ジョアン・ベーロ級フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョアン・ベーロ級フリゲート
João Belo F480.jpg
NRP コマンダンテ・ジョアン・ベーロ (F480)
艦級概観
艦種 フリゲート
就役期間 1967年2008年
前級
次級 バルトロメウ・ディアス級フリゲート
性能諸元
排水量 満載排水量: 2,250t
全長 102.7m
全幅 12m
吃水 4.4m
機関 SEMT ピルスティク12PC2.2 V400 ディーゼル×4基, 2軸(16,000hp
速力 最速 24.5ノット
乗員 180人
兵装 Mle.53 100mm単装砲 2基
Mod.1958 40mm単装機関砲 2基
324mm3連装短魚雷発射管 2基
C4I 海軍戦術情報システム
SEWACO-FD+リンク 11
レーダー DRBV22A 対空捜索
DRBV50 低空警戒・対水上
デッカ1226 航法
DRBC32C 射撃指揮
ソナー SQS-510 船底装備式
電子戦 ARBR10 ESM装置
Mk 36 SRBOC チャフフレア発射機

ジョアン・ベーロ級フリゲート (ポルトガル語: Fragata classe Comandante João Belo) はポルトガル海軍フリゲートである。コマンダン・ジョアン・ベーロ (Comandante João Belo) とも。

概要[編集]

本級は、フランスのコマンダン・リヴィエル級フリゲートの設計を採用している。建造はフランスで行なわれ、4隻が就役した。1970年代植民地ポルトガル海上帝国)が相次いで独立を宣言し、植民地戦争を戦っていたころは、アフリカ沿岸に出撃している。

1990年代中盤には近代化改修が行なわれた。この改修は下記の内容を含んでいた。

なお、艦載機の運用設備(ハンガーおよび飛行甲板)の設置も考慮されていたが、コスト面の問題から、最終的に断念された。

3番艦「コマンダン・ロベルト・イヴァンス」(F482)が事故によって早期退役した以外は、3隻ともにゼロ年代の中盤ないし後半まで就役を継続したのち、オランダより購入した中古のカレル・ドールマン級フリゲートによって代替されて、2008年までに運用を終了した。退役艦のうち2隻(1番艦および4番艦)はウルグアイ海軍において再就役している。

同型艦
# 艦名 就役 退役 備考
F480 コマンダン・ジョアン・ベーロ
Comandante João Belo
1966年3月 2008年4月 ウルグアイ海軍にて、「ウルグアイ」(ROU 1 Uruguay)として再就役。
F481 コマンダン・エルメネヒルド・カペロ
Comandante Hermenegildo Capelo
1968年4月 2004年 予備役編入されている。
F482 コマンダン・ロベルト・イヴァンス
Comandante Roberto Ivens
1968年 1998年 NATOの演習中にタンカーと衝突、大破。艦齢を考慮して、修復されずに退役した。
F483 コマンダン・サカデュラ・カブラル
Comandante Sacadura Cabral
1969年 2008年 ウルグアイ海軍にて、「ペドロ・キャンベル」(ROU 2 Cte. Pedro Campbell)として再就役。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]