ホッチキス QF 3ポンド砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
QF 3 pounder Hotchkiss
QF3pdrHotchkissRN1915.jpeg
イギリス海軍, 1915
種類 Naval gun
Coast-defence gun
Anti-aircraft gun
原開発国 フランスの旗 フランス
運用史
配備期間 1886 - 1950s
配備先 フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロシアの旗 ロシア
関連戦争・紛争 日露戦争第一次世界大戦
開発史
開発者 オチキス
開発期間 1885
製造数 2,950 (UK)
諸元

砲弾 Fixed QF. Shell 1.5Kg
口径 47mm
砲身 74.06 inch (1.88 m) bore (40 cal)
砲尾 vertical sliding wedge
発射速度 30 / minute[1]
初速 1,873 ft/s (571 m/s)
最大射程 4,000 yards (3,657 m)

ホッチキス QF 3ポンド砲(QF 3 pounder Hotchkiss)とは水雷艇に対する防御のために1886年に開発された軽量で発射速度の速い47mm砲である。艦載速射砲だけでなく海岸防御や陸上でも使用された。 また、台に乗せたりして臨時の高射砲としても使用された。

ロシア軍[編集]

QF 3ポンド砲の砲身に差し込む砲弾を作成してスピガット・モーターとして使用された。

日露戦争で使用され日本軍と打ち合っている、陸上でも使用されているが、塹壕戦ではほとんど役に立たず、ロシア軍将校のレオニード・ニコラビッチ・ゴッドヤットが砲口に差し込む砲弾を作成して急造の迫撃砲として日本軍の塹壕へ打ち込まれた。

海軍では1907-1909年の間に退役が進み、第一次世界大戦のころには艦船には搭載されなくなった。 陸揚げされた砲は陸軍で塹壕戦のために転用されることになった。しかし、迫撃砲としては重量も寸法も過大であるため、すぐに新設計された迫撃砲が登場している。

1922年9月には口径を2ミリ減らした45ミリ砲の開発が始まり、完全に退役した。

脚注[編集]

  1. ^ 30 rounds per minute is the figure given by Elswick Ordnance for their 40-calibres model. Quoted in Brassey's Naval Annual 1901

外部[編集]