八代海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

八代海(やつしろかい)は、九州本土と天草諸島に囲まれた内海。北は有明海、南は東シナ海につながっており、熊本県鹿児島県にまたがる。旧暦の8月1日の深夜に海上に現れる不知火から不知火海(しらぬいかい)とも呼ばれる。

肥薩おれんじ鉄道上田浦駅付近からの風景

歴史[編集]

古くは伊勢の海とも呼ばれていた[要出典]。遠浅の海であることから古くから干拓が行われており、元来島であったものが地続きになった地形も珍しくない。

1940年代頃から水俣市にあるチッソの工場廃液が垂れ流されたことにより水俣病が発生。工場廃液中に含まれていた有機水銀に汚染された魚介類を食したことにより、数多くの犠牲者を出した。

その後、有機水銀を含んだヘドロを浚渫し埋め立てるなどの再生事業により浄化され、現在では魚介類を食しても安全上問題ないほどに環境が回復している。

地理[編集]

総面積 1,200k㎡,閉鎖度指数 32.5 であり、我が国の 1,000k㎡以上の内湾では最も閉鎖性 の高い海域である。平均水深は約 23m、最大水深は八幡瀬戸で約 73m、南部では 20~50m、 中部では 30~50m、北部では 20m以浅である。

沿岸の自治体[編集]

沿岸の港湾[編集]

主な航路[編集]

沿岸の鉄道[編集]

関連項目[編集]