コマンダン・リヴィエル級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コマンダン・リヴィエル級フリゲート
Commandant Bourdais.jpg
艦級概観
種別 護衛通報艦
艦名 {{{艦名}}}
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 1962年1994年
同型艦 {{{同型艦}}}
前級 ル・ノルマン級(護衛駆逐艦)
ブーゲンヴィル級(通報艦)
次級 デスティエンヌ・ドルヴ級(通報艦)
主要諸元
排水量 基準: 1,750トン
満載: 2,230トン
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 98 メートル (322 ft)
全幅 11.5メートル (38 ft)
吃水 4.3メートル (14 ft)
深さ {{{深さ}}}
機関 CODAD方式
SEMT ピルスティク 12PC2
 ディーゼルエンジン×4基
スクリュープロペラ×2軸
機関出力 11,920 kW / 15,990 bhp
電力 {{{電力}}}
速力 25 ノット (46 km/h)
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 7,500海里 (16.5kt巡航時)
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 士官9名+下士官66名+水兵91名
(コマンド部隊80名乗艦可能)
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 Mle.53 100mm単装速射砲×3基
 (後に1基を撤去)
・ 30mm単装機銃×2基
エグゾセMM38 SSM発射筒×4基
 (後日装備)
・ 305mm 4連装対潜迫撃砲×1基
・ 550mm 3連装魚雷発射管×2基
搭載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー ・ DRBV-22A 対空捜索
・ DRBV-50 低空警戒/対水上
・ DRBC-32A 砲射撃指揮
ソナー DUBA-3船底装備
電子戦
対抗手段
・ ARBR-16電波探知装置
・ DAGAIEデコイ発射機×2基
特殊装備
その他 {{{その他}}}

コマンダン・リヴィエル級フリゲートフランス語: Aviso-escorteur Classe Commandant Rivière)は、フランス海軍が運用していたフリゲートの艦級。

来歴[編集]

フランス海軍は戦前より、通報艦と呼ばれる艦種を整備してきた。当初、これは文字通りに伝令を主任務、警備・救難を副任務としており、主に本国との情報伝達および洋上警備をになうために植民地に配備されていた。のちに無線通信が発達したのちには警備・救難を主任務として、コルベット級の艦艇が通報艦に分類されて、引き続き植民地沿岸に配備された。

第2次大戦後においても、この任務の重要性は継続していた。しかし一方で、冷戦構造の成立とともにフランスは北大西洋条約機構に加盟し、同国海軍は大西洋における船団護衛に投入できる護衛駆逐艦を必要としていた。このことから、通報艦と護衛駆逐艦の任務を兼ねることができる護衛通報艦Aviso-escorteur)が構想された。このコンセプトに基づいて開発されたのが本級である。

設計[編集]

従来の通報艦がコルベット級であったのに対し、この任務の要請に基づき、本級はフリゲート級に大型化している。船型としては中央船楼型が採用されている。様々な気候帯での活動を想定して、艦内には空調が施された[1]

主機関としては、SEMT ピルスティク 12PC2型中速ディーゼルエンジン4基によって推進器2軸を駆動するCODAD方式とされた。また「バルニー」はフランス海軍初のCODAG艦として建造されており、巡航機としてはAGO V-16型ディーゼルエンジンを2基、加速機としてはチュルボメカM38型ガスタービンエンジンを1基搭載した。なおチュルボメカM38は、ダッソーエタンダールIVおよびシュペルエタンダールで搭載されていたSNECMA アター8をもとに開発された舶用ガスタービンエンジンであった[1]

装備[編集]

主センサーとなる対空レーダーは、先行して整備された高速護衛駆逐艦であるル・ノルマン級(1,795トン)と同じく、DRBV-22Aをマスト中段に搭載した。これはアメリカのAN/SPS-6をもとに開発されており、Lバンド、出力2,000キロワットの2次元レーダーであり、最大探知距離は70 nmi (130 km)とされていた[2]

兵装面でも基本的にル・ノルマン級のものが踏襲されているが、同級で主たる対潜兵装とされていたM/50 375mm対潜ロケット砲にかえて、より簡便だが威力におとる305mm 4連装対潜迫撃砲が船楼前端に搭載されたほか、新しい両用砲であるMle.53 100mm単装速射砲が初採用とされた。また1970年代中盤から着手された改装により、後部上構上の2番砲と交換に西側第1世代の艦対艦ミサイルであるエグゾセMM38が搭載され、対水上火力が大幅に強化された[1]

配備[編集]

本級は9隻が建造され、1962年より就役を開始した。また、同様の要求に基づき、ポルトガル海軍も本級の準同型艦を発注し、1967年より4隻がジョアン・ベーロ級フリゲートとして就役した。しかしながら、ポルトガル海軍は同級に続いて、通報艦任務に限定して小型化することで運用コストを下げたジョアン・コーチニョ級コルベットの整備を開始し、このコンセプトはフランス海軍にも逆輸入されて、デスティエンヌ・ドルヴ級通報艦が配備されることとなった。本級はいずれも1990年代後半までに運用を終了したが、このうちの3隻はウルグアイ海軍に売却されて再就役した。なおウルグアイ海軍は、2000年代においてジョアン・ベーロ級2隻を購入し、購入した本級のうち2隻の代替としている。

同型艦
# 艦名 就役 退役 その後
F725 ヴィクトル・シュルシェール
Victor Schoelcher
1962年10月 1988年 ウルグアイ海軍に売却、「ゲネラル・アーティガス」
(ROU-2: General Artigas)として再就役、2005年に退役
F726 コマンダン・ボリ
Commandant Bory
1964年 1996年
F727 アミラル・シャルネ
Admiral Charner
1962年12月 1991年 ウルグアイ海軍に売却、「モンテビデオ」
(ROU 03: Montevideo)として再就役
F728 ドゥダール・ド・ラグレ
Doudart de Lagrée
1963年5月 1991年
F729 バルニー
Balny
1970年2月 1994年
F733 コマンダン・リヴィエール
Commandant Rivière
1962年12月 1992年
F740 コマンダン・ブールデ
Commandant Bourdais
1963年5月 1990年 ウルグアイ海軍に売却、「ウルグアイ」
(ROU-1: Uruguay)として再就役、2008年に退役
F748 プロテ
Protet
1964年5月 1992年
F749 アンセーニュ・ド・ヴェソ・アンリ
Enseigne de Vaisseau Henry
1965年1月 1994年

参考文献[編集]

関連項目[編集]