クイーン・エリザベス (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RMS Queen Elizabeth.jpg
船歴
船籍 イギリス
所有 キュナード・ライン
運航 キュナード・ライン
発注 1936年
起工
進水 1938年9月27日
命名 1938年9月27日
処女航海 1940年3月3日
その後 1975年香港で解体
性能諸元
総トン数 83,673t
排水量 約83,000+t
全長 1,031ft(314m)
全幅 118ft(36m)
全高 233ft(71m)
喫水 38ft(12m)
機関 蒸気タービン 4基
出力 200,000馬力
推進器
航海速力 約28.5ノット(52.8km/h)
最高速力 32.0ノット(59.3km/h)
定員 乗客2,283名
クルー1,000+名

クイーンエリザベス(Queen Elizabeth)は、キュナード・ラインの航路客船。ロイヤル・メールを運ぶ契約を結ばれた(RMS)。

概要[編集]

1930年代スコットランドクライドバンクジョン・ブラウン・アンド・カンパニー造船所で建造され、イギリス国王・ジョージ6世の妃・クイーンエリザベス[1]にちなんで命名された。就航当時は世界最大の客船で、その後56年間その座を保持した。最初の航海は第二次世界大戦による徴用船として1968年まで就航した。クイーン・メリーとクイーン・エリザベスは毎週サウサンプトンからシェルブールニューヨークまで20年以上運航された。

歴史[編集]

就航[編集]

1930年代スコットランドクライドバンクジョン・ブラウン・アンド・カンパニー造船所で建造され、イギリス国王・ジョージ6世の妃・クイーンエリザベスにちなんで命名された。1938年9月27日に進水した後に徴用され、1940年3月3日に就航した。当時は世界最大の客船であった。

徴用船[編集]

1939年9月に勃発した第二次世界大戦中、クイーン・エリザベスとクイーン・メリーはカナダシンガポール(対日戦勃発前)、シドニーへ徴用され、兵員を輸送した。高速性を活用することで、護送船団なしでも潜水艦の脅威を回避した。大戦中の輸送人員は75万人以上、航海距離は50万マイル(90万キロメートル余り)にも及んだ。船長はジョン・タウンリー(John Townley)、アーネスト・フォール(Ernest Fall)、C・ゴードン・イリンズワース(C. Gordon Illinsworth)、C・M・フォード(C. M. Ford)とジェイムズ・ビゼット(James Bisset)が務めた。

クイーン・エリザベスは当初、オーストラリアから作戦地域であるアジアアフリカで運航された[2]1942年以後はアメリカヨーロッパの間で北大西洋にて運航された[2]

航路客船[編集]

1945年8月の第二次世界大戦の終結に伴い、軍役から戻ったクイーン・エリザベスは、ジョン・ブラウン(John Brown)造船所で内外装を大幅に改修され、ようやく旅客船として北大西洋航路に投入された。

しかし1950年代に入ると、ダグラスDC-6ロッキード コンステレーションなどの大型旅客機が大西洋横断路線に就航し、さらに1958年には、大型ジェット旅客機のボーイング707が就航しロンドン - ニューヨーク間を6時間程度で結ぶとともに、運賃も低下したことにより、1960年代に入りクイーン・エリザベスをはじめとする北大西洋航路定期船の乗客は急激に減り、採算性は低下した。

ビクトリアハーバーに放置されたクイーン・エリザベス

2隻の“クイーン”を維持することはキュナード社にとって燃料費、人件費によって重荷になった。キュナードは両方の船を1969年に退役させ、初代より小型で経済的なクイーン・エリザベス2(QE2)を使用した。

最期[編集]

退役後、アメリカのフィラデルフィアの実業家に売却されたが、資金難のため1970年香港の船会社に転売された。香港の造船所で洋上大学への改造が行われていたが、1972年1月9日に火災を起こして沈没した。その残骸は2年あまりビクトリア・ハーバーに放置されていたが、『007 黄金銃を持つ男』のロケが行われた後、1974年から1975年にかけて解体された。

なお、2010年には、キュナード社の新しいクルーズ客船であるクイーンエリザベスが就航した。

脚注[編集]

  1. ^ 1952年、長女・エリザベスの即位により王太后になった。
  2. ^ a b http://www.ayrshirescotland.com/ships/ships/042queenelizabeth.html

外部リンク[編集]

記録
先代:
ノルマンディー
世界最大の客船
19401972年
次代:
フランス