ジョルジュ・レイグ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・レイグ級駆逐艦
F70型駆逐艦
FS Montcalm 1.jpg
3番艦 モンカルム (D 642)
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名 18~19世紀フランスの人物
前級 トゥールヴィル級駆逐艦
準同型艦 カサール級駆逐艦
次級 アキテーヌ級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:3,880 t(前期)/4,100 t(後期)
満載:4,830 t(前期)/4,910 t(後期)
全長 139m
全幅 15m
吃水 5.5m
機関 CODOG方式
SEMT ピルスティク16PA6 V280
ディーゼルエンジン (5,200 bhp)
2基
TM3Bガスタービンエンジン (26,000 shp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 30 kt(ガスタービン使用)
21 kt(ディーゼル使用)
航続距離 1,000 nmi / 30 kt(ガスタービン使用)
10,000 nmi / 15 kt(ディーゼル使用)
乗員 298名
兵装 Mle.68 100mm単装速射砲 1基
F2 20mm単装機銃 2基
クロタル短SAM 8連装発射機 1基
MM40 SSM 4連装発射機 2基
L5 533mm5連装魚雷発射管 2基
艦載機 リンクスWG13哨戒ヘリコプター 2機
C4I 海軍戦術情報システム
(SENIT-4リンク 11)
レーダー DRBV-26 対空捜索用 1基
DRBV-51 対空対水上用 1基
DRBC-32/33 射撃指揮用 1基
DRBN-32 航海用 2基
ソナー DUBV-23 艦首装備式
DUBV-43C 可変深度式
電子戦
対抗手段
ARBR-16 電波探知装置
ARBB-32 電波妨害装置
Syllexチャフ発射機 2基
AN/SLQ-25対魚雷曳航デコイ

ジョルジュ・レイグ級駆逐艦 (フランス語: Classe Georges Leygues) はフランス海軍駆逐艦

概要[編集]

第二次世界大戦型駆逐艦の後継として建造された前級のトゥールヴィル級駆逐艦が大型で予算を圧迫していたため、ほぼ同等の装備で小型化を図った対潜水上戦闘艦。コルベット70(C70)として計画、就役したが、1988年にフリゲートに改められ艦型番号も F70 に変更された。NATO標準の艦種区分は一貫して駆逐艦(D)である。

当初は12隻の計画だったが、予算の都合により7隻が1979年から1990年にかけて建造された。4番艦以降は若干電子装備が変更され排水量が増加している。

本級の船体をベースにして、エリア防空用にスタンダードミサイルを搭載したカサール級駆逐艦 (DDG) が2隻建造されている。

同型艦[編集]

  • Georges Leygues (D640) - 母港 Brest
  • Dupleix (D641) - 母港 Toulon
  • Montcalm (D642) - 母港 Toulon
  • Jean de Vienne (D643) - 母港 Toulon
  • Primauguet (D644) - 母港 Brest
  • La Motte-Picquet (D645) - 母港 Brest
  • Latouche-Tréville (D646) - 母港 Brest

外部リンク[編集]