タイタニックの最期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイタニックの最期
Titanic
監督 ジーン・ネグレスコ
脚本 チャールズ・ブラケット
ウォルター・ライシュ
リチャード・ブリーン
製作 チャールズ・ブラケット
出演者 クリフトン・ウェッブ
バーバラ・スタンウィック
音楽 ソル・カプラン
ライオネル・ニューマン(指揮)
撮影 ジョー・マクドナルド
編集 ルイス・R・ローファー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年4月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,805,000[1]
興行収入 $2,250,000[1]
テンプレートを表示

タイタニックの最期』(タイタニックのさいご、原題・英語: Titanic)は、1912年タイタニック号沈没事故を題材にした1953年公開のアメリカ合衆国の映画である。

解説[編集]

  • 第26回アカデミー賞脚本賞受賞。
  • 沈没事故の起きた1912年に発表された米国議会および英国商務省の調査報告書に基づいて製作されているため、その後に判明した事実とは異なる部分がある。

あらすじ[編集]

ジュリア・スタージェスは、上流階級の夫リチャードを捨て、17歳の娘アネットと10歳の息子ノーマンを連れて実家のあるミシガンに戻るため、タイタニック号に乗船した。そんなジュリアを追って、半ば強引に乗船したリチャードはジュリアが子供たちを連れて行く理由を問い質す。

一方、遠征からの帰途にあったパデュー大学のテニス選手ギフはアネットに一目惚れする。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Definitive Titanic Film: A Night to Remember by Jeffrey Richards, 2003

外部リンク[編集]