F/A-18E/F (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F/A-18E/F スーパーホーネット

「ジョージ・ワシントン」に着艦するVFA-115所属のF/A-18E

ジョージ・ワシントン」に着艦するVFA-115所属のF/A-18E

F/A-18E/Fは、マクドネル・ダグラス社が開発したF/A-18A-D ホーネットの発展型戦闘攻撃機である。F/A-18E/Fとは本シリーズの総称であり、その内容は単座型のF/A-18Eと複座型のF/A-18Fからなる。

愛称はホーネットを超越しているという意味を込めて「スーパーホーネット」(Super Hornet)に変更された。A型からD型までのレガシーホーネット[1]と識別するために、「ライノ」(Rhino)[2]という愛称を無線でコールする際に用いている。「レガシーホーネット」・「ライノ」ともに非公式な呼称である。

概要[編集]

本機は、第4.5世代ジェット戦闘機に分類される、戦闘攻撃機マルチロール機)である。A-12の開発中止を受けて、既存のF/A-18(A型からD型)の基本設計から全面的に再設計することで開発された。航続距離や兵器搭載能力の向上を図り、機体の大型化やステルス性を考慮した設計変更が行われた。

2001年にF/A-18E/Fが初度作戦能力を獲得し、アメリカ海軍F-14艦隊防空戦闘機艦上戦闘機)を更新する形で配備が進められた。イラク戦争などの実戦に参加した。

アメリカ海軍の他にオーストラリア空軍でも採用されている。

開発の経緯[編集]

アメリカ海軍は、1963年から運用を続けていたA-6艦上攻撃機の退役における後継機選定のための ATA(Advanced Technology Attacker=先進戦術航空機)計画において、マクドネル・ダグラス社とジェネラル・ダイナミクス社(いずれも当時)の共同計画案を1987年末にA-12として本格的に開発を開始した。

スーパーホーネットの原型機となった在来型ホーネット

このA-6後継機が選定されたのと同じ1987年にマクドネル・ダグラス社では海外への輸出を主眼にF/A-18C/Dを発展させたホーネット2000開発を計画している。F/A-18の原型機であるYF-17は、ノースロップ社独自の社内開発計画であったP-530コブラを軽量小型化に設計し直すことで空軍の軽量戦闘機計画に応募したものであり、当初の設計からは航続距離や兵器搭載能力といった性能面での妥協を強いられていた。ホーネット2000では、胴体と翼面の大型化や高出力エンジンへの換装によって、言わば「先祖返り」で性能向上を図るものであったが、結局この計画は各国からの関心を集めることはなかった。

1991年初頭になり、国防総省は開発コストの高騰やスケジュールの遅延に機体重量の増大、冷戦終結による国防費削減などを理由からA-12開発計画を中止した。A-12とは別にA-6Eのアップグレード型のA-6Fも開発されていたが、こちらも予算などの問題から開発が中止された。2つのA-6後継機開発計画が中止された結果、アメリカ海軍は別の開発・調達計画を必要とした。1992年5月、アメリカ海軍はホーネット2000をベースにしたF/A-18発展型機採用の意向を表明し、結果としてこの機体がF/A-18E/Fとなった。アメリカ海軍は、採用意向表明するのに先立ちEMD(技術・製造・開発)段階移行のためにマクドネル・ダグラス社に対する地上試験用の3機と飛行試験用の単座型5機、複座型2機の製造承認と、ジェネラル・エレクトリック社に対するF/A-18C/D搭載のF404の発展型F414エンジンの開発承認を与えた。

1995年、飛行試験用の単座型1号機が完成し、同年11月29日に初飛行した。1996年4月1日には複座型1号機が初飛行した。その後の各種試験を経て、1998年12月18日に量産型のF/A-18E初号機が海軍に納入され、2001年にF/A-18E/Fが初度作戦能力(IOC)を獲得した。

機体[編集]

F/A-18E/FはF/A-18C/Dを改良し大型化したものであるが、多くの変更の結果、C/D型とE/F型の共通部品は僅か1割程度となった。E型は単座型、F型は複座型である。

在来型F/A-18からの主要な変更点を以下に示す。

機体の大型化[編集]

F/A-18DとF/A-18Fの比較

全長はF/A-18の17.07mから18.38mへと延長され、レドームも大型化している。

主翼尾翼ストレーキなどといった翼の面積も拡大している。主翼面積は、F/A-18の37.2m2から46.45m2となっており、操舵翼の面積も拡大されている。エアブレーキは後部胴体背面から左右のストレーキ上に移設され、主翼下ハードポイントが1箇所ずつ増加している[3]

これらの変更によりアビオニクス用スペースの増加、機内搭載の燃料タンクの容量増加[4]による航続距離の延長、運動性の向上などを実現している一方で、機体の大型化などによる空気抵抗増加やインテイクの変更等の影響により速度性能(特に加速力)は在来型と比べ低下しているともされる[要出典]

しかし、機体の大型化の一方でD型までにあった垂直尾翼間のエアブレーキを廃止するなど、機体の総部品数はA-D型より減少している。

以上により、機体規模はかつて大型戦闘機とされたF-4戦闘機すら上回るものとなっており、もはや軽量戦闘機にカテゴライズされる機体ではなくなっている。

インテークの二次元型への変更[編集]

F/A-18E(左上)F/A-18C(右下)
在来型では楕円形であったインテークの開口部が、ステルス性を向上させる為に平行四辺形状に変更されている

F-14F-15の二次元型インテークのような断面積可変式ではなく固定式のままであり、従来型同様に超音速性能を重視しないままでのステルス性考慮のための変更である。

エンジンの変更[編集]

F/A-18A-DのF404から、その発展型であるF414へ変更されている。このエンジンは完全自動化デジタル式電子制御システム(FADEC)を備えることで推力制御の自動最適化が達成されている。ただし、エンジンサイズを拡大せずに高性能化するために排気速度を高めたため、騒音が大きかったF404よりさらに大きくなり、訴訟にまで至った。また、ステルス性向上のため吸気ファン前方にレーダーブロッカーを装備している。

アビオニクスの変更[編集]

F/A-18Eのコクピット

レーダーは、AN/APG-65からサイズや重量を殆ど増加することなしに性能を向上させたAN/APG-73に変更しており、より高性能なAN/APG-79も搭載可能としている。

AN/APG-79はアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダーで同時処理が可能な目標数がAN/APG-73のおよそ倍となっており、限定的な電子妨害にも使用可能とされている。

その他、ATFLIR英語版の携行能力や運用可能な兵装の種類が増えている。イラクでのサザン・ウォッチ作戦においてVFA-115 "イーグルス"英語版所属機がF/A-18Eとして初めて実戦に出撃し、イラク軍地対空ミサイル陣地に統合直接攻撃弾薬(JDAM)を投下している。

空中給油[編集]

ベンガル湾上空で僚機のF/A-18Eに空中給油するF/A-18F

退役するKA-6DS-3Bの代替として空中給油機の役割もはたせるようになっている。

プローブアンドドローグ方式が採用されており、aerial refueling system (ARS、空中給油システム)と呼ばれる増槽を装着することで内部タンクとあわせて最大29,000ポンド(13トン)の燃料を搭載することが出来る。

A-D型とE/F型の比較表
F/A-18A-D F/A-18E/F
全長 17.07m 18.38m
全幅 11.43m 13.62m
全高 4.66m 4.88m
主翼面積 37.2kg/m² 46.45kg/m²
空虚重量 A/B:12,973kg
C/D:10,810kg
14,007kg
最大離陸重量 A/B:21,888kg
C/D:23,542kg
29,938kg
エンジン F404-GE-400 ターボファンエンジン×2 F414-GE-400 ターボファンエンジン×2
推力 A/B:7,258kgf×2
C/D:8,145kgf×2
5,669kgf(クリーン)×2
9,979kgf(アフターバーナー)×2
最大速度 A/B:M1.7+
C/D:M1.8
M1.6
航続距離 3,700km 3,705km
戦闘行動半径 C/D:290海里(約537km)
実用上昇限度 15,240m 15,250m

採用状況[編集]

アメリカ海軍では、A-6退役後の空母航空団ストライクパッケージの要となっていたF-14艦隊防空戦闘機(対地攻撃能力付加型)の老朽化による維持コストの高騰を受け、当初は2010年としていた引退時期を2006年の第1四半期に早めた。このためF-14やEA-6B電子戦機S-3B艦上哨戒機が退役すると、次世代の戦闘機であるF-35C統合打撃戦闘機の就役までは、F/A-18シリーズが空母航空団の主戦力となる[5]

F-14よりも騒音が大きいため一部の航空基地ではF/A-18E/F型の配備は極力後回しとされた。EおよびFどちらかのみを配備している飛行隊は10隊あり、双方を配備しているのは、地上の機種転換部隊の2隊のみである。

オーストラリア空軍のF/A-18F

F/A-18E/Fは、アメリカ海軍の他にいくつかの採用計画がある。2007年には、オーストラリア空軍F-111Cの更新機種としてF型を24機を発注し、2009年から順次配備している[6]オーストラリア向けのF/A-18Fは、既に採用を決定しているF-35Aが配備されると余剰化するため、12機が電子戦EA-18G グラウラーへの改造を容易にできるよう予め配線を済ませた状態で生産されていたが、EA-18Gの新規購入に切り替えたため結局改造は行われないことになった。

アメリカ第7艦隊・第5空母打撃群/ジョージ ワシントン打撃群所属の第5空母航空団は、2011年5月11日にVFA-195がF/A-18CからF/A-18Eに機種転換されたことにより[7]、すべての戦闘攻撃飛行隊(VFA-102・VFA-27・VFA-115・VFA-195)がF/A-18E/F スーパーホーネットとなる。2012年3月23日に電子攻撃飛行隊もEA-18Gが配備された第141電子攻撃飛行隊が転属される[8]。第5空母航空団は、戦闘攻撃飛行隊と電子攻撃飛行隊にスーパーホーネット系のみが配備される最初の空母航空団となる。

派生型[編集]

複座のF型
F/A-18E/F
A-6の後継機として開発されたF/A-18を改造した戦闘攻撃機
F/A-18E
F/A-18E/Fの単座型。
F/A-18F
F/A-18E/Fの複座型。
F/A-18E/F Block 2
2003会計年度から発注されたF/A-18E/Fのアップグレード型。
Block 2には以下の改良が行われている[9]
  • 搭乗員ステーションの改良
F型は後席コクピットを8×10インチの大型ディスプレイを搭載したACS(Advanced Crew Station)と呼ばれるものに変更。
ただし、2003年から2005年に発注されたBlock2の中にはAN/APG-73を搭載する機体が含まれている
また、2008年度より納入された機体には480ガロン増槽を改造した IRSTポッドが装備可能となっている。このポッドは先端にAN/AAS-42 IRSTが装備され残りの部分には普通の増槽同様330ガロンの燃料が搭載される。このポッドは通常スーパーホーネットのsta.6に搭載される。[10]
F/A-18E Block 2
F/A-18E/F Block 2の単座型。
F/A-18F Block 2
F/A-18E/F Block 2の複座型。
EA-18G
EA-6Bの後継機としてF/A-18Fを改修した電子戦機。2007年9月24日に量産初号機(G-1)がアメリカ海軍へ引き渡された。
アドバンスド・スーパーホーネット
2010年7月に開催されたファンボロー航空ショーにてCGイラストが発表された機体。2月8日には2011年度インド航空祭"Aero India"にて公開したF/A-18Eの新たなオプション案「インターナショナル・ロードマップ」としてモックアップが発表されている。報道陣には2011年6月29日にボーイング本社にて試作機が発表されている。2013年8月28日にはボーイング社のサイトでF/A-18F アドバンスド・スーパーホーネットが発表された[11]
アドバンスド・スーパーホーネットは、F/A-18E/Fをベースにした国際共同開発仕様と報じられており、ボーイングはこの計画で追加される装備や能力をユーザーのニーズに合わせて開発していく方針を提案している。試作機は2013年8月9日に初飛行している[12]
アドバンスド・スーパーホーネットの改良点としては以下のものがあげられている。
  • コクピットをF-35F-15SEと似た次世代型コクピットへ換装。
コクピットには11×19インチの大型カラーディスプレイ(タッチパネルマルチタッチ対応)が装備され、レーダー、僚機、空中警戒管制機イージス艦などからの各種情報をデータリンクを通じ表示できるのが特徴。また、ディスプレイの表示をいくつかのウィンドゥに区切って分割し画面分割数やウィンドゥのサイズなど、表示する情報をパイロットが変更出来る。
  • エンジンを推力を20パーセント向上させたF414-GE-EPE(Enhances Paformance Engine)へ換装。
低い加速力・上昇力の改善。燃焼効率の改善による航続距離の延長。
  • ミサイル・レーザー警戒用のセンサーや機首下へのIRST[13]の増設など監視・警戒システムの強化。
ボーイングはこの改良により機体全周囲を警戒可能になるとしている。
  • ステルスウェポンポッドの搭載
ウェポンポッドの搭載量は、AIM-120なら4発、Mk.82 500lb爆弾なら2発、Mk 83英語版 1,000lb/Mk 84英語版 2,000lb爆弾なら1発搭載可能。F/A-18E/Fはこのポッドを最大3個搭載する事が可能。これによりステルス性の向上、空気抵抗による加速力の減少を改善、航続距離の延長などが見込める。
機体背部にコンフォーマル・タンクを装備。これによりドロップ・タンクよりも低抵抗かつ揚力も発生する形状により戦闘行動半径は10%向上するという[14]。タンクの容量は片側につき1,500lb、左右合計3,000lbである。また、タンクの装備によって重心位置が変化し尾翼によるトリムが不要となる事により速度性能が上昇するとも言われている。
このほか、電波吸収材の多用やインテイクのレーダー探知妨害設計などにより現行のF/A-18E/Fと比較し、全面のRCSは50%未満に低減されているといわれている。
海外への輸出(F/A-18E/Fの既存ユーザーへの改修なども含む)やF-35Cの開発が今後さらに遅れた場合にアメリカ海軍へも売り込むことを視野に開発が進められている。提供開始時期は2015年以降となるとされている。

スペック[編集]

F18 schem 02.gif
ハードポイント
ATFLIR
AIM-7の取り付け
  • 乗員
    • E:1名
    • F:2名
  • 全長:18.38m
  • 全幅:13.62
  • 全高:4.88m
  • 主翼面積:46.45m2(E/F)
  • 最大離陸重量時翼面荷重:644.52kg/m²
  • 空虚重量:14,552kg
  • 兵装最大搭載量:8,029kg(離陸時)/4,491kg(着陸時)
  • 最大離陸重量:29,937kg
  • 燃料容量:8,063L(機内タンク)
  • エンジン:GEF414-GE-400 ターボファン×2
  • 推力:5,669kgf(クリーン)×2/9,979kgf(アフターバーナー)×2
  • 最大速度:M1.6
  • 航続距離:約3,705km
  • 実用上昇限度:15,250+m[15]
  • 搭載電子機器
  • 電子戦装備
型式 搭載位置 補足説明
レーダー警報受信機
AN/ALR-67(V)2ドイツ語版 内部 Block 1に搭載
AN/ALR-67(V)3ドイツ語版 Block 2に搭載
ミサイル警報装置
AN/AAR-38 内部 全機に搭載
チャフフレアディスペンサー
AN/ALE-47英語版 内部 全機に搭載
AN/ALE-50 全機搭載に対応
AN/ALE-55英語版 Block 2以降
ジャミング装置
AN/ALQ-184ドイツ語版 外部 全機搭載に対応
AN/ALQ-162ドイツ語版 内部 全機搭載
AN/ALQ-165ドイツ語版 Block 1に搭載
AN/ALQ-214ドイツ語版 Block 2に搭載

兵装[編集]

ハードポイント11箇所。兵装搭載量 8051kg

固定武装
各種ミサイル
空対空ミサイル
空対地ミサイル
空対艦ミサイル
対レーダーミサイル
その他

など


出典・脚注[編集]

  1. ^ レガシーホーネット - E/F型を「スーパーホーネット」と呼ぶのに対して、A型からD型の従来機種を「レガシーホーネット」(Legacy Hornet:旧式のスズメバチ)と区別する
  2. ^ 「ライノ」(Rhino) - スーパーホーネットのコクピット前のIFFアンテナのカバーをサイの角に見立ててつけられた愛称。航空母艦への着艦時にアレスティング・ワイヤーの張力確認時に機種を無線のコールには「ライノ」を用いている
  3. ^ ただし主翼下パイロンは取り付け角が進行方向から外側に1°斜めになっている
  4. ^ 機内搭載の燃料は、C型が6,061リットルだったのに対し、E型では8,063リットルになっている
  5. ^ 少数ながらその他にE-2C/D早期警戒機MH-60R統合多用途/S多用途・補給支援ヘリコプターなどが存在する
  6. ^ 2005年8月には、日本航空自衛隊F-4EJ改の更新計画「第4次F-X」の候補機種の1つと報道されたこともあるが、F-35Aが選定された
  7. ^ 2011年5月11日、VFA-195はF/A-18Eへの機種転換訓練を終え厚木基地に戻る[1]
  8. ^ [2]
  9. ^ http://www.flightglobal.com/news/articles/usn-developing-new-super-hornet-upgrades-372392/
  10. ^ http://www.defenseindustrydaily.com/f-18-super-hornets-to-get-irst-03429/
  11. ^ http://www.boeing.com/boeing/Features/2013/08/bds_adv_super_hornet_08_28_13.page
  12. ^ http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-08/09/content_29674608.htm - チャイナネット 2013年9月9日観覧
  13. ^ ちなみに、このIRSTはステルス性を意識した形状となっている
  14. ^ 因みにF/A-18E/Fは空力特性の問題から増槽をパイロンごと外側に3度開いた状態で設置しなければならないという制約が発生していた
  15. ^ F/A-18E/F Super Hornet, Aerospaceweb.org(英語) - Aerospaceweb.org

登場作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]