セルビア (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルビア
SS Servia.jpg
セルビア(SS Servia)
基本情報
船種 オーシャン・ライナー
船籍  イギリス
所有者 キュナード・ライン
母港 リヴァプール
経歴
進水 1881年3月1日
処女航海 1881年11月26日
最後 1902年に解体
要目
総トン数 7,392トン
長さ 515 ft (157 m)
52.1 ft (15.9 m)
デッキ数 4層
その他 煙突数: 2本
テンプレートを表示

セルビア: SS Servia)は、キュナード・ライン所有のオーシャン・ライナーであった。スコットランドジョン・ブラウン・アンド・カンパニーで建造され、1881年3月1日に進水した。2本の煙突と4つのデッキ(プロムナード・デッキは含まない)を持ち、全長515 フィート (157 m) 、全幅52.1フィート (15.9 m) であった。セルビアは同年11月26日リヴァプール - ニューヨーク間で処女航海を行い、1902年に解体されるまで使用され続けた。

セルビアはキュナード・ラインで初めて鋼鉄製の船体を持ち、また、白熱灯を搭載していた船舶であった。

参照[編集]

記録
先代:
シティ・オブ・ベルリン
世界最大の客船
1881年
次代:
シティ・オブ・ローマ