アゴスタ級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゴスタ級潜水艦
OuessantBrest2005.jpg
艦級概観
艦種 潜水艦
艦名
前級 ダフネ級潜水艦
次級 リュビ級原子力潜水艦
性能諸元
排水量 水上 1,500トン、水中 1,760トン
全長 67 m
全幅 6.80 m
吃水
機関
最大速力 20.5ノット
航続距離
乗員 士官5名、兵員36名
兵装 22インチ魚雷発射管4門、SM 39 エグゾセ

アゴスタ級潜水艦 (Classe Agosta) は、フランス海軍潜水艦の艦級。通常動力型潜水艦スペインパキスタンでも使用されている。フランスの通常動力型として乗員数は最大規模である。乗員は36人+士官5人である。

同型艦[編集]

フランス海軍[編集]

Arsenal de Cherbourgで建造

  • Agosta (S 620) - 進水 1977 - 除籍 1997
  • Bévéziers (S 621) - 進水 1977 - 除籍 1998
  • La Praya (S 622) - 進水 1978 - 除籍 2000
  • Ouessant (S 623) - 進水 1978 - 除籍 2001

スペイン海軍[編集]

Cartagena dockyardで建造

  • Galerna (S 71) - 進水 1983 - 運用中
  • Siroco (S 72) - 進水1983 - 運用中
  • Mistral (S 73) - 進水 1985 - 運用中
  • Tramontana (S 74) - 進水 1985 - 運用中

パキスタン海軍[編集]

フランスは2隻のアゴスタ級潜水艦を南アフリカから受注したが、1977年の安保理決議第418号に基づく国連制裁によりキャンセルとなった。AC Dubigeonで建造された艦はパキスタン海軍に売却された。

  • PNS/M Hashmat (S135) - 進水 1979 - 元の艦名 Astrant
  • PNS/M Hurmat (S136) - 進水 1980 - 元の艦名 Adventurous

Agosta 90B パキスタン海軍向けに近代化して建造

  • PNS/M Khalid (S137) - フランスのDCN Cherbourgで建造 - 進水 1999
  • PNS/M Saad ' (S138) - フランスの協力でパキスタンで建造 - 進水 2002
  • PNS/M Hamzaa (S139) - 2006年、パキスタンの技術者によって援助を受けず建造 - 2006年、8月14日 進水

関連項目[編集]

外部リンク[編集]