P-8 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

P-8 ポセイドン

アメリカ海軍のP-8A

アメリカ海軍のP-8A

P-8は、アメリカ合衆国航空機メーカー、ボーイング社が開発した哨戒機。同社の小型旅客機ボーイング737からの改造機である。愛称はポセイドン(Poseidon)。

開発[編集]

アメリカ海軍1961年以来、ロッキードP-3オライオン対潜哨戒機を使用してきた。しかし、潜水艦の能力向上に応じて、対潜機器の能力向上を図ってきたが、搭載できる機器の重量が限界になってきたことから、1980年代の半ばから、P-3後継機の研究を始めた。海軍は、ロッキード社の提案したP-3Cの改良型P-3GをP-7と命名し、この提案をもとにP-7の開発を進め1989年に2機の原型航空機を製造する定価契約をロッキードと結んだ。しかし、 ロッキードの開発遅延と3億ドルの予算超過が見込まれることがわかり、P-7プロジェクトは1990年7月に中止された。

2000年から再度、P-3後継機の競争を行わせ、ボーイングとロッキード・マーティンBAEシステムズが応募した。ロッキード・マーティンはP-3をアップデートした「オライオン21」を提案、ボーイングは737-800ERX旅客機の改修型である「737MMA(Multimission Maritime Aircraft-多用途海上航空機)」を応募した。ボーイングは既存の自社旅客機の軍事利用をたびたび提案し、E-767KC-767を開発したが、本機もその一環であった。BAeは1969年以来のニムロッド洋上哨戒機の新バージョンで応募したが、米国での生産パートナーが決定しないことから2002年10月に提案を取り下げた。

2004年6月14日に政治力に勝るボーイング案が選定され、海軍は737MMAをP-8Aとして採用を決定した。プロジェクト費用は少なくとも150億ドル、最大で450億ドルであると予想され、レイセオンノースロップ・グラマン、スミス・エアロスペース、およびCFMインターナショナルが下請け契約者として協力する。

海軍は2004年7月8日に5機のP-8Aを発注し、まず3機が試作機として納入され、試験が行われた。開発は難航したものの、2012年3月4日に量産1号機が海軍に引き渡された。

機体[編集]

Mk46魚雷を投下するP-8A

機体は737NGシリーズの1つ、737-800ERXをベースにするが、翼端には同シリーズのオプション装備であるブレンデッド・ウイングレットではなく、ボーイング社の旅客機767-400ERのようなレイクド・ウイングチップ(傾斜翼端)を備える。胴体には兵器倉、主翼にはハードポイントが備えられ、ソノブイ爆雷魚雷、各種ミサイルを運用する。

ソノブイはP-3Cの84本に対し本機は129本を搭載可能。P-3Cではソノブイランチャー48基の内半分は機外からのみ搭載できたが、本機は全て機内装填が可能になっている。機首に搭載されたAN/APY-10レーダーは、P-3C最新型で搭載されているAN/APS-137をもとに、アンテナ部をアクティブ・フェイズド・アレイ(AESA)式にするなどの改良を加えた発展型で、合成開口レーダー(SAR)や逆合成開口レーダー(ISAR)などのモードを備えている[1]。これらの哨戒機材などの機内アビオニクスに安定した電力を供給できるよう、左エンジンには通常の倍の出力を持つ発電機を搭載している。ただしMAD(磁気探知機)は搭載準備こそあるものの搭載されておらず、P-3Cで実施していた海面上低高度での索敵も想定していない。乗員はパイロット3名、TACCO2名、センサーワン/ツー、EWO(電子戦オペレーター)2名(センサースリー/フォー)の9名で、機内のオペレーター席はTACCOとセンサー員各自が持つカードをスロットに挿入すればどのコンソールも使用できる汎用タイプとなっている。これらから得た情報は、737NGと同様のコックピットでも共有できる[2]

運用[編集]

前任のP-3やイギリス空軍のニムロッドはエンジンを4発搭載しているが、低速で長時間哨戒を行うために、現場空域上では1~3発停止させている。ボーイングも双発のP-8ではエンジンを1発停止して哨戒することを計画していたが、双発機の片方停止の場合は、4発機の場合よりも大きな不整モーメントが発生する。加えて、母体の737は経済性・快適性を最優先する旅客機として胴体から離したパイロン式主翼懸架を採用しているため、なおさら大きな不整モーメントが発生し、飛行安定性が毀損するのみならず、当て舵による抵抗増大から燃費も劣化してしまう。このため米国の運用構想では、連続した監視を補完する約40機のMQ-4C トリトン英語版海上無人航空機と協同で運用されることになっている[3]。また、ハワイディエゴガルシア島ジャクソンビル日本嘉手納基地イタリアのシゴネラにある5つのサイトで情報を補完し合う。

米海軍での配備数は108機を予定している。P-8計画には当初からオーストラリアが参加しており、次いでイタリアカナダが参加した。また、アメリカ国防総省は現在P-3を使用する15カ国での採用を見込んでいる。イタリアでは14機のP-8Aを採用する計画であったが、開発費が予想以上にかかったことから、人件費高騰による予算圧迫を理由に購入を数年間遅らせることとなった。

2012年からフロリダ州ジャクソンビル海軍航空基地の第16哨戒飛行隊がP-3Cから機種転換に着手し、2013年11月に初期作戦能力(IOC : Initial Operational Capability)を獲得し、2013年10月3日に発表した日米安全保障協議委員会(2プラス2)に基づいて2013年11月29日西太平洋(嘉手納基地)派遣へ出発。[4]

2013年12月2日にP-8Aが2機沖縄県嘉手納基地に到着。数日内に4機が到着し、計6機で東シナ海の監視に当たる[5]

インド[編集]

インド海軍のP-8I

インド海軍が,長距離海上偵察や対潜水艦戦能力を強化するため、Tu-142MK-Eの後継として導入を計画し、2009年3月にアメリカ合衆国政府が承認、8機が21億ドルで納入が決定した。2013年5月から納入を開始し、配備数は24幾を予定している[6]


インド海軍仕様 P-8Iネプチューンは、インド海軍の要求により、P-8Aに装着されてないMAD(磁気探知機AN/ASQ-508A)と、APS-143C(v)3マルチモードレーダ ーが搭載されている。敵味方識別装置や、インド海軍の航空機船舶、陸上施設間の戦術データやメッセージの交換が可能にするための戦術データ・リンク等の統合戦術情報伝達システムはインドBEL社製を使っている。


オーストラリア[編集]

P-8計画には当初からオーストラリアが参加しており、オーストラリア空軍では2015年までにAP-3CをP-8AとUAVに転換する。 2012年にA$73.9m (US$81.1m)で米海軍との契約を行い、2017年からオーストラリア空軍はAP-3CをP-8と置き換える計画をしていて、P-8は無人偵察機MQ-4Cとの混合運用を計画している。

各型[編集]

P-8A
アメリカ海軍向け
P-8I ネプチューン(Neptune)
インド海軍向け


採用国[編集]

予定国

スペック[編集]

  • 全長:38.56 m
  • 全幅:35.81 m
  • 全高:12.83 m
  • 翼面積:?
  • 自重:62,730 kg
  • 最大離陸重量:83,780 kg
  • 搭載量:34,096 kg
  • システム:ボーイング総合防御システム
  • エンジン:CFMインターナショナル社製 CFM56-7B ターボファン 2基
  • 推力:27,000lbf(120kN)×2
  • 最高速度:906km/h
  • 実用上昇限度:41,000ft
  • 乗員:9名

比較[編集]

P-8とP-1とP-3Cの比較表
P-3C[7][8] P-8[9] P-1
全長 35.6 m 39.5 m 38 m
全幅 30.4 m 37.6 m 35.4 m
全高 10.3 m 12.83 m 12.1 m
最大離陸重量 63.4 t 85.8 t 約80 t
実用上昇限度 8,600 m 12,500 m 13,520 m
発動機 T56A-14 ×4 CFM56-7B ×2 XF7-10 ×4
ターボプロップエンジン ターボファンエンジン
巡航速度 328 kn (607 km/h) 440 kn (815 km/h) 450 kn (833 km/h)
航続距離 3,600海里 (6,600 km)[10] n/a 4,300海里 (8,000 km)[10]
戦闘行動半径 2,380海里 (4,410 km) 2,000海里 (3,700 km)[11] n/a
乗員 11名 9名 13名
運用状況 現役 配備中 現役(P-1)

注釈[編集]

  1. ^ 石川潤一「東シナ海を睨む 米海軍哨戒機/哨戒部隊の現状 (特集 米海軍の新型哨戒機P-8ポセイドン)」、『航空ファン』第63巻第3号、文林堂、2014年3月、 58-65頁、 NAID 40019953542
  2. ^ 「P-8A POSEIDON : 日本への展開も始まった米海軍の新型哨戒機 (特集 米海軍の新型哨戒機P-8ポセイドン)」、『航空ファン』第63巻第3号、文林堂、2014年3月、 10-15頁、 NAID 40019953184
  3. ^ Wastnage, Justin. "Boeing unveils new 737 signals intelligence concept." Flight International, 26 January 2006. Retrieved: 12 September 2012.
  4. ^ [http://flyteam.jp/airline/united-states-navy/news/article/29343 アメリカ海軍、P-8AポセイドンIOC獲得 沖縄へ出発 ]
  5. ^ “米海軍の新型P8A哨戒機が日本に到着、防空圏めぐる緊張の中”. トムソン・ロイター. ロイター. (2013年12月3日). トップニュース. オリジナル2013年12月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131203001251/http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9B108X20131202 2013年12月3日閲覧。 
  6. ^ http://www.domain-b.com/defence/sea/indian_navy/20111206_aircraft.html
  7. ^ アメリカ海軍 (2009年2月18日). “The US Navy - Fact File: P-3C Orion long range ASW aircraft” (英語). 2013年6月10日閲覧。
  8. ^ Lockheed (1994年2月23日). “Standard aircraft characteristics - P-3C Update II (PDF)” (英語). 2013年6月10日閲覧。
  9. ^ Boeing Defense, Space & Security (2013年3月). “P-8A overview (PDF)” (英語). 2013年6月10日閲覧。
  10. ^ a b 防衛庁 (2002年). “防衛力整備と予算の概要 (PDF)”. 2013年6月10日閲覧。
  11. ^ Military-Today.com (2013年). “Boeing P-8 Poseidon Maritime Patrol Aircraft” (英語). 2013年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]