ブリタニック (客船・3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RMS Britannic (1929).jpg
船歴
起工
進水 1929年8月6日
就航 1930年6月28日
その後 1960年に解体
性能諸元
総トン数 26,943トン
全長 217.0m(712フィート)
全幅 25.1m
吃水
機関 ディーゼル 2基
出力 20,000馬力
航海速力 18.0ノット
乗客定員 1553名

ブリタニック (RMS Britannic)は、イギリスの客船。1929年に進水し、1930年に竣工した。

概要[編集]

竣工[編集]

ブリタニックは、イギリスの造船会社、ハーランド・アンド・ウルフによって建造。総トン数26,943トン、全長217.0m(712フィート)。1929年8月6日に進水した後、ホワイト・スター・ラインに引き渡された。ホワイト・スター・ラインの所有する客船で唯一ディーゼルエンジンを使用している。尚、姉妹船にジョージック(RMS Georgic)が存在する。

ブリタニックは評判が良く、特に調度品はアール・デコとよばれる様式でつくられており、極めて豪華だった。

航海[編集]

処女航海は1930年6月28日リヴァプール-ベルファスト-グラスゴー-ニューヨークのルートだった。冬は特にカリブ海を航行するルートになっており、1934年ホワイト・スター・ラインからキュナード・ラインへ移籍。1935年から第二次世界大戦までロンドン-ニューヨークを結んでいた。

第二次世界大戦では1948年に通常の航海にもどるまで兵士を合計180,000人、距離376,000マイルを航行した。

その後[編集]

ホワイト・スター・ラインがキュナード・ラインに合併されたことによってできたキュナード・ホワイト・スター・ライン1950年キュナード・ラインと統合されたが、その後もブリタニックの塗装はホワイト・スター・ライン時代のままで、マストにはキュナード・ラインの旗の下にホワイト・スター・ラインの旗が残っていた。 1950年6月、パイオニル・ランドと衝突事故を起こしたが修理されて使われ続けた。

最後の航海[編集]

1960年11月25日、最後の航海としてニューヨークを出航。元ホワイト・スター・ラインの所有で、大西洋を横断していた船としてはこのブリタニックが最後だった。そして1960年12月2日リヴァプールに到着。同年12月16日、解体工事のためリヴァプールを出航、解体された。

関連項目[編集]