プリンス・オブ・ウェールズ (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pa2 uk.svg
艦歴
発注 2008年5月20日
起工 2011年5月26日
進水
就役
退役
その後
除籍
性能諸元
排水量 基準:45,000t 満載: 67,669t
全長 284m
全幅 39m
吃水 9.9m
機関
最大速力 26 kt
航続距離 10,000 海里(18,520 km)
乗員 操艦:767名 航空要員:610名 司令部要員:95名
兵装 ファランクスCIWS3基 30mm単装機銃4基
搭載機 V/STOL機(F-35B、平時36機程度、戦時には最大48機)
ヘリコプター数機

HMS プリンス・オブ・ウェールズ英語: Prince of Wales)はイギリス海軍が現在建造している航空母艦クイーン・エリザベス級航空母艦の2番艦である[1][2]

設計[編集]

本艦と姉妹艦の「クイーン・エリザベス」はイギリス海軍史上最大の軍艦になる予定である。クイーン・エリザベス級は多目的の航空母艦として複数の任務に対応する。36機のF-35B統合打撃戦闘機と12機のヘリコプターを搭載する能力を備える。

船体は4つのセクションがポーツマス、ロサイス、バーロー・イン・ファーネス、クライドでBAEシステムズVT グループによって建造される。最終組み立てを行うロサイスの1号乾ドックでは「クイーン・エリザベス」と「プリンス・オブ・ウェールズ」のために改修工事が進められている。[3]

艦歴[編集]

2007年7月25日、国防大臣のDes Browneは38億ポンドで2隻を発注した。このニュースは政治家、労働組合に歓迎された[4]。両艦ともポーツマス海軍基地を拠点とする予定である[5]。この時点の計画では空母はスキージャンプ式飛行甲板を備え、艦載機はヘリコプターのほかF-35のV/STOL型であるF-35Bであった。

2008年12月11日、ジョン・ハットン国防大臣は2隻の就航が当初予定の2014年と2016年よりも1年か2年遅れると発表した[2]

2010年10月25日、戦略見直し事業に伴い、イギリス海軍はクイーン・エリザベス級航空母艦の内の1隻の調達を断念すると発表した。航空母艦を1隻にすることで、高騰するF-35のコスト76億ポンドを含む82億ポンドを削減でき、「プリンス・オブ・ウェールズ」を、2018年に退役する揚陸ヘリ空母オーシャン」の代替艦にすることで、さらに6億ポンドの削減になると見積もられている。さらに11月25日には、英『ガーディアン』電子版が、「プリンス・オブ・ウェールズ」がインド海軍に売却される可能性があると報じた[6]

本艦の搭載機が開発遅延著しいF-35BからCTOL型のF-35Cに変更され、それにあわせ発艦方法がスキージャンプ方式から電磁式航空機発艦システム(EMALS,電磁式カタパルト)への改修が行われ2019年にCTOL空母として就役することになった。

2012年5月10日、イギリス政府はF-35Cの実戦配備が2023年まで遅れる見込みのため、再度F-35Bへ変更すると発表した。またハモンド国防大臣は、F-35Bに変更されることにより、電磁式カタパルトやアレスティング・ワイヤーを装備しないことを示唆している[7]。現段階では本艦は2023年頃に就役予定である[8]

脚注[編集]

  1. ^ Parliamentary Debates, House of Commons, 2007-07-25
  2. ^ a b “Aircraft carriers delayed”. BBC. http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7776695.stm 2008年12月15日閲覧。 
  3. ^ Harding, Thomas (2007年7月26日). “£4bn carriers 'will be jewel in Navy's crown'”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group Ltd. 2007年7月27日閲覧。
  4. ^ http://news.bbc.co.uk/1/hi/scotland/6914788.stm MOD confirms carrier order | BBC News Retrieved 11 December 2008
  5. ^ http://www.royalnavy.mod.uk/server/show/nav.3099 Portsmouth Naval Base facts on MOD website. Retrieved 11 December 2008
  6. ^ 「海外艦艇ニュース 英海軍がクイーン・エリザベス級空母を1隻断念」『世界の艦船』第719集(2010年2月号)海人社
  7. ^ 英国:F-35戦闘機の機種変更 開発3年遅れで 毎日新聞 2012年05月12日
  8. ^ 世界の艦船2012年9月号