イヴァーニア (客船・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
船歴
所有 キュナード・ライン
建造 スワン・ハンター造船所
進水 1899年
竣工 1900年
その後 ドイツの潜水艦UB-47に攻撃され沈没
性能諸元
総トン数 13,799トン
全長 600フィート(183m)
全幅 64フィート(19.5m)
煙突数 1
マスト数 4
船体 鋼鉄
機関 蒸気機関
スクリュー2軸
巡航速力 15ノット
乗客定員 1等客:164名
2等客:200名
3等客:1,600名
合計:1,964名

イヴァーニア(英:SS Ivernia)は、キュナード・ライン所有の船舶だった。イギリスニューカッスル・アポン・タインスワン・ハンター造船所で建造され、1899年に進水した。イヴァーニアはキュナード・ラインの所有していた中級船舶のひとつで、巨大な特徴的な煙突を持ち、主に移民の輸送に使われた。最初にリヴァプール - ボストン間で運航され、その後トリエステ - ニューヨーク間に切り替えられた。第一次世界大戦が勃発すると、1914年7月イヴァーニアはイギリス政府に徴用され輸送船として軍に引き渡された。

1917年1月1日、イヴァーニアはギリシャマタパン岬沖南東58マイルの地点でドイツの潜水艦UB-47に攻撃され、1時間も経たないうちに沈没した。生存者はクレタ島に流れ着き、この事故で120名の死者がでた。

外部リンク[編集]