ブリタニック (客船・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RMS Britannic.jpg
船歴
起工 1911年11月30日
進水 1914年2月26日
就航 1915年12月23日
その後 1916年11月21日に沈没
主要目
総トン数 48,158トン
排水量 53,000トン
全長 269.1 m
全幅 29.0 m
吃水 10.5 m
機関 四連成レシプロエンジン20000馬力×2基 低圧タービン16000馬力×1基
速力 24ノット(設計最大)
乗客定員 3598名(乗組員も含めて)
徴用され塗装が変更されたブリタニック
沈没するブリタニック

ブリタニックHMHS Britannic, HMHSはHis Majesty Hospital Shipの略)は、イギリス客船オリンピックタイタニックの姉妹船で、最後に竣工した。

20世紀初頭に造船業としての勢力を保っていたハーランド・アンド・ウルフ社の会長が、ホワイト・スター・ライン社のブルース・イズメイ社長に3隻の大型客船の造船計画を発案したのが発端である(3隻まとめてオリンピッククラスと呼ばれていた)。

船歴[編集]

予算上、ドックの関係で2隻のみが先立って造船され、1908年に一番船オリンピックが、その1年後の1909年に二番船タイタニックの造船が開始された。そしてオリンピック進水式の年の1911年に三番船の造船が発表された。

本来この三姉妹の基本的な図面は全く同じであるが、実際先立って乗客を乗せて航海を始めた一番船オリンピックの問題面や改善点を受けて、二番船であるタイタニックは若干の仕様が変更された。

ブリタニックもタイタニックの仕様を受けて造船される予定であったが、1912年4月15日に起こったタイタニックの沈没を受けて、設計が大幅に変更された。また、底部のみだった2重船底を側面まで延長し、さらに防水隔壁(タイタニックではEデッキまでしかなかった)をBデッキまでかさ上げする処置がとられた。さらに最上部のボート甲板、船尾楼甲板にはクレーン式のボートつり柱の取り付けが決定し、3等船客用の遊歩甲板は標準型救命ボート12隻で埋め尽くされた。このクレーンは短時間で多数のボートを下ろすことが出来た。

さらに、オリンピック、タイタニックの船長を務めたエドワード・ジョン・スミスが巨大船に充分慣れていなかったことを遅まきながら認識し、当時オリンピック級に匹敵する巨大船ルシタニアモーリタニアアキタニアを保有していたキュナード・ライン社から、巨大船の扱いに熟練したチャールズ・バートレットを呼び、ブリタニックの艤装工事を監督させ、船長に就任させた。また、タイタニック沈没以前に内定していた船名ジャイガンティック (Gigantic) をブリタニックと改名し、1914年にようやく進水式を迎える。

第一次世界大戦[編集]

1914年に進水式を迎えたブリタニックは、第一次世界大戦勃発により竣工が翌年に延ばされた。竣工直後の1915年12月12日イギリス海軍省の命により病院船として徴用された(この時、オリンピックも軍事物質輸送船として徴用される)。船体は純白に塗られ、船体には緑のラインと赤十字が描かれた。

最後の航海[編集]

1916年11月12日14時23分、ブリタニックはレムノス島へ向けてサウサンプトンから出航した。これはブリタニックの地中海での6度目の航海であった。11月15日夜中にジブラルタル海峡を通過し、11月17日朝に石炭と水の補給のためナポリに到着した。

嵐のため、ブリタニックは19日午後までナポリに滞在していた。天候が回復した隙にブリタニックは出航したが、出航後すぐに再び海は荒れ始めた。だが翌朝には嵐は収まり、ブリタニックは何の問題もなくメッシーナ海峡を通過した。11月21日の早い時間にマタパン岬を回り、朝にはブリタニックはケア島スニオン岬の間のケア海峡に入った。しかし8時12分、ブリタニックは触雷した。船長チャールズ・バートレットは防水扉を閉じるよう命じたが、なぜか浸水は止まらなかった。しかたなくエンジンを再起動してケア島に乗り上げようと向かったが、船体に穴が開いたにもかかわらず航行したので、結果的にタイタニックの3分の1の50分で沈没することになった。

死者の21名の大半は、船尾が持ち上がり始めた際にスクリューに巻き込まれた2隻のボートに乗っていた人員であった。この2隻のボートの唯一の生存者は、タイタニックで女性客室係を務めていたヴァイオレット・ジェソップだった。彼女はボートの下に潜ったため、頭蓋骨折の重傷を負いながらも生き延びることができたのだった(このとき彼女は救急看護隊看護婦の制服を着ていた)。他の救命ボートに乗った人たちはほとんど救助されている。

80年目の真実[編集]

タイタニックより改良を加えたはずの船がなぜ短時間で沈んだのかは、最近まで謎だった。第一次世界大戦後の英海軍の調査では結論がでなかった。船長のバートレットはUボート魚雷によると考えていた(ドイツ側の記録によると、ブリタニックが触雷する3週間前に12個の機雷をケア海峡に敷設したとされ、U-73の艦長グスタフ・ジースも戦後証言している)。

1996年にケア海峡で本格的な探査が行われ、沈没の原因があきらかになった。120メートルの海底に沈む船体内部に入り、機関室とボイラー室を調査した結果、閉じたはずの防水扉が何箇所か開いていることがわかった。

潜水艦が出没する海域では扉を全て閉じることになっていたが、それでは業務上不便極まりないので、浸水した時扉の横にある手動レバーで閉じられるという理由から開けてあった。しかし、被雷時のショックかなにかで電気系統が故障し、開いたままになってしまったと思われる。

さらに、沈没地点の南の海底域に、機雷の基部と思われる物体や本体の破片がソナーで確認された(敷設海域がドイツ側の記録と一致した)ことから、魚雷ではなく機雷であることが明白になった。

規則により全て閉じられていたはずの舷窓が多数開いていたことも分かった

ブリタニック号はもともと北大西洋航路用の船であり、冷房はなかった。暑い地中海航路では、ボイラー室の真上にある海面に程近いEデッキでは相当蒸し暑かったに違いなく、そのために規則違反でありながら、多数の窓を開かれていたのであろう。

その結果、より多量の海水が船内に流れ込み、沈没を早めてしまったのだろうと推測される。

また、沈没の原因として石炭庫で粉塵爆発があったと言われていたが、船体にその痕跡はみとめられなかった。

沈没の原因は船底での二次爆発が原因ではなかった。

つまり、大量の海水の浸水を許し沈没の原因となったのは先の規則の不徹底が原因であり、そうなった要因は鋼鉄を繋いでいるリベットが被雷の衝撃で抜け、ボイラーを守っている2重の防御膜が外側から内側へとへめくり上がったためである。 結果的としてタイタニックより改良されながらも、機能が十分に発揮されなかったため、タイタニックよりも短時間で沈没することになってしまった。

関連作品[編集]

  • ブリタニック』 (Britannic) (ブライアン・トレンチャード・スミス監督、2000年イギリス映画)

関連項目[編集]