ブリタニア (蒸気船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RMS Britannia 1840 paddlewheel.jpg
ブリタニア
船歴
起工 1840年
進水 1840年2月5日
就航 1840年7月4日
その後 1880年に標的艦として処分
仕様諸元
総トン数 1,154トン
全長: 63 m
全幅: 10.3 m
出力: 約740i.h.p
機関: 蒸気機関、外輪
速力: 最高: 10.98 ノット
定員: 115名
マスト 3本

ブリタニアRMS Britannia)は、ロバート・ダンカン&カンパニーが1840年に初めて建造したオーシャン・ライナーの1隻である。

概要[編集]

ブリタニアは、スコットランドのロバート・ダンカン&カンパニーで建造され、1840年2月5日に進水した。キュナード・ラインの所有で、姉妹船にアカディア、カレドニア、コロンビアが存在する。

性能[編集]

ブリタニアは比較的小型の船で、全長63m、全幅10.3m、補助用の帆を取り付ける3本のマストがあった。外輪船でエンジン出力は約740i.h.p、速力は比較的速く、約10ノットであった。総トン数は1,154トンで、乗客定員は115人、乗務員は82人であった。

処女航海[編集]

処女航海は1840年7月4日で、ハリファックス - リヴァプール間を航海日数12日10時間で横断し、復路では10日間、平均速力10ノットを記録した。なお、その後の8月14日の航海で速力10.98ノット、航海日数9日21時間44分を記録し、グレート・ウェスタンの記録を更新してブルーリボン賞を受賞している。同年8月に姉妹船アカディアと、同年10月にカレドニアと、翌年1月にコロンビアと合流し、4隻は乗客115人と225トンの荷物を運搬した。ダイニング・レストランは上甲板上の前後に長い船室の中にあり、女性専用のサロンも用意されていた。ハリファックスまでの運賃は35ギニーで、これには飲食代も含まれていた。

1842年5月11日に再びグレート・ウェスタンに記録を更新された。

軍の徴用[編集]

ブリタニアは、1849年3月にキュナード・ラインからドイツ海軍に売却され、バルバロッサ(SMS Barbarossa)と改名した。バルバロッサは9門の砲を搭載し、カール・ルドルフ・ブロミー提督の旗艦として1849年のヘルゴラント海戦に参加した。1852年6月にプロイセン海軍に移籍され、ダンツィヒ(グダニスク)で宿泊艦として使用された。1880年5月にプロイセン海軍から除籍され、同年7月に標的艦として沈められた。

関連項目[編集]

記録
先代:
グレート・ウェスタン
ブルーリボン賞 (船舶)(東回り航路)保持船舶
1840年~1842年
次代:
グレート・ウェスタン