アスター (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスター
MBDA Aster p1220947.jpg
種類 アスター 15
短距離/中距離対空ミサイル
アスター 30
長距離対空ミサイル、弾道弾迎撃ミサイル.[1]
運用史
配備期間 2001年
開発史
製造業者 MBDA

アスター(ASTER)は、ユーロサム(現在はMBDA)によって開発された対空ミサイルである。

対ミサイルを主眼に置いた短距離ミサイルのアスター15と、広い範囲の防空を担うアスター30に分かれる。

開発[編集]

1980年代、ローランドクロタルの様な10km強の射程距離を持つミサイルが防空ミサイルとして広く使用されていた。続く1990年代には、5km程度の極近距離の防空が整えられた。

一方、30kmから100km程度の射程を持つ中射程ミサイル(シースパローターターシーダート等)が、2000年代には旧式化することが予見された。近代化の道筋は不明瞭であり、近代化が可能であったとしても小型化・高速化・ステルス化などの進化が施された標的には、限定的な効力しかないと考えられていた。

実際の開発に当たっては、個艦防御用艦隊防御用の2種類が、モジュール化され艦対空ミサイルに留まらない発展が可能なミサイルとして、イギリスイタリアフランスの3ヶ国によって共同開発された。加えて、ミサイル防衛への適用も考慮に入れて開発がなされている。

アスター15[編集]

シャルル・ド・ゴールのアスター15用シルヴァー VLS

アスター15は、原子力空母シャルル・ド・ゴール」、軽空母カヴール」、フォーミダブル級フリゲート等にSAAM(Surface-to-Air Anti-Missile:艦対空・対ミサイル用ミサイル)として採用されている。

ホライズン計画によるフォルバン級駆逐艦及びアンドレア・ドーリア級駆逐艦と、PAAMSからは離脱しなかった45型駆逐艦には、アスター30と共に採用されている。

イタリアとフランスが共同開発中のFREMM計画においても、採用が予定されている。

アスター30[編集]

アスター30の地上発射型

アスター30は、中距離艦対空ミサイル及び、地対空ミサイル(SAMP-T、Sol-Air Moyenne-Portée-Terrestre)である。

元来、ユーロサムとMBDA及びUKAMSが、共同で開発したPAAMSの中距離ミサイルであり、アスター15と共にイギリス、イタリア、フランスの3ヶ国で採用されている。

地上発射型はこれを転用したミサイルであり、指揮車両と6両までの8連装の発射車両で運用することが想定されている。各車両はA400M等の中型輸送機への搭載が可能なサイズである。

諸元表[編集]

アスター15 アスター30
全長 4.2m 5.2m
直径 0.18m
重量 310kg 450kg
弾頭 破片調整弾頭
射程 1.7~30km 3~120km
射高 10km 20km
推進方式 2段式固体燃料ロケット
誘導方式 中途航程: 指令誘導
終末航程: アクティブ・レーダー・ホーミング(ARH)誘導
速度 マッハ3 マッハ4.5

採用国[編集]

 イギリス海軍

 イタリア海軍

 フランス海軍

 サウジアラビア海軍

 シンガポール海軍


脚注[編集]

  1. ^ SAMP/T Successful on First European Missile Defense Intercept Test‎”. Defense Update (2010年11月26日). 2010年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]