ボウモア蒸留所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボウモア蒸留所外観
ボウモア蒸留所はアイラ島のLoch Indaalを望む位置に建つ(図の中央部)

ボウモア蒸留所 (ボウモアじょうりゅうじょ) はスコットランドアイラ島ボウモアにあるウイスキー蒸留所である。

概要[編集]

ボウモア蒸留所は、多くのシングルモルト・ウイスキー蒸留所のあるアイラ島の中でも最古である[1]。アイラ島の蒸留所の中で唯一エリザベス女王が訪問[2]。その時には専用のウイスキー樽を作って歓迎、その後も倉庫の奥に飾っている[2]

操業開始は1779年[1][3]。しかし、経営が悪化してからはオーナーが替わりつづけた[1]1989年、日本の酒類メーカーサントリーによって30%の資本参入を経て、1994年には完全子会社化[1]。以降サントリーがボウモア蒸留所のオーナーである。サントリーが資本参入する前は、経営が悪化していたため蒸留はあまりしておらず、熟成に用いる樽も古いものを再利用していた[4]。サントリーは資本参入後、建て直しを実施した[4]

ボウモア蒸留所では、ピート(泥炭)の影響の濃いラーガン川を仕込み水の水源とし、バーボン樽やオロロソ・シェリー樽による熟成を行う。樽の熟成庫は、海に面し、一部は海水面より下にある。サントリーはボウモアを「アイラモルトの女王」と表現する。

前述のとおりサントリーがオーナーである事から、日本から輸出される山崎白州のイギリス国内の発売元も担当している。

シングルモルトウイスキー「ボウモア」[編集]

ボウモア
Bowmore2.jpg
基本情報
種類 スコッチウイスキー
詳細分類 シングルモルト
度数 43度
主原料 大麦、酵母
原産国 イギリス(スコットランド)
原産地 アイラ島
製造元 ボウモア蒸留所
販売元 サントリー (日本の旗 日本)
詳細情報
褐色(透明)
熟成 バーボン樽・シェリー樽 12〜37年
テンプレートを表示

ボウモア蒸溜所で作られるシングルモルトウイスキーは「ボウモア」の名で流通している。日本ではボウモア蒸溜所のオーナーであるサントリーが販売元である。

テイスト[編集]

製品ラインナップ[編集]

  • ボウモア 12年
  • ボウモア 15年ダーケスト
  • ボウモア 18年
  • ボウモア 25年
  • ボウモア シングルセレクト - 8年熟成の成城石井限定商品(現在は販売終了)[5]
  • ボウモア スモールバッチ

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 永井隆 「第2章 各社、総合酒類化へ」『ビール最終戦争』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2006年7月1日、第1刷、55ページ。ISBN 4-532-19347-8
  2. ^ a b 野地秩嘉 「チーフブレンダーの技と素顔」『サービスの達人たち』 新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年10月10日、88、89ページ。4-10-290124-8。
  3. ^ 野地秩嘉 「チーフブレンダーの技と素顔」『サービスの達人たち』 新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年10月10日、82ページ。4-10-290124-8。
  4. ^ a b 永井隆 「第2章 各社、総合酒類化へ」『ビール最終戦争』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2006年7月1日、第1刷、61ページ。ISBN 4-532-19347-8
  5. ^ 【成城石井公式ブログ】 成城石井 Top Buyer Blog | 成城石井オリジナル「ボウモア」新登場!!” (2009年2月14日). 2010年4月26日閲覧。
  6. ^ “英女王、新空母に命名「クイーン・エリザベス」 英海軍最大”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年7月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3019751?ctm_campaign=nowon 2014年7月7日閲覧。 

外部リンク[編集]