トゥールヴィル級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥールヴィル級駆逐艦
De Grasse 5.jpg
2001年8月25日の観艦式に参加するため、ポーツマスにて停泊中のド・グラース
艦級概観
艦種 駆逐艦Frégate
就役期間 1974年 - 就役中
前級 シュフラン級駆逐艦
次級 ジョルジュ・レイグ級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準:4,650 t
満載:5,885 t
全長 152.75 m
全幅 15.3 m
吃水 5.70 m
全高 43.2m
機関 多重管式ボイラー
(45kgf/cm², 450℃)
4缶
蒸気タービン (27,200 shp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 30ノット
航続距離 18ノット: 4,500海里
30ノット: 1,900海里
行動日数 45日
乗員 298人
兵装 Mle.68 100mm単装砲 2基
F2 20mm機関砲 2基
12.7mm機銃 4基
クロタル短SAM 8連装発射機
(ミサイル×26発)
1基
MM40 SSM 3連装発射機 2基
550mm魚雷発射管 (L5×10発) 2基
艦載機 リンクスWG-13哨戒ヘリコプター 2機
C4I OPSMER/SEAO
海軍戦術情報システム
(SENIT-3リンク 11)
レーダー DRBV-26A 対空捜索用 1基
DRBV-51B 対水上捜索用 1基
DRBC-32D 砲射撃指揮用 1基
DRBN-34 航法用 2基
ソナー DUBV-23 船底装備式 1基
DSBV-61 曳航式 1基
電子戦 ARBR-16 電波探知装置
ARBB-32 電波妨害装置
DAGAIEチャフフレア発射機 2基

トゥールヴィル級駆逐艦Frégates Anti Sous-marines de classe Tourville)もしくは、67型対潜駆逐艦(Frégates Anti Sous-marines type F 67)は、フランス海軍駆逐艦。3隻が建造された。

フランス海軍では大型水上艦の呼称をFrégateに統一しているが、北大西洋条約機構(NATO)によるペナント・ナンバーでは、就役当初より一貫して駆逐艦を意味する「D」の艦種記号を付されている[1]

1979年から1981年にかけて、3番砲を撤去してクロタル個艦防空ミサイルの8連装発射機を搭載する改修が行われた。また1986年には、1番艦に対して低周波での遠距離探知に対応したDSBV-61曳航ソナーの追加装備が行われた[2]。さらに1994年から1996年にかけて、1・3番艦に対して、さらに強力なDSBX-1 SLASM(Systemé de Lutte ASM)の装備や電波探知装置の更新(ARBB-33へ)、衛星通信システムの更新(シラキューズIIへ)などの改修が行われた。近代化改修の対象外となった2番艦に対しては、1993年から1994年にかけて旗艦としての改装が行われたが、1999年に早期退役している[3]

同型艦[編集]

艦番号 艦名 起工 進水 就役 退役
D610 トゥールヴィル
Tourville
1970年
3月13日
1972年
5月13日
1974年
6月21日
2011年
6月16日
D611 デュゲイ=トルーアン
Duguay-Trouin
1971年
2月25日
1973年
6月1日
1975年
9月17日
1999年
7月13日
D612 ド・グラース
De Grasse
1972年
7月15日
1974年
11月30日
1977年
10月1日

参考文献[編集]

  1. ^ グローバルセキュリティー (2013年6月10日). “Tourville” (英語). 2014年6月10日閲覧。
  2. ^ Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. pp. 152-153. ISBN 978-0870212505. 
  3. ^ Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 204. ISBN 978-1591149545. 

外部リンク[編集]