プリンストン (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Princeton (CG-59).jpg
艦歴
発注 1983年12月16日
起工 1986年10月15日
進水 1987年10月2日
就役 1989年2月11日
退役
その後 就役中
母港 サンディエゴ
性能諸元
排水量 9,600トン
全長 567 ft (173 m)
全幅 55 ft (17 m)
吃水 33 ft (10 m)
機関 ゼネラル・エレクトリック
LM 2500ガスタービン4基, 2軸推進, 80,000 shp
最大速 30ノット以上
航続距離
乗員 士官、兵員 387名
兵装 Mk 41VLS 61セル 2基
 RIM-67 SM-2
 RGM-109 Tomahawk
 RUM-139 VL-Asroc
RGM-84 Harpoon4連装発射筒 2基
5インチ単装砲 2門
25 mm機関砲 2門
12.7 mm機関砲 4丁
20mmファランクスCIWS 2基
Mk 32短魚雷3連装発射管 2基
航空機 SH-60 シーホークLAMPS 2機
モットー Honor and Glory

プリンストン(USS Princeton, CG-59)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の13番艦。艦名はニュージャージー州プリンストンに因む。その名を持つ艦としては6隻目。AN/SPY-1B レーダー・システムを搭載した初のタイコンデロガ級であった。

艦歴[編集]

プリンストンはミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所1989年2月11日にテッド・ホンツ艦長の指揮下就役した。就役後パナマ運河を通過し、ロングビーチ海軍造船所に配置された。

1991年2月18日に、オペレーション・デザート・ストームに参加中のプリンストンはペルシャ湾において2個の感応機雷に触雷し、船体構造に亀裂が生じ、方向蛇と主軸部分を損傷した。船体後部の大きな損傷にもかかわらず、前方の武器及びイージスシステムは15分以内に稼働状態となった。プリンストンは30時間港に留まり、その後ドバイで5週間にわたる修理を行った。
応急修理が完了すると自力でアメリカに帰国し、本格的な修理を行った。プリンストンと乗組員は戦闘活動記章を受章した。

1999年から2000年にかけてサンディエゴで完全オーバーホールを行った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]