P-1 (哨戒機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

P-1

海上自衛隊 P-1 5504

海上自衛隊 P-1 5504

P-1は、防衛省技術研究本部川崎重工業が開発し、川崎重工業が製造、海上自衛隊が保有・運用する固定翼哨戒機である。ターボファンエンジン4発の中型機で、海上自衛隊がP-3Cの後継機として運用する。

2007年平成19年)9月28日に初飛行した試作機の型式名称はXP-1であったが、2013年(平成25年)3月12日の開発完了の正式発表をもってP-1となった。最初の2機は、2013年3月29日に厚木基地に配備された[1][2]

導入経緯[編集]

XP-1と、P-3C哨戒機が並行飛行している様子(2009年岐阜基地

開発までの推移[編集]

防衛庁(現防衛省)では川崎重工業ライセンス生産したアメリカ合衆国対潜哨戒機ロッキードP-3Cオライオンを利用してきたが、更新時期が迫ったために次期固定翼哨戒機(当初MPAと呼称)を検討、国内技術の育成を考え、2000年平成12年)に国産とすることを発表、次年度予算を取得した。次期哨戒機P-XとC-X次期輸送機(後にXC-2)の同時開発を図り、開発費は両機合わせて3,400億円とされた。両機種は部品を一部共用化し、コスト削減を図るとされた[3]

哨戒機の国内開発は日本の航空産業界長年の希望であり、これまでも川崎重工業P-2J対潜哨戒機新明和工業PS-1対潜哨戒飛行艇を生産した。また、1968年(昭和43年)からのP-2J後継機PX-L選定では、当初政府が国内開発の方針を採ったことから、川崎は国産4発ジェット哨戒機を構想して実物大模型まで製作して意気込みを見せたが、防衛予算圧縮と米国機採用の圧力を受けた田中内閣の政治判断により1972年(昭和47年)に国内開発は撤回、1977年(昭和52年)にP-3Cのライセンス国産が決定した経緯がある。

しかしながら、上記のような防衛庁の国産派と航空機産業の希望とは裏腹に、海上自衛隊では次期哨戒機には早くからボーイング757をベースとする案が浮上し、防衛庁内局ではB-757よりも大型のボーイング767をベースにした機体や、アメリカ海軍が開発していたP-8の導入を勧める声が高まり、後に海自もこのP-8計画に便乗する形で、「日米でP-8を共同開発すべきだ」との意見が強まっていった[4]。P-Xを巡る国産派と開国(米国機調達)派の防衛庁を二分する対立は、後にP-Xの国内開発に批判的な石破茂防衛庁長官就任により、激しさを増していくことになる。

平成13年度予算の要求53億円は満額が認められ、2001年(平成13年)初めより技術研究本部(技本)によって研究が行われた。5月25日に航空メーカーを選定する旨を官報にて告示、30日まで希望メーカーを募集した。応募した8社を招いて31日に説明会が開催され、7月31日午後5時を期限として、仕様の提出を行わせた。なお、1社は希望を撤回した。

主契約では川崎がP-X・C-Xの両機製作を希望、富士重工業が両機製作の新会社設立を提案、三菱重工業はどちらか一方(C-Xを希望)とした。分担生産では、川崎が主翼と水平尾翼、富士が主翼・水平尾翼・垂直尾翼・翼胴フェアリング・C-Xのバルジ、三菱が中胴・後胴・垂直尾翼、さらに新明和工業日本飛行機昭和飛行機ジャムコが各部品を希望、計7社が参加を表明した。11月26日に防衛庁は主契約企業に川崎を選定したと発表、「次期輸送機及び次期固定翼哨戒機(その1)」(以下C-X/P-X)契約が締結され、三菱・富士を筆頭に各社が分担生産することとなった。平成14年度予算の要求410億円が承認され、開発が開始された。

なお、このとき一部で国産旅客機YSX」と共通化させると報じられたが、2001年末に防衛庁と川崎は共同で否定している。しかし、川崎で計画中の125席クラスジェット旅客機(2007年に実現を最終決定)では、P-Xの主翼技術を利用するとしている。また、日本航空機開発協会(JADC)では、平成14年(2002年)度よりP-XおよびC-Xを民間旅客機(100席-150席クラス)へ転用するための開発調査を行っている。

機体開発[編集]

開発計画は、設計が平成13年度~16年度、試作が平成15年度~21年度、試験が平成18年度~23年度(2012年3月まで)、契約は毎年度ごとに「その1」から「その7」まで7段階に分かれ、総開発費は若干増額されて3450億円とした。防衛庁ではすでに、1990年代から国内の電子機器メーカーとともに哨戒機器の研究を行ってきており、P-Xは機体・エンジン・内装を含め、完全な国産機である。中型機2機の同時開発は世界的にも珍しい。

2001年(平成13年)度に防衛庁と技本・川崎の間で「C-X/P-X(その1)」が契約され、川崎は社内に大型機設計チーム・MCET(MPA and C-X Engineeiring Team)を設置、三菱・富士・日本飛行機などの出向を含め約650名によって設計作業を開始した。基本図は防衛庁(現 防衛省)技術研究本部による技術審査にまわされ、2003年(平成15年)6月12日に「妥当」と判断された。これにより、三面図と性能諸元が想定できるエンジンの範囲内で確定した。翌日からは細部設計に段階に移行し、製造図を2004年(平成16年)に完成させ、12月にP-X/C-Xの木製モックアップ(実物大模型)を公開した。また、同年11月から12月にかけて搭載する国産ターボファンエンジンXF7-10(石川島播磨重工業(現IHI)主契約、後述)をC-1FTBに搭載しての飛行試験が技本によって行われた。

2002年(平成14年)3月から2005年(平成17年)3月にかけて、機体設計と同時に、同盟国アメリカ海軍を中心とした各国軍との相互運用性(インターオペラビリティ)を確保する為、日米両者による「P-3C後継機の電子機器に関する共同研究」が行われた。この研究はP-Xと共にアメリカ海軍の次期哨戒機P-8Aにも反映され、P-3Cの利用によって共通性を持っていた両者は、機種更新後も運用共通能力が確保され、これまでと同等の作戦を行うことが出来るとされている。この研究は2006年(平成18年)9月末に終了が確認された。

2003年(平成15年)度に契約された「C-X/P-X(その3)」により、静強度試験機#01号機の建造が開始された。2006年(平成18年)3月より技術研究本部第3研究所(4月に組織改編があり、航空装備研究所へ改組)に搬入、10月6日の完成検査によって「妥当」(合格)と判断され、10月13日に納入された。この静強度試験において、防衛省は2007年(平成19年)7月30日に、P-Xの水平尾翼の一部や胴体の床構造の一部が変形したと発表した[5]

2004年(平成16年)度に契約されたC-X/P-X(その4)」により、飛行試験機1号機(機体番号:5501)の建造が開始された。2007年(平成19年)3月のロールアウト、同年夏の初飛行を予定していたが、直前の2月に、輸入した米国製リベット(長さ13.5mm)の強度不足が判明し、使用箇所の確認(数千箇所)と交換、再検査をする必要があるためロールアウトは延期され、5月になって技本ウェブサイトで飛行試験1号機の全体写真が初めて公開された。防衛省航空機課が6月7日に発表した調査結果によれば、交換が必要なリベット数は161点に上り、ほとんどのリベットは川崎によって交換されたが、4カ所の不適合リベットは周囲のリベットをより強度の大きいファスナー類に交換することで処置した。航空機課ではこの改善処置により、機体強度の問題点は解消されたとしている。また、エンジンの地上試験中にベアリングが損傷した為、試作機のエンジン転載に時間を要した。不具合についてはベアリング保持器の形状を変更することで解決したとしている。

1号機のロールアウト(完成披露式典)は2007年7月4日に行われた。8月29日大安)に実施される予定だった社内初飛行は、静強度試験の結果により延期され、9月28日に川崎重工に隣接する岐阜基地で、川崎社員9名によって約1時間にわたり行われた。この飛行の際、呼称はXP-1とされた。1号機は11ヶ月の社内試験を経て、翌2008年(平成20年)8月29日に防衛省へ納入され、9月5日に岐阜から運用試験が行われる海上自衛隊厚木航空基地へ自力移動した。

2005年(平成17年)度にが契約された「C-X/P-X(その5)」により、疲労強度試験機(#02号機)と飛行試験機2号機の建造が開始された。#02号機は2008年に納入され、疲労強度試験は宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 航空宇宙技術センター飛行場分室で行われる。また、飛行試験2号機 (5502) は2008年6月19日に進空し、08年度内に納入される予定である。2007年(平成19年)度の「C-X/P-X(その7)」が最終契約となる。

2013年(平成25年)3月12日、防衛省より機体開発完了と、P-1として厚木基地へ最初の2機を配備することが発表された[1]

開発には国内各社から延べ1,800名の技術者が参加した。なお、ロールアウト時点での開発総額は3,500億円となっている。

年表[編集]

  • 2000年(平成12年)
    • 次期輸送機 (C-X)・次期固定翼哨戒機 (MPA) の国内開発を決定。
  • 2001年(平成13年)
    • 5月25日 - 防衛庁が官報にて、30日まで契約希望メーカーを募集する。
    • 5月31日 - 希望メーカー8社を招いて説明会、7月31日午後5時を期限として仕様の提出を要求。
    • 7月31日 - 希望各社が仕様の提出。主契約希望3社、分担生産希望7社となる。
    • 11月26日 - C-X・P-X (MPA) 開発の主契約企業に川崎を選定。直後にYSX関連の報道が流れ、防衛庁と川崎は即座に否定。
  • 2003年(平成15年)
    • 6月12日 - 技本がC-X・P-Xの技術審査の結果「妥当」と判断。翌日より細部設計に移る。
  • 2004年(平成16年)
    • 7月20日 - 読売新聞夕刊が、石破茂防衛庁長官が米海軍の737MMAの導入を検討していると報道。
    • 10月2日 - 共同通信が、防衛庁の長官報告書による庁内事情を報道。737MMA導入の報道は、ミサイル防衛システム導入予算を確保すべく国内開発の予算を削減したい石破長官と、国産推進派の防衛官僚が対立した結果であった。9月の長官交代により暗闘は終結した。
    • 10月28日 - 防衛庁がP-XエンジンにIHIなどが開発した国産XF7-10と決定。
    • 11月~12月 - C-1FTBでXF7-10エンジンの飛行試験を行う。
    • 11月9日 - 島津がC-X・P-X搭載機器の試験場を竣工。
    • 12月2日 - 日本経済新聞がXF7-10エンジン採用の正式決定を報道。
    • 12月2日 - 岐阜工場(C-X用)内でC-X・P-Xの実物大模型を展示。
  • 2005年(平成17年)
    • 4月25日 - 富士重工業からP-Xの中央翼が初納入される。
    • 12月16日 - 富士からP-Xの主翼が初納入される。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月 - P-Xの静強度試験用供試機 (#01) が防衛庁に搬入され、組み立てを開始。
    • 5月31日 - 経済産業省主催の民間機開発推進関係省庁協議会において、川崎が国土交通省に対し、C-X/P-Xに関する防衛庁の試験データを国交省の形式証明取得に流用できるように、防衛庁の試験に立ち会うことを要望する。防衛庁もデータ開示に協力すると表明。主にP-X技術を川崎の125席クラス旅客機へ転用する為と見られる。
    • 9月28日 - 第25回日米装備・技術定期協議が行われ、「P-3C後継機の搭載電子機器に関する共同研究」(2002年3月より3年間)の終了を確認。
    • 10月6日 - 静強度試験用共試機 (#01) の完成審査が行われ、「妥当」(合格)と判断。
    • 10月13日 - 静強度試験用供試機 (#01) が防衛庁技術研究本部(現:防衛省技術研究本部)へ引き渡される。
  • 2007年(平成19年)
    • 2月2日 - C-X/P-Xに使用される一部のリベット(米国製輸入品)が、所要の強度を有していない事が川崎より防衛省に報告され、交換のためにロールアウトが遅れることを公表[6]
    • 2月 - 大樹町多目的航空公園でXF7-10の屋外試験を開始。
    • 5月 - 技本ウェブサイトで試作1号機 (5501) の全体写真を初めて公開(外部リンク参照)
    • 6月7日 - 防衛省は強度不足のリベットの交換作業を行い、正常なリベットに交換するなどの処置を行い機体の強度に影響が無いことを確認した。また、地上テスト中にエンジン内部のベアリングに損傷が発生し、エンジン換装作業を行うと発表[7]
    • 6月 - パリ国際航空ショーにて、川崎がP-X・C-Xの模型を展示。
    • 7月4日 - P-X・C-Xの試作1号機ロールアウト、完成式典を川崎重工業岐阜工場にて挙行。
    • 7月30日 - 静強度試験中に機体の一部が変形したと発表[5]
    • 9月28日 - 飛行試験1号機 (5501) が岐阜基地で初飛行。名称をXP-1とする[8]。2回目は10月17日、3回目は10月24日、4回目は11月19日で、その後解体点検が行われ、年内の飛行試験は終了した。
    • 9月~10月 - アメリカ空軍アーノルド技術開発センター(米国テネシー州マンチェスター)でXF7-10の高空試験を行う。
    • 12月8日 - 社民党系の厚木基地爆音防止期成同盟約50人がデモを行い、海上自衛隊厚木航空基地に対して、騒音公害と静強度試験での結果を根拠にP-Xの乗り入れ阻止を求める。ただし、P-Xは従来の哨戒機P-3Cよりも騒音が低く抑えられている上、静強度試験は問題箇所の見出しのために行われるものである。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月13日 - 飛行試験を再開。
    • 6月19日 - 飛行試験2号機(5502)が進空。
    • 8月29日 - 飛行試験1号機(5501)が防衛省へ納入される。
    • 9月5日 - 飛行試験1号機(5501)が厚木基地へ移動。
    • 11月6日 - 飛行試験2号機(5502)が厚木航空基地へ配備される。
  • 2010年(平成22年)
    • 5月11日 - 海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)に飛来。性能評価のため基地周辺上空を初めて飛行。14日まで留まった。
  • 2011年(平成23年)
    • 8月2日 - 地上で行われた地上試験用2機の機体に圧力をかける強度試験を行った結果、主翼や胴体のねじ部分周辺など数ヶ所に数ミリ-20センチのひび割れが見つかったと発表。このため部隊配備は2012年度以降となる[9][10]
  • 2012年(平成24年)
    • 9月25日 - 量産型の初号機が初飛行に成功した。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月12日 - 機体開発完了。
    • 3月29日 - 海上自衛隊厚木航空基地に2機配備される[11]
    • 4月28日 - 海上自衛隊鹿屋航空基地の航空祭(エアーメモリアルinかのや2013)へ飛来し、一般展示が行われた。
    • 5月13日 - 川崎重工業が太平洋上で社内飛行試験の際、計器動作確認のため高度約10000mから約8000mへ急降下させた後、エンジン出力を急激に下げながら飛行姿勢を立て直したところ燃焼が不安定になり全エンジンが停止したが、直後の手動再起動により機能回復し緊急着陸した。これを受けて防衛省は、厚木に6月配備予定の2機を配備延期し、配備済みの2機も原因判明まで飛行停止すると公表した。原因は量産開始に伴うエンジン形状の設計変更ではないかと発表されている。
    • 9月27日 - 防衛省は、5月13日の不具合について、エンジンの燃料噴射弁の設計を変えたことが不具合につながったとの調査結果を発表した。調査結果を元に改修を施し、10月中には飛行を再開する見通しとなった[12]
    • 10月22日 - 防衛省は該当エンジンに改修を施し10月23日より飛行を再開すると発表した[13]

調達と配備[編集]

P-1 5503(2013年、鹿屋航空基地)

2010年(平成22年)度以降にP-3Cの減数が始まることに合わせ、中期防衛力整備計画(平成17年度~21年度)で4機の導入が計画され、2008年(平成20年)度予算で初めて4機(量産1号機/通産3号機以降)分679億円の予算が計上された。単年度契約としては4機という比較的大量調達に至ったのは1機当たりの調達価格を低減させるために2年分を一括調達したことによるものである。

従来の海自の作戦用航空機全体の定数は13個隊170機(内、P-3Cは8個隊約80機)であったが、平成17年度以降に係る防衛計画の大綱では9個隊(内、P-3Cは4個隊)150機まで削減された。防衛省ではP-3Cを完全に置き換える方針であるが、P-3Cよりも航続距離・連続哨戒時間が向上したP-1の導入により、さらに少ない約70機で能力を維持できるとしている[14]

2011年、試験中に機体に数か所のひび割れが見つかり、同年度中であった配備予定が遅れていたが[15]、2013年3月12日、防衛省よりP-1の開発完了と厚木基地へ最初の2機を配備することが発表された。

2013年3月26日、岐阜県各務原市の川崎重工業岐阜工場にて量産初号機の納入式が実施され、同月29日午後2時ごろに厚木基地に着陸した。この最初の2機は厚木基地配備となり、2年ほど飛行試験や搭乗員訓練などを行った後、警戒・監視任務に就く予定であるが[2]、同年5月に、速度超過警報装置の作動を確認した後に急減速を行う飛行試験中に全部のエンジン(4基)が停止する不具合が発生したため、2機の飛行停止措置がとられた。この事実は同年6月20日に発表され[16][17]、その原因と対策については同年9月27日に発表された[18]

調達数[編集]

2013年3月末時点の保有機数は4機[19]

P-1の調達数(試験機を除く)
予算計上年度 調達数
平成20年(2008年)度 4機
平成22年(2010年)度 1機
平成23年(2011年)度 3機
平成25年(2013年)度 2機
平成26年(2014年)度 3機
平成27年(2015年)度 20機
合計 33機

機体[編集]

概要[編集]

後方から見たXP-1

哨戒機としては比較的珍しいターボファンエンジン4発の中型機で、P-3Cを若干大きくした程度である。ジェット機ならではの高速性を求めて、主翼・尾翼共に後退翼を備え、主翼は低翼配置、着陸装置の車輪は胴体と主翼の付け根に設置されており、4発であることを除けば、外観は一般的なジェット旅客機と変わらない。なお、これらの形状は1960年代末のPX-L検討で川崎が提案した機体の特徴(4発ジェット機)をいずれも引き継いでおり、川崎がP-3Cの生産中も国産哨戒機の構想を持ち続けていたことが窺える。この4発エンジンには2発エンジンより燃費面および整備コストでは不利になるが、島嶼哨戒地域への到達時間の短縮の必要性、哨戒機器の電源確保や、低高度飛行での騒音軽減・任務時の生存性向上がはかれる。

エンジンはIHIが製造するF7(試験機は XF7-10)が搭載される。このエンジンを含め、機体は全て国産技術となっている。機上整備システムおよび同システムの地上解析装置も川崎によって同時開発される。

操縦系統は、センサー類や精密電子機器との干渉を避ける為に、光ファイバーを使用したフライ・バイ・ライト (FBL) 方式で、海自において装備評価試験機UP-3Cで実験を繰り返したものである。FBLの採用は実用機としては世界初の試みであり、配線の軽量化、消費電力の低減もはかられる[20]

同時に開発されるXC-2輸送機とコックピット風防、主翼外翼(全体の半分)、水平尾翼、統合表示機、慣性航法装置、飛行制御計算機、補助動力装置 (APU)、衝突防止灯、脚揚降システムコントロールユニットを共通化し、機体重量比で約25パーセントが共通部品、搭載システムでは品目数で約75パーセントが共通の装備となっている[21]。これによって開発費が250億円削減できたとしている。

飛行性能はP-3Cから大きく向上しており[20]巡航速度と上昇限度が約1.3倍、航続距離が約1.2倍になることにより[22]、作戦空域到達時間の短縮、単位時間当たりの哨戒面積の向上が見込まれ、防衛省は機体数が削減されても哨戒能力が落ちることは無いとみている。

機体の配色は、試作1号機(5501)が白地に赤のストライプと胴体下面が灰色の、技本試作機の標準色だが、試作2号機および量産機では、低視認性を重視して全面青灰色迷彩(空自・C-130Hの海外展開用機に比較的似ている)が施される。

機体の開発・製造では、三菱が中胴と後胴、富士重工が主翼と垂直尾翼を担当し、日本飛行機も分担生産に参加している。システム面では、搭載レーダーは東芝、音響処理装置は日本電気、管制装置はシンフォニア テクノロジー、自己防御装置は三菱電機、空調装置は島津製作所、脚組み立ては住友精密工業など、国内大手企業が参加している。

哨戒機器[編集]

ミッション用の機器類は機体の飛行試験と並行して開発される。技術研究本部では1990年代より固定翼・回転翼哨戒機用の電子機器を自主開発しており、XP-1装備品もこの延長にあるものになると思われる。米軍との相互運用性確保の為、米軍P-8Aとの共通性を持たせることが決定していたが、結局これは白紙還元され、日本独自開発のシステムを搭載する事になっている[23]

機内のレイアウトはP-3Cに準じたものとなり、コックピット後方の戦術士(TACO)席はバブルウインドウとなっている。胴体上部にESMアンテナが設置され、2つの半球状フェアリングが特徴的である。P-3Cと同じく、機体後部には磁気探知機(MAD)を収納したテイルブームを備える。下方の目標探知能力を強化する為、国産の新型アクティブフェーズドアレイレーダーHPS-106が採用され、機首レドーム内と前脚格納部付近のフェアリングに設置されている。このレーダーにより、P-3Cよりも高高度から微小な目標を探知することが可能となる。

機首下部にはSH-60K哨戒ヘリコプターと同様に赤外線探査装置(FLIR)ターレットを持つが、普段は機首内に格納されており、使用時に機外へ出す。ソノブイ発射口は機体下面、主脚の後部にあり、海面に投下した複数のソノブイの音響や高性能レーダーなどからの情報を一元処理し、潜水艦や不審船を探知する戦闘指揮システムに人工知能を搭載する。また、胴体下面には敵味方識別装置(IFF)アンテナをはじめ、通信・航法・ソノブイ電波受信用のアンテナが設置されている。また、戦術データ・リンクとしてMIDS-LVT端末も搭載する[24]

武装は、P-3C同様に機首の下部に格納庫(いわゆる爆弾倉)を持ち、対潜爆弾航空爆雷)・魚雷を投下できる。主翼の下にはいくつかのハードポイントが設置されており、最大8発の対艦誘導弾などを装備できる。

エンジン[編集]

P-1 5503装備のもの

P-1のジェットエンジンF7ターボファンエンジンである。これは技本が石川島播磨重工業(現IHI)を主契約企業として2000年(平成12年)度からXF-7-10として開発を開始したもので、開発総額は200億円以上。2004年(平成16年)10月に防衛庁の装備審査会議を経て10月28日に正式に採用を決定した。

F7は、離陸時推力が1基あたり約60kN(約6.1トン)と、一般的な50-100席クラス旅客機用エンジンと同水準で、バイパス比は8.2:1。省燃費・低騒音を特徴とする。先行して開発されたXF5-1の技術が移転されており、日米英独で国際共同開発した民間用の同クラスエンジンV2500の経験も役立った。IHIがタービンなど基幹構成品を開発・生産するほか、川崎と三菱も部品を供給する。

推力でいうと航空自衛隊C-1輸送機に搭載するJT8D-9と同等で、同クラスの現用エンジンはGECF34-8Eエンブラエル170が搭載)程度しか存在せず、選択肢の少なさから国内開発となった。

P-1では主翼下パイロンに4基が搭載される。機体搭載状態では内側エンジンにスラスト・リバーサが装備される。エンジンを多数搭載する事はコスト高、燃費性能の悪化をもたらすが、既存の4発機の対潜哨戒機では、哨戒飛行中にエンジンを1〜3発停止させる事で燃費向上を図っており、本機も同様の運用がなされるものと思われる。ちなみにアメリカ海軍のP-8はエンジン双発であるが、それゆえに哨戒飛行中の一部エンジン停止は難しいとされる。

エンジンの騒音は、プロペラ機であるP-3Cに比べて、巡航出力で10デシベル程度、離陸出力で5デシベル程度低減しているとされ、性能向上による発着回数の低下が予想されることと相まって、配備が想定される基地周辺の自治体住民の負担軽減につながることが期待できる。厚木基地周辺の大和市綾瀬市が行った調査でP-3Cに比べ騒音が低減されていることが確認されている[25][26]

能力向上[編集]

量産機配備間もないP-1であるが、2020年代以降の潜水艦の静粛化、高性能化及び行動海域の拡大に対して哨戒機の対潜能力の優位性を確保するため能力向上のための研究が行われている。 具体的には、機材のCOTSリフレッシュ、情報融合能力を有した戦闘指揮システム、レーダーや光学及び音響センサーの信号処理技術の研究などである[27]。平成25年度に研究試作を開始し28年度内に所内試験を終える予定である。

派生型[編集]

海上自衛隊ではP-3Cの派生型をいくつかの用途に使用しているが、これらの後継機もP-1をベースに改造開発されることが有力視されている。最初の派生型として、P-1試作1号機が多用途機UP-1に改修され平成26年度に配備予定である[28]

電子情報・画像情報偵察型[編集]

EP-3(新造5機)・OP-3C(改造5機)については、2005年(平成17年)より耐用年数設定の為の技術検討が行われており、後継機選定のスケジュール設定の目安となるデータを収集している。これらがP-1で代替されれば、製造数は80機程度となる。

早期警戒機型[編集]

防衛省技術研究本部は、2025年頃を目標に遠方から高精度に弾道・巡航ミサイルステルス機をより早期に探知できるように、電波センサと光波(赤外線)センサを融合させて更にパッシブレーダー能力を付与した日本独自の高度な早期警戒機を実現させることを目指している[29]。この母機としてP-1があがっている。

その第一歩として、2000年度から2010年度まで「将来光波センサシステム構成要素技術の研究」の名目でUP-3Cを試験母機にした「将来センサシステム(搭載型)」と呼ばれる航空機搭載型赤外線センサシステムを開発した[30]。このセンサシステムは通称エアボス(AIRBOSS、Advanced Infrared Ballistic-Missile Observation Sensor System)とも呼ばれ、その役割から日本版コブラボールとも呼ばれた。航空機に搭載して運用するため目標の背景が宇宙空間となり、衛星で弾道ミサイルの発する赤外線を探知するより優れた部分もある。2005年(平成17年)11月と2007年(平成19年)12月には米ハワイ州での試験で弾道ミサイルの捜索・探知・追尾に成功した[31]

また、これと同時に「2波長赤外線センサ技術の研究」を2005年度から2012年度まで行っており、2007年(平成19年)度から2012(平成26年)年度まで行う予定だった「将来無人機構成要素の研究」の一部要素を割愛して2007年(平成19年)度から2010(平成22年)年度まで「早期警戒滞空型レーダ技術の研究」を行った[32]。これらの研究の成果を反映して[29]、2010年(平成22年)度から2017(平成29年)度まで「電波・光波複合センサシステムの研究(遠距離探知センサシステムの研究)」の名目で、電波(レーダー)と光波(赤外線)で得られた情報を融合させて目標を探知する航空機搭載型センサシステムを開発している[33]

2015年度概算要求においては「国産大型機への早期警戒機能付与に関する調査研究」という名目で8,000万円が計上されており[34]、2015年中に模擬機を作成する予定である[35]

民間機仕様[編集]

民間機仕様のYPXは100-150席でより小型のボーイング737エアバスA320に対して短距離路線において競争力のある用途が想定されている[36]。エンジンはまだ選定されていない。2015年頃の就航が期待される。川崎重工は現行のボーイング737-700よりも運行経費を最大15%削減することを望んでいる[37]

2007年時点での仕様によると元になるYPX-11は2クラス構成で113席である。YPX-10は2クラス構成で93席、YPX-12は137席で、すべてエコノミー席にした場合約150席が見込まれる。3機種共、標準航続距離は4,260km(2,300海里)だがYPX-10とYPX-11は5,930km(3,200海里)まで拡大された長距離仕様も検討される。

YPXは5列仕様のエコノミー席と旧来のダブルバブルを元にした胴体断面よりも滑らかな楕円形の胴体断面を持つ。 エコノミー席は間隔が46cm(18in)で通路幅は51cm(20in)である。

ただし、2012年時点で、防衛省川崎重工業は「XP-1をほぼそのまま転用した旅客機は市場性に乏しく、新規に近い大幅な設計変更が必要となり成立性が難しい」と指摘している。このクラスの民間機は、コストや燃費性能の兼ね合いから双発機とするのが普通であり、防衛省の資料でも双発とした予想図が示されているが、大幅な改良が必要となる[38]。2013年3月26日、川崎重工業は旅客機への転用について「具体的な動きはない」としている[39]

性能・主要諸元[編集]

出典: flightglobal.com[40][41]

諸元

性能

  • 最大速度: 996km/h (538ノット)
  • 巡航速度: 833km/h (450ノット)
  • 航続距離: 8,000km (4,320nmi)
  • 実用上昇限度: 13,520m (44,200ft)

武装

お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

比較[編集]

P-8とP-1とP-3Cの比較表
P-3C[42][43] P-8[44] P-1
全長 35.6 m 39.5 m 38 m
全幅 30.4 m 37.6 m 35.4 m
全高 10.3 m 12.83 m 12.1 m
最大離陸重量 63.4 t 85.8 t 約80 t
実用上昇限度 8,600 m 12,500 m 13,520 m
発動機 T56A-14 ×4 CFM56-7B ×2 XF7-10 ×4
ターボプロップエンジン ターボファンエンジン
巡航速度 328 kn (607 km/h) 440 kn (815 km/h) 450 kn (833 km/h)
航続距離 3,600海里 (6,600 km)[45] n/a 4,300海里 (8,000 km)[45]
戦闘行動半径 2,380海里 (4,410 km) 2,000海里 (3,700 km)[46] n/a
乗員 11名 9名 13名
運用状況 現役 配備中 現役(P-1)

登場作品[編集]

小説

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b P-1の開発完了及び厚木基地配備について 防衛省2013年3月12日
  2. ^ a b “新型ジェット哨戒機P1、海自が厚木基地に配備”. 神奈川新聞社. (2013年3月30日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1303300012/ 2013年4月3日閲覧。 
  3. ^ 平成15年度 防衛白書「解説 P-X、C-Xの開発状況」
  4. ^ 春原剛『甦る零戦 国産戦闘機vs.F22の攻防』(新潮社)P.77
  5. ^ a b 次期固定翼哨戒機及び次期輸送機の不具合等について 防衛省 2007年7月30日
  6. ^ 次期固定翼哨戒機及び次期輸送機に使用された不適合リベット及びロールアウトへの影響について 防衛省 2007年2月2日
  7. ^ 次期固定翼哨戒機及び次期輸送機に使用された不適合リベットの調査結果等について 防衛省 2007年6月7日
  8. ^ 次期固定翼哨戒機試作1号機の社内初飛行結果について 防衛省 2007年9月28日
  9. ^ 次期哨戒機に複数のひび 導入遅れ、警戒監視態勢に影響も[リンク切れ] 産経新聞(2011年8月2日)2011年8月11日閲覧。
  10. ^ 次期哨戒機「P1」、強度試験で「亀裂」-防衛省、運用試験開始を先送りに 日刊工業新聞(2011年8月3日)2011年8月11日閲覧
  11. ^ 厚木基地に次期哨戒機P1を配備 産経新聞(2013年3月29日)2013年5月4日閲覧
  12. ^ “海自哨戒機トラブル、エンジンの設計変更が原因”. 朝日新聞. (2013年9月27日). http://www.asahi.com/national/update/0927/TKY201309270408.html 2013年9月27日閲覧。 
  13. ^ エンジン不具合の海上自衛隊の最新鋭哨戒機「P1」、23日飛行再開 - [読売新聞][リンク切れ]
  14. ^ “制御に光ファイバー、次期哨戒機P1を納入 川崎重工”. 産経新聞. (2013年3月26日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130326/plc13032614160019-n1.htm 2013年3月27日閲覧。 
  15. ^ [1][リンク切れ]
  16. ^ 新鋭哨戒機「P1」の飛行を停止 エンジンに不具合 厚木基地 産経ニュース 2013年6月20日
  17. ^ 固定翼哨戒機P-1(5号機・6号機)の納入の遅延について 防衛省 2013年6月20日
  18. ^ 固定翼哨戒機P-1のエンジン不具合への対応について 防衛省 2013年9月27日
  19. ^ 平成25年度防衛白書 資料13 主要航空機の保有数・性能諸元
  20. ^ a b “海上自衛隊の次期哨戒機P1、日本の海守る純国産ジェット”. 産経新聞. (2013年3月26日). http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2013/03/26P1/ 2014年5月17日閲覧。 
  21. ^ 来夏には初飛行を予定搭載機器75%を共用 エンジン開発も順調 朝雲新聞 2006年10月5日(2006年10月13日時点のアーカイブ
  22. ^ 新型固定翼哨戒機配備、主権回復記念日式典
  23. ^ 春原剛『甦る零戦 国産戦闘機vs.F22の攻防』(新潮社)P.78
  24. ^ 防衛省 (2011年). “平成23年度行政事業レビューシート - 平成22年度P-1 (PDF)”. 2012年4月6日閲覧。
  25. ^ 次期固定翼哨戒機(XP-1)性能評価の動向 大和市 「広報やまと」 平成20年6月15日号 (No.978) P4
  26. ^ 次期固定翼哨戒機P-1の配備について 綾瀬市 市政情報/計画・政策/厚木基地/基地のトピックス
  27. ^ 平成24年度 事前の事業評価 評価書一覧
  28. ^ 世界の艦船2013年6月号66p
  29. ^ a b 防衛省技術研究本部機関評価報告書(平成22年8月25日)
  30. ^ 平成23年度 事後の事業評価 評価書一覧 将来光波センサシステム構成要素技術の研究
  31. ^ 防衛省技術研究本部 - H17/11:将来センサシステム(搭載型)の性能確認試験H19/12:AIRBOSS ミサイル標的の探知・追尾に2度目の成功
  32. ^ 平成23年度 事後の事業評価 評価書一覧 早期警戒滞空型レーダ技術の研究
  33. ^ 平成21年度 事前の事業評価 評価書一覧 電波・光波複合センサシステムの研究
  34. ^ 総合取得改革に係る諸施策について(平成27年度概算要求) P.15
  35. ^ “早期警戒機、国産化を研究…領空侵犯の監視強化”. 読売新聞. (2014年9月20日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140920-OYT1T50126.html 2014年9月21日閲覧。 
  36. ^ Gibbens, Robert (2008年8月23日). “CSeries to face Japanese competitor”. The Montreal Gazette (Canwest Publishing Inc.). http://www.canada.com/montrealgazette/news/business/story.html?id=9107a512-fe90-48dc-be4c-96951aee6ade 2008年10月10日閲覧。 
  37. ^ Perrett, Bradley (2008年8月15日). “Kawasaki Studies Advanced, Lightweight Competitor to CSeries”. Aviation Week and Space Technology. McGraw-Hill. 2011年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月10日閲覧。
  38. ^ 防衛省大型機の民間転用構想について (PDF) - 防衛省川崎重工業
  39. ^ “川崎重工、哨戒機を納入 旅客機転用は「動きなし」”. 中日新聞. (2013年3月26日). オリジナル2013年3月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20130329145922/www.chunichi.co.jp/s/article/2013032690203642.html 2013年3月28日閲覧。 [リンク切れ]
  40. ^ Japan's test programme for maritime patrol and transport aircraft under way
  41. ^ Japan’s Kawasaki XP-1 patrol aircraft makes first flight
  42. ^ アメリカ海軍 (2009年2月18日). “The US Navy - Fact File: P-3C Orion long range ASW aircraft” (英語). 2013年6月10日閲覧。
  43. ^ Lockheed (1994年2月23日). “Standard aircraft characteristics - P-3C Update II (PDF)” (英語). 2013年6月10日閲覧。
  44. ^ Boeing Defense, Space & Security (2013年3月). “P-8A overview (PDF)” (英語). 2013年6月10日閲覧。
  45. ^ a b 防衛庁 (2002年). “防衛力整備と予算の概要 (PDF)”. 2013年6月10日閲覧。
  46. ^ Military-Today.com (2013年). “Boeing P-8 Poseidon Maritime Patrol Aircraft” (英語). 2013年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]