大韓民国空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大韓民国空軍
Republic of Korea Air force
Roundel of the Republic of Korea Air Force.svg
国防部
作戦司令部
主要部隊
南部戦闘司令部
防空砲兵司令部
韓国空軍の群一覧
韓国空軍の隊一覧
主要機関
空軍士官学校
空軍大学
軍需司令部
教育司令部
歴史・伝統
韓国空軍の歴史
その他
階級一覧
装備品一覧

大韓民国空軍(だいかんみんこくくうぐん : Republic of Korea Air ForceROK Air ForceまたはROKAF: 대한민국 공군)は大韓民国空軍組織である。基本的に大韓民国防空識別圏Korea Air Defense Identification Zone (KADIZ))内の防空任務のほか、人道支援活動、有事の際の支援が主要任務となる。

以下本稿では韓国空軍と呼称する。

概要[編集]

韓国空軍には約65,000人が所属し、約790機の航空機が配備されている。

1945年大日本帝国の敗戦により日本による朝鮮統治が終了し、帰国した航空関係者約500人が韓国航空建設協会を結成して航空部隊の建設を建議したがアメリカ軍は認めなかった。そこで統衛部情報局長代理の金英煥が交渉した結果、1948年3月に陸軍の一部として軽飛行隊の創設を認められた。

1948年4月に金貞烈朴範集崔用徳李永茂李根晳張徳昌、金英煥の7人が航空幹部要員として陸軍二等兵で歩兵学校に入学し、やがて総員105人の航空基地部隊が編成された。9月4日にアメリカ合衆国より10機のパイパーL-4グラスホッパーを寄贈され、翌5日に朝鮮警備隊大韓民国陸軍に改編されると、自動的に陸軍航空隊に改称された。そして15日に初の編隊飛行を行った。しかしL-4型連絡機では航続距離が短いため、1948年末までにL-5型偵察用連絡機10機が導入された。さらに1949年1月には陸軍航空学校を設立した。

L-5型連絡機の購入を機に航空首脳部は空軍の独立を提唱したが、連絡機20機だけで、しかもアメリカ空軍でさえ独立してから1年余りしか経っていない時であったので、顧問団長のロバート准将は時期尚早、参謀総長の蔡秉徳少将は空地協同の建前から空軍独立に反対した。そこで金貞烈が李承晩大統領と申性模国防部長官らに直接訴え、蔡秉徳に執拗に説き、1949年10月1日に現在の韓国空軍が正式に発足した。

その後、1950年朝鮮戦争が勃発した際、北朝鮮ヤコヴレフYak-9ラーヴォチュキン La-7を当時のソビエト連邦から輸入したことを受けて、P-51D マスタングをはじめとする110機を導入、アメリカ空軍からもパイロットが派遣され、軍事規模を拡大して行った。

さらに1960年代から1970年代になると、北朝鮮の脅威からF-86F-5F-4といった戦闘機も配備されて行き、1990年代にはF-16・KF-16、2000年代にはF-15Eの韓国型であるF-15Kが導入される等の近代化が進行している。KT-1T-50といった練習機を国産しているほか、KFX計画として国産戦闘機も検討されている。

基地[編集]

大韓民国空軍の位置
空軍基地

など

組織[編集]

空軍参謀総長の指揮する空軍本部に次の組織が所属する。

  • 作戦司令部(京畿道烏山市)
  • 軍需司令部
  • 教育司令部(Republic of Korea Air Force Education and Training Command:AFTEC 공군 교육사령부)
  • 兵力:6万3千人
    • 航空機:790機
    • 稼働率:F-16:77%、F-4:75%、F-5:80%(2006年

所有機体[編集]

                       

大韓民国空軍の所有機体[1]
機種 生産国 分類 機体バージョン 所有機体数 備考
F-15E アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦闘爆撃機 F-15K 60 愛称はスラムイーグル[2]
F-16C/D
KF-16C/D
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
韓国の旗 韓国
C:多用途戦闘機
D:作戦転換機
F-16C/D Block32
KF-16C/D Block52
計C:118 D:47 完成機輸入
完成機輸入もしくは、KAIによるノックダウン/ライセンス生産機
F-4 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦闘爆撃機
偵察機
F-4E
RF-4C
101
18
D型は2010年退役済み、E型は後継機を選定中。
F-5 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 攻撃機
作戦転換機
F-5E タイガーII
F-5F タイガーII
142
32
-
KAI F/A-50 韓国の旗 韓国 戦闘攻撃機 F/A-50 20 2013年から導入予定
KAI T/A-50 韓国の旗 韓国 練習機・軽攻撃機 T/A-50 22
KAI T-50 韓国の旗 韓国 練習機
アクロバット機
T-50
T-50B
50
10
BAe ホーク イギリスの旗 イギリス 練習機 T-59 ホーク67 16 2013年に退役した[3]
KAI KT-1 韓国の旗 韓国 練習機
前線航空管制機
KT-1
KA-1
76
20
-
イリューシン II-103 ロシアの旗 ロシア 練習機 T-103 22 -
ホーカー 800 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 偵察機 ホーカー800RA
ホーカー800SIG
各4計8 ビジネスジェット機の改造モデル。
ボーイング737
ボーイング737 AEW&C
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 VIP輸送機
早期警戒管制機
B737-300
B737-700 AEW&C
1
4
ボーイングカスタマーコードはZ8
ボーイング747-400 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 VIP輸送機 B747-400 1 大韓航空からのリース
C-130 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦術輸送機 C-130H
C-130H-30
8
4
-
CASA CN-235 スペインの旗 スペイン
インドネシアの旗 インドネシア
戦術輸送機 CN-235-100
CN-235-220
20 CASA製造
IAE製造
CH-47 チヌーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦闘捜索救難ヘリ HH-47D 6 -
AS 332 クーガー フランスの旗 フランス/インドネシアの旗 インドネシア 戦闘捜索救難ヘリ AS 332L 2 IPTNのライセンス生産機
ベル 412 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 戦闘捜索救難ヘリ 412 3 -
ベル 212 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 捜索救難ヘリ 212 2 -
Ka-32 ロシアの旗 ロシア 捜索救難ヘリ HH-32 7 Ka-27を多目的用途にしたもの。
S-92 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 VIP輸送用ヘリコプター S-92A 3 -

その他、パトリオットミサイルMIM-23 ホークも装備している。

注釈[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 因みによく軍事系サイト等で誤解されがちであるが、このスラムとは貧民窟を意味するスラム(Slum)ではなく、激しく叩く事を意味するSlamである(井上雄彦の漫画「SLAM DUNK」のスラムもこちらの意味)。
  3. ^ http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2013/04/04/0521000000AKR20130404105900053.HTML

関連項目[編集]