer, Jürgen (2005). Chronology of the War at Sea 1939-1945: The Naval History of World War Two (Third Revised ed.). Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1-59114-119-2.