VT グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VT Group plc
企業形態 Public (LSEVTG)
業種 サポートサービス
造船
設立 1966年
本拠所在地 イギリスサウサンプトン
代表者等 Mike Jeffries (Chairman)
Paul Lester (CEO)
売上高 12億100万ポンド[1]
営業利益 8120万 (2008)[1]
純利益 5800万 (2008)[1]
従業員数 11,458名 (2008)
ウェブサイト www.vtplc.com

VT グループ(VT Group plc)は、国防とサービスを提供するイギリスの公開有限会社。かつて、ヴォスパー・ソーニクロフトとして知られる会社であり、造船業から多角化して幅広いエンジニアリングとサポートサービスを提供している。

VT グループは、5つの主要傘下企業を通して多くの地域に事業を展開している。主要企業は、VT コミュニケーションズ、VT エデュケーション・アンド・スキルス、VT サポート・サービシーズ、シップビルディング、そして、アメリカ合衆国に本社を構えるVT グループ Inc.である。VT グループはロンドン証券取引所に上場しており、株価指数がFTSE250に含まれている。

歴史[編集]

ポーツマスヴォスパー社は小型のボートを建造していたが、サウサンプトンソーニクロフト駆逐艦といった軍艦の建造と長い歴史があった。VT グループの起源は、ヴォスパー社とソーニクロフト社の合併である。両社は合併し、1966年にヴォスパー・ソーニクロフトとしてロンドン証券取引所に上場した。その後、労働党が政権をとると、1970年代にヴォスパー・ソーニクロフトはブリティッシュ・シップビルダーズの一部門としてイギリス政府によって国営化された。しかし、1985年に経営陣がMBOで自社を買い戻したので民営企業となった。

民営化されたヴォスパー・ソーニクロフトは、主力の造船事業をイギリス海軍の訓練と支援に多様化させた。また、主に販売の努力によって輸出に成功し、軍艦を発注されない平時でも会社は発展した。2002年以降は総合的なビジネス展開のため、VT グループと名乗った。2003年から北アメリカにおいて、グリフィン・サービシーズミルコム・システムズ・コーポレーションAEPCOなどを買収し、VT サービシーズの傘下に置いたことにより、アメリカ合衆国へ進出、その規模の拡大を果たした[2]

2008年7月1日にはクイーン・エリザベス級航空母艦建造の影響で、子会社のVT シップビルディングは、BAEシステムズのサーフェス・フリート・ソリューションズと合併してBVT サーフェス・フリートが設立された。2009年には、北アメリカでの経営体制を強化するため、VT サービシーズをVT グループ Inc.へと社名変更した[2]

組織[編集]

VT グループには、5つの傘下企業と各々の部門が存在する。

  • VT コミュニケーションズ
  • VT エデュケーション・アンド・スキルス
    • VT フラッグシップ
  • VT グループ Inc.(旧VT サービシーズ)
  • VT サポート・サービシーズ
  • シップビルディング

製品とサービス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Consolidated Income Statement for year ending 31 March 2008
  2. ^ a b “VT Group To Consolidate U.S. Operations” (英語). Defense News. (2009年9月14日). http://www.defensenews.com/story.php?i=4275610 2009年10月25日閲覧。 

外部リンク[編集]