ヴォスパー・ソーニクロフト・フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリーズ最大のMk.10フリゲート(ブラジル海軍「コンスティトゥイサン」)

ヴォスパー・ソーニクロフト・フリゲート: Vosper Thornycroft Frigate)は、VT グループが開発した輸出用フリゲート/コルベットの総称。1960年代以降、様々な設計の多数の艦が各国で就役している。

Mk.1コルベット[編集]

魚雷艇など小型艇の建造で知られていたヴォスパー社は、1950年代より、より大型の戦闘艦の建造に乗り出した。これによって、最初に開発されたのが、ヴォスパーMk.1 コルベット: Vosper Mk.1 Corvette)である。

ガーナ海軍がクロマンツェ級コルベット: Kromantse class corvette)として1964年より2隻を就役させている。一方、リビア海軍も準同型艦1隻を取得し、「トブルク」(C01、: Tobruk)として1966年4月より運用している。これらはいずれも、基本的には砲艇であるが、沿岸において最低限の対潜戦闘を展開することもできるように装備されている。

運用者 # 艦名 就役 備考
 ガーナ海軍 F17 クロマンツェ(Kromantse) 1964年7月 1988年までに運用終了
F82 オトボ(Otobo) 1965年5月
 リビア海軍 C01 トブルク(Tobruk) 1966年4月

Mk.3コルベット[編集]

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg 「ドリナ」(F81)
Searchtool.svg 「オトボ」(F82)

1966年、ヴォスパー社は、軍艦建造の老舗であったジョン・アイ・ソーニクロフト・アンド・カンパニー・リミッテッド社と合併し、ヴォスパー・ソーニクロフト社となった。合併後、最初に開発されたのは、Mk.1コルベットを拡大した600トン級のコルベットで、これはヴォスパー・ソーニクロフトMk.3 コルベット: Vosper Thornycroft Mk.3 Corvette)と呼ばれた。Mk.3コルベットはナイジェリアによって採用され、ドリナ級コルベット: Dorina class Corvette)として、1970年より2隻が建造されて、1972年にそろって就役した。ただし、1番艦「ドリナ」(F81)は1987年4月16日に事故によって沈没した。

艦番号 艦名 起工 就役 備考
F81 ドリナ(Dorina) 1970年1月 1972年6月 1987年4月16日、事故によって沈没。
F82 オトボ(Otobo) 1970年9月 1972年11月

Mk.5フリゲート[編集]

イラン海軍「アルバンド」。

一方、ヴォスパー・ソーニクロフト社は、これらのコルベットと同時に、まったく新しい設計に基づくフリゲート・シリーズの開発を行なっていた。このフリゲートを最初に発注したのがイランであり、1,000トン級のヴォスパー・ソーニクロフトMk.5フリゲートの設計をもとにして、サーム級フリゲート: Saam class frigate)を建造し、1971年から1972年にかけて4隻が就役した。これらは、イギリス製のシーキャット個艦防空ミサイルとイタリア製のシー・キラー艦対艦ミサイルによって武装していた。なお、サーム級各艦の艦名は、いずれもシャー・ナーメの主要登場人物に由来している[1]

その後、1979年のイラン革命によって成立したイスラム共和国政府のもとで、これらは アルヴァンド級フリゲート: Alvand class frigate)と改名され、各艦はイランの山岳名に改名した[1]。また、西側諸国からの武器禁輸措置や中国との関係改善などの影響などもあって、武装の多くが中国製のものに切り替えられている。

なお、本級の3・4番艦である「サバラーン」および「サハンド」は、1988年4月14日にアメリカ軍が行なったプレイング・マンティス作戦において、米海軍と交戦している。この交戦で、米空母「エンタープライズ」から発進した艦載機の攻撃で「サハンド」は撃沈され、「サバラーン」も大破した。

また21世紀に入って、イランは本級のリバースエンジニアリングに基づく国産艦としてモッジ型フリゲートの整備に着手している。

イランの旗 イラン帝国 イランの旗 イラン・イスラム共和国
# 艦名 起工 就役 # 艦名 備考
DE 12 サーム(Saam 1967年5月 1971年5月 71 アルヴァンド(Alvand 就役中
DE 14 ザール(Zaal 1968年3月 1971年3月 72 アルボルズ(Alborz 就役中
DE 16 ラスタン(Rostam 1967年12月 1972年6月 73 サバラーン(Sabalan 就役中
DE 18 ファラマーズ(Faramarz 1968年7月 1972年2月 74 サハンド(Sahand アメリカ海軍攻撃機の攻撃により、1988年4月18日に撃沈

Mk.7フリゲート[編集]

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg 「ダット・アサワリ」(F01)

このMk.5フリゲートを200トンほど大型化して開発されたのがヴォスパー・ソーニクロフトMk.7フリゲートである。これは、リビアによって採用されて1968年に発注され、同年9月27日に起工、「ダット・アサワリ」(: Dat Assawari)として1969年9月に進水し、1973年2月1日に竣工した。

ただしその後、リビアへの回航途上に事故によって中破し、トリポリに寄港したのち、1978年よりジェノヴァにおいて修理に入った。途中、1980年10月29日に爆弾テロによって破壊されるというアクシデントもあったが、1983年3月には公試に入り、10月1日に完工、1985年6月にようやくリビアに回航された。

艦番号 艦名 起工 就役 備考
F01 ダット・アサワリ(Dat Assawari 1968年9月 1973年2月 就役中

Mk.9コルベット[編集]

エリンミ級[編集]

一方、Mk.5/7フリゲートとは別に、より小型のコルベットとして開発されたのが、ヴォスパー・ソーニクロフトMk.9コルベットである。これは先行して開発されたMk.3コルベットの拡大・発展型で、Mk.3コルベットを運用していたナイジェリア海軍においてエリンミ級コルベット: Erin'mi class corvette)として採用された。

艦番号 艦名 起工 就役 備考
83 エリンミ(Erin'mi 1977年1月20日 1980年1月29日
84 エニャミリ(Enymiri 1978年2月9日 1980年5月2日

カヒル級[編集]

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg カヒル級コルベット

その後、Mk.9コルベットをもとにして、ステルス性への配慮などの新機軸を全面的に導入して刷新したヴィジランス型: Vigilance type)と呼ばれる設計が開発された。これは極めて先進的な設計となっており、事実上、まったくの別物である。ヴィジランス型はオマーン海軍によってカヒル級コルベット: Qahir class corvette)として採用されて、1996、7年に続けて計2隻が就役した。

カヒル級は主にフランス製の兵器で武装しており、対空用にはクロタル個艦防空ミサイル・システム、対水上用にはエグゾセを搭載する。また、これらの兵装はTACTICOS 戦術情報処理装置を中核として連接されて、システム艦として構築されている。現在のところ、対潜兵器および水測装備は搭載していないが、必要に応じて、ATAS曳航ソナーと対潜魚雷を搭載できる設計となっている。

艦番号 艦名 就役 備考
Q-31 カヒル・アル・アムワジ(Qahir Al Amwaji 1996年9月
Q-32 アル・ムアッサー(Al Mua'zzar 1997年4月

Mk.10フリゲート[編集]

モッドフラッグ改修前の「F 42 コンスティトゥイサン」
モッドフラッグ改修後の「F 42 コンスティトゥイサン」
練習艦「U 27 ブラジル」

1960年代末、VTグループは、Mk.7フリゲートの発展型の開発を進めており、この設計案のうちのひとつは、イギリス海軍の21型フリゲートとして結実した。その一方、より大型の輸出用フリゲートとして開発されたのがヴォスパー Mk.10 フリゲートである。Mk.10フリゲートは、第2次大戦型駆逐艦の代替を計画していたブラジル海軍によって、ニテロイ級フリゲート: Niteroi class frigate)として採用されて、1970年に6隻が発注され、1975年から1986年にかけて建造された。このうち、後期の2隻はリオデジャネイロ海軍工廠で建造されている。これらはニテロイ級フリゲートとして、1976年より就役を開始した。

ニテロイ級は、多くの面でイギリス海軍向けの21型フリゲート(アマゾン級)に類似しており、事実上、その拡大版である(満載排水量にして300トンの大型化)。ただし機関構成は、21型がCOGOG構成を採用していたのに対し、本型では、Mk.5/7フリゲートと同様のCODOG構成となっている。また、ニテロイ級のうち、F-40, F-41, F-44, F-45はアイカラ対潜ミサイルを搭載した対潜型、F-42, F-43はMM38 エグゾセ 艦対艦ミサイルを搭載した汎用型として就役した。また、全艦が、シー・キャット個艦防空ミサイルの3連装発射機と114mm単装砲1基(F-42, F-43は2基)、375mm 対潜ロケット連装発射機を搭載していた。

その後、1996年より2005年にかけて、本級の全艦が「モッドフラッグ」改修を受けた。これにより、アイカラ対潜ミサイルとMM38エグゾセ対艦ミサイル、シー・キャット個艦防空ミサイル及びなど従来の兵装はすべて撤去された。F-42, F-43は後部114mm単装砲も撤去している。代わりに全艦が新しいMM40 エグゾセ艦対艦ミサイルとアルバトロス 個艦防空ミサイル、トリニティ Mk.3 40mm CIWSを装備することとなった。これにより、対潜型と汎用型の区別は事実上消滅し、全艦装備が統一された。

また、本級をベースにした練習艦としてU-27「ブラジル」も建造され、1986年に就役した。3,729満載排水トン、全長133.3メートル、武装は単装のボフォース 40mm機関砲2門のみである。

艦番号 艦名 起工 就役 備考
F40 ニテロイ(Niterói 1974年2月8日 1976年11月20日
F41 デフェンソーラ(Defensora 1975年3月27日 1977年3月5日
F42 コンスティトゥイサン(Constituição 1976年4月15日 1978年3月31日
F43 リベラウ(Liberal 1976年4月15日 1978年3月31日
F44 インデペンデンシア(Independência 1974年9月2日 1979年9月3日
F45 ウニアン(União 1975年3月14日 1980年9月17日
U27 ブラジル(Brasil 1983年9月23日 1986年8月21日 専用練習艦として設計・建造された。

要目[編集]

Mk.1 コルベット Mk.3 コルベット Mk.5 フリゲート
クロマンツェ級
 ガーナ海軍
「トブルク」
 リビア海軍
ドリナ級
 ナイジェリア海軍
アルバンド級
 イラン海軍
建造数 2隻 1隻 2隻(うち1隻喪失) 4隻(うち1隻戦没)
就役開始 1964年 1967年 1970年 1971年
満載排水量 500 t 650 t 1,400 t
全長 53.9 m 61.6 m 94.5 m
全幅 8.7 m 9.5 m 11.1 m
喫水 4.0 m 3.5 m 3.3 m
機関 パクスマン・ヴェンチュラ
ディーゼル×2基
(計3,800 bhp
MAN V24/30-B ディーゼル×2基、
(7,995 bhp
CODOG方式:
* パクスマン・ヴェンチュラ
 16気筒 ディーゼル×2基(3,800 bhp)
* RR TM3Aガスタービン×2基(46,000 shp)
スクリュープロペラ×2軸
速度 最大: 20 kt 最大: 22 kt 最大: 39 kt
航続距離 2,910 nmi / 14 kt 3,000 nmi / 14 kt 3,215 nmi / 17 kt
乗員 6+48名 8+59名 125-146名
兵装 Mk.23 102mm単装砲×1 Mk.19 102mm連装砲×1
※後日撤去
Mk.8 114mm単装砲×1
40mm単装機銃×1 40mm単装機銃×2 エリコン 35mm連装機銃×1
20mm単装機銃×2
スキッド対潜臼砲×1 - 81mm迫撃砲×2
※後日撤去
C-802 SSM ×4
リンボー対潜臼砲×1
(72,73の2隻のみ)
324mm 3連装短魚雷発射管×2
(71の2隻のみ)
レーダー AWS-1 対空レーダー
- M22 射撃指揮用
※後日撤去
RTN-10X 射撃指揮用×2基
デッカ-45 航法用 TM-626 航法用 デッカ-1226 航法用
ソナー 1674型船底装備 MS-22 船底装備 170型+174型船底装備
Mk.7 フリゲート Mk.9 コルベット Mk.10 フリゲート
ダット・アサワリ級
 リビア海軍
エリンミ級
 ナイジェリア海軍
カヒル級
 オマーン海軍
ニテロイ級
 ブラジル海軍
建造数 1隻 2隻 2隻 6隻+1隻
就役開始 1973年 1980年 1996年 1976年
満載排水量 1,625 t 850 t 1,450 t 3,707 t
全長 100.6 m 69 m 83.7 m 129.2 m
全幅 11.0 m 9.6 m 11.5 m 13.5 m
吃水 3.4 m 3.0 m 3.6 m 5.5 m
機関 CODOG方式
* パクスマン・ヴェンチュラ
16気筒ディーゼル×2基(3,500 bhp)
* RR TM2Aガスタービン×2基(46,400 shp)
MTU 20V956 TB92
ディーゼル×2基(17,595 bhp)
SEMT 16PA6 V280STC
ディーゼル×4基
(28,160 shp)
CODOG方式
* MTU 16V956 TB91ディーゼル×4基(18,000 hp)
* RR TM3Bガスタービン×2基(56,000 hp)
スクリュープロペラ×2軸
速度 最大: 37.5 kt 最大: 27 kt 最大: 28 kt 最大: 30 kt
航続距離 5,700 nmi / 17 kt 2,217 nmi / 14 kt 4,000 nmi / 10 kt 5,300 nmi / 17 kt
乗員 不明 90 名 76 名 217 名
兵装 Mk.8 114mm単装砲×1 76mm単装速射砲×1 76mm単装速射砲×1 Mk.8 114mm単装砲×1
ボフォース 40mm単装機銃×2 ボフォース 40mm単装機銃×1 エリコン 20mm単装機銃×2 トリニティ Mk.3 40mm CIWS× 2
エリコン 35mm連装機銃×2 エリコン 20mm単装機銃×2
アルバトロス 短SAM 4連装発射機×1 シー・キャット 短SAM 3連装発射機×1 クロタル 短SAM 8連装発射機×1 アルバトロス 短SAM 8連装発射機× 1
オトマート SSM 単装発射筒×4 375mm連装対潜ロケット砲×1 エグゾセMM40 SSM 4連装発射筒×2 エグゾセMM40 SSM 連装発射筒× 2基
ILAS-3 3連装短魚雷発射管×2 (3連装短魚雷発射管×2 装備可能) 375mm連装対潜ロケット砲×1
3連装短魚雷発射管×2
艦載機 - ワスプ、後にリンクス哨戒ヘリコプター× 1機
C4I TACTICOS CAAIS
レーダー RAN-12L/X 対空捜索用 AWS-2 対空対水上用 MW08 対空対水上用 RAN-20S 対空対水上用
RAN-10S 対空対水上捜索用 DRBV-51C PDMS射撃指揮 FR-1942 Mk.2 航法レーダー
RTN-10X 射撃指揮レーダー WM-24 射撃指揮レーダー STING 砲射撃指揮 RTN-30X 射撃指揮レーダー×2
ソナー ディオドン 船底装備ソナー PMS-26 船底装備ソナー ATAS曳航ソナー装備可能 EDO-997F 船底装備式+EDO-700E可変深度式

参考文献[編集]

  1. ^ a b 清水宏祐 (2011年3月11日). “サバラーンの生涯 (PDF)”. 2012年7月14年閲覧。

関連項目[編集]