フラン (通貨)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラン (franc) は、いくつかの国における通貨単位である。漢字はをあてる。

単に「フラン」と言った場合はフランスで使用されていたフランス・フランを指すことが多い。

その名前は、初期のフランスの硬貨に刻印されたfrancorum rexラテン語で「フランク王国の王」の意)、またはフランス語で"free"の意味のfrancに由来する。

フランは、スイスリヒテンシュタインスイス・フラン)およびアフリカの旧フランス領の各国(CFAフラン・CFPフランほか)で使用されている。ユーロが導入される以前は、フランスベルギールクセンブルクでも使用されていた。また、アンドラモナコではフランス・フランが法定通貨とされていた。フランの補助通貨はサンチームで、1フランは100サンチームとされるのが一般的である。

フランス・フランの記号は、Fの上に水平線を引いた ₣ である。

起源[編集]

フランは当初、1360年に鋳造された3.87 g のフランスの金貨であった。それは、ポアティエの戦いでイングランドに4年間捕えられていたジャン2世が解放されたことを記念したものであった。それはLivre tournois(トゥールポンド)と等価であった。

このフランは、1641年ルイ13世によって法定の硬貨としては廃止されるが、フランという言葉はリーブルの俗称として使われ続けた。フランス・フランを参照のこと。

CFAフラン・CFPフラン[編集]

アフリカの14か国ではCFAフランが使用されている。使用され始めた1945年から1948年までは1.7フランス・フランと等価とされ、その後2フランス・フラン(1960年より0.02新フランス・フラン)と等価とされた。1994年1月からは0.01フランス・フランと当価となった。1999年1月からは1CFAフランは0.00152449ユーロと等価となっている。

CFAフランから分離されたCFPフランがフランスの太平洋の領土で使われている。1CFPフランは0.0084ユーロ(かつては0.055フランス・フラン)と等価である。

現行通貨[編集]

廃止された通貨[編集]

現在ユーロを使用

その他