太平洋艦隊 (ロシア海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア海軍
Военно-Морской Флот Российской Федерации
Naval Ensign of Russia.svg
Naval Jack of Russia.svg
国防省
主要艦隊
北方艦隊
太平洋艦隊
黒海艦隊
バルト海艦隊
カスピ小艦隊
他作戦部隊
海軍航空隊英語版
海軍歩兵
歴史・伝統
ロシア海軍の歴史
ロシア海軍の軍服
ウラジオストク巡洋艦隊
その他
艦艇一覧
階級

太平洋艦隊(たいへいようかんたい、ロシア語Тихоокеанский Флот、略称:ТОФ)は、太平洋上での作戦を目的としたソ連海軍ロシア海軍の艦隊である。太平洋艦隊は、ソ連時代に創設されたが、ロシア帝国海軍の歴史と伝統も継承しているため、ここではロシア帝国時代も含めて述べる。

太平洋艦隊は、北方艦隊に次いで、2番目に強力な艦隊である。現在、脆弱なインフラと財政不足のため、著しい数の戦闘艦艇が除籍を余儀なくされている。

歴史[編集]

帝政ロシア時代[編集]

太平洋艦隊の袖章

1731年オホーツク海奥にあったロシアの軍事・探検・造船の拠点、オホーツクに「オホーツク小艦隊」(Охотская военная флотилия, Okhotskaya voyennaya flotiliya)が創設された。最初の司令官はグリゴリー・スコルニャコフ=ピサレフ(Grigoriy Skornyakov-Pisarev)で、沿岸警備、漁船の防衛、先住民との戦闘、太平洋岸での旅客・物資輸送、カムチャツカやアラスカの探検、後の露米会社の設立と運営などが主な仕事であった。1799年にはイギリスなど列強の太平洋進出に対する警戒や日本との千島列島での緊張に対処するため、小艦隊は強化されることになり、3隻のフリゲート艦と3隻の小艦艇が海軍少将I.フォミンの指揮下でバルト海艦隊からオホーツクに回航された。以後、バルト海艦隊の太平洋戦隊がオホーツク小艦隊(及びその後身のシベリア小艦隊)とは別に並立するようになっている。

1849年カムチャツカ半島にある良港・ペトロパブロフスク=ナ=カムチャトカが小艦隊の根拠地となり、カムチャツカ小艦隊とも呼ばれるようになる。1850年には海軍軍人ゲンナジー・ネヴェリスコイによりアムール川河口のニコラエフスク=ナ=アムーレ(当時、正式にはまだ国領)に哨所が設けられ、アムール川沿岸や日本海沿岸の探検も行われるようになった。1854年夏にはクリミア戦争の余波でイギリス・フランス連合軍によるペトロパブロフスク・カムチャツキー包囲戦が行われたが、オホーツク小艦隊はこれを持ちこたえるのに顕著な役割を果たし、連合軍を撃退している。この戦闘を契機として、1856年にオホーツク小艦隊は根拠地をペトロパブロフスク=カムチャツキーからニコラエフスク=ナ=アムーレに移転し、「シベリア小艦隊」(Сибирская военная флотилия, Sibirskaya voyennaya flotiliya)と改名した。

1860年北京条約により、ロシアは外満洲の割譲を受け、沿海州を獲得した。河口で水深も浅いニコラエフスクに代わり、深くて冬でも凍らない港湾が沿海州南部の日本海沿いに造られることになった。1871年にはピョートル大帝湾の良港、金角湾に建設されたウラジオストクが新たな拠点になり、極東の防衛のためにバルト海艦隊から大規模な戦隊が日本海に回航された。19世紀までは小規模な艦隊だったシベリア小艦隊は、日露関係の緊迫化やイギリス・アメリカなどの脅威により拡充が求められるようになり、ロシア政府は建艦計画を策定した。しかしその実行は遅れ、1880年代まで極東には艦船の修理をできるドックもない状態であり、艦隊の規模も不十分であった。このころシベリア小艦隊の艦船は頻繁に越冬などの目的で日本・李氏朝鮮・清の港を訪れてそのプレゼンスを高め、特に朝鮮で、元山などを軍港として使用することを模索した。日清戦争後には、ロシアは弱体化した清から満州のさまざまな権益を獲得し、1897年には遼東半島の清国軍港だった旅順(ポート・アーサー / ポルト=アルトゥール)および大連(ダーリニー)を占領してこれをウラジオストクに並ぶ拠点にした。1900年にはアムール川の警備のためにアムール小艦隊Амурская военная флотилия)も設置された。日露関係の緊迫化とともに極東にはバルト海から新鋭艦が回航されるようになった[1]

金角湾のウラジオストク軍港に入るロシアの装甲巡洋艦。左はリューリク、右はグロモボーイ1903年

1904年日露戦争開戦直前の2月5日、極東にあったシベリア小艦隊やバルト海艦隊太平洋戦隊などに属する艦船は、ステパン・マカロフ海軍中将指揮下の太平洋艦隊へと再編された。この時点で、太平洋戦隊の艦船(戦艦7、巡洋艦8、水雷艇13、砲艦2)とシベリア小艦隊の艦船の一部(巡洋艦2、水雷巡洋艦2、水雷艇12、砲艦5)は旅順に拠点を置き、残りの巡洋艦(巡洋艦4、水雷艇10)はウラジオストクに残った(ウラジオストク巡洋艦隊)。直後の2月9日旅順口攻撃仁川沖海戦より太平洋艦隊は日本海軍と交戦に入った。

太平洋艦隊は旅順の閉塞防止や日本に対する通商破壊を戦い、特にウラジオストク巡洋艦隊は常陸丸事件などで日本軍の大陸への物資・兵員輸送を妨げ、日本海軍第二艦隊を旅順から遠く離れたウラジオストクや朝鮮半島周辺にくぎ付けにした。その一方でマカロフは3月31日に乗艦が触雷した際に戦死してしまい、後をヴィリゲリム・ヴィトゲフトが代行として引き継いだ。旅順艦隊にはより多くの戦力が必要であったため、バルト海艦隊から艦船を抽出して太平洋艦隊として組み込むことになり、従来の艦隊を「第一太平洋艦隊」[2]とし、増援艦隊を「第二太平洋艦隊」としてジノヴィー・ロジェストヴェンスキー提督指揮下のもと極東へ向かわせることとなった。しかし黄海海戦で旅順艦隊が、蔚山沖海戦でウラジオストク巡洋艦隊が打撃を受けた上、旅順の陥落により旅順艦隊は全ての艦が使用不能となってしまった[3]。それでも新たにバルト海艦隊の残留艦で編成した「第三太平洋艦隊」(日本側では第二・第三太平洋艦隊をまとめて「バルチック艦隊」と呼ぶ)をさらに増援とし、旅順からウラジオストクに目的地を変え航海を続行させたが、日本海海戦で壊滅した。

日露戦争末期のロシア第一革命ではウラジオストクに残った太平洋艦隊の水兵も革命に参加し、ウラジオストクでは1906年1月と1907年10月にも水兵が武装蜂起に参加した。

ソビエト連邦時代[編集]

十月革命および続くロシア内戦では、シベリア小艦隊やアムール小艦隊の水兵が極東にソビエト(評議会)による支配を確立するために戦い、さらにシベリアに進出した諸国の干渉軍に対しても戦った(シベリア出兵)。しかし艦船の多くは白軍や日本軍に奪われている。

シベリア干渉のほぼ終わった1922年、ソビエトは極東共和国人民海軍を解散し、極東の艦船を赤軍ウラジオストク管区管轄下の極東赤色海軍Красный флот на Дальнем Востоке)、およびアムール小艦隊へと改組している。アムール小艦隊は、満州の国境線をめぐる中ソ紛争を戦っている。

満州事変に伴う日本軍の脅威の増大により、ソ連政府は1932年4月13日極東海軍Морские силы Дальнего востока)を創設し、1935年1月に太平洋艦隊と改名している。しかし当初の戦力は貧弱で、シベリア鉄道で小艦艇を運送しなければならなかった。ソ連政府はユーラシア大陸の南を航海せずにすむ「北極海航路」の開発をすすめ、北極海経由での艦船回航にも成功している。1932年には水雷艇戦隊を作り、8つの潜水艦を進水させた。1934年には26の潜水艦を受領し、その後も飛行隊、沿岸砲台、太平洋海軍学校などを整備していった。第二次世界大戦開戦時には2つの水上艦部隊、4つの潜水艦部隊、1つの水雷艇部隊、その他哨戒艇部隊や落下傘降下部隊、砲台守備隊などを持っていた。

独ソ戦大祖国戦争)開戦に伴い、太平洋艦隊も出動可能な状態となり、北方艦隊へも嚮導駆逐艦駆逐艦や潜水艦を送ったほか、水兵14万人が西部戦線(ソ連側から見ての西部)でのドイツとの戦いに動員されている。ドイツとの戦争が終わると太平洋艦隊は速やかに拡充され、1945年8月のソ連対日参戦の時点で巡洋艦2、嚮導駆逐艦1、駆逐艦10、哨戒艇19、潜水艦78、水雷敷設艇10、掃海艇52、対潜艇(MO、Малый Охотник)49、水雷艇204、戦闘機1459を抱えていた。

1945年の満州侵攻で太平洋艦隊は朝鮮半島北部沿岸で戦闘に参加し、さらに南樺太侵攻千島列島侵攻にも参加している。これらの戦いで多くの将兵がソ連邦英雄などの称号や栄誉を受け、18の艦船が親衛隊の称号を、16の艦船が赤旗勲章を受けている。

1990年、ウラジオストク軍港に停泊する太平洋艦隊の艦船

戦後、ボリショイ・カーメニなどの海軍基地の町が多数極東に築かれた。カムチャツカ半島のヴィリュチンスクには原子力潜水艦の基地が置かれ、冷戦下、アメリカ軍と太平洋を挟んで直接対峙する太平洋艦隊はソ連の核戦略の上で重要な役割を果たすに至った。1965年には太平洋艦隊に赤旗勲章が授与された。

ベトナム戦争終了後は、南ベトナムのカムラン湾にソ連太平洋艦隊の補給基地が造られ、極東のみならずインド洋へも展開するようになった。1968年、イギリス政府はスエズ運河以東のアジアから軍事力を1971年までに引き上げることを表明したが、これ以後ソ連海軍アメリカ海軍に対抗してインド洋に勢力を築くことに熱心になった。インド洋戦隊はカムラン湾を拠点として、南シナ海フィリピンを睨み、インドペルシャ湾東アフリカなどに定期的に入港し、そのプレゼンスを高めていった。南イエメンエチオピアを拠点とするIl-38対潜哨戒機や、ソ連艦艇に搭載されたKa-25ヘリコプターもアメリカ海軍の動向を監視していた。

1980年以降はソ連海軍の戦略は大洋での制海権競争から、近海での聖域戦略に重点を置くようになり、太平洋艦隊はオホーツク海の要塞化を進めた。キエフ級航空巡洋艦空母ミンスクは太平洋艦隊に所属し、1980年代は頻繁に日本近海を行き来した。同型のノヴォロシースクも太平洋艦隊に配属されている。

ソ連崩壊後のロシア連邦[編集]

しかしソ連崩壊後は多くの艦船がスクラップにされたほか、解体されないまま繋留される軍艦や潜水艦も多数極東の軍港に係留されたまま放置されるようになっている。

編成[編集]

編成は、2008年のもの。

統合部隊[編集]

  • 北東軍集団:旧カムチャッカ小艦隊。陸軍や空軍の部隊も含む。

艦艇部隊[編集]

ロシア太平洋艦隊司令部(ウラジオストク)
  • 太平洋艦隊旗艦:スラヴァ級ミサイル巡洋艦ヴァリャーク
  • プリモーリェ(沿海州)諸兵科連合小艦隊:フォーキノ
    • 第36水上艦艇師団:ミサイル巡洋艦ヴァリャーク、重原子力巡洋艦アドミラル・ラーザレフ、駆逐艦ベズボヤーズネンヌイボエヴォイブールヌイブィーストルイ
    • 第44対潜艦旅団:大型対潜艦アドミラル・ヴィノグラードフ、アドミラル・パンテレーエフ、アドミラル・トリブツ、マルシャル・シャーポシニコフ
    • 第100揚陸艦旅団:大型揚陸艦BDK-11ペレスヴェート、BDK-98、BDK-101オスリャービャ、ニコライ・ヴィルコフ、アレクサンドル・ニコラーエフ
    • 第19潜水艦旅団
      • キロ級潜水艦潜水艦B-187、B-190クラスノカーメンスク、B-260チタ、B-345
    • 第165水上艦艇旅団:ミサイル艇R-11、R-14、R-18、R-19、R-20、R-24、R-29、R-79、R-261、R-297、R-298
      • 第2親衛ミサイル艇大隊
      • 第25親衛ミサイル艇大隊
      • 第11水域警備艦大隊:小型対潜艦MPK-17、MPK-64メチェーリ、MPK-221、MPK-222コリェーエツ、基地掃海艇BT-114、BT-232、BT-245、BT-256
    • 第31保障船舶旅団:補給艦ウラジミール・コレチツキー、ボリス・ブートマ、ペチェンガ、エゴリューク、イズホーラ、リリム
    • 第34救助船旅団:潜水艦救難艦アラゲーズ、ゲオルギー・コズミン、サーヤニィ
    • 第72建造・修理潜水艦旅団
    • 偵察艦大隊

海軍航空隊[編集]

  • 第568独立混成航空連隊:カーメンヌイ・ルチェイ
    • Tu-22M3飛行隊×2
    • Tu-142M3飛行隊×2
  • 第289独立混成対潜航空連隊:ニコラエフカ。Il-38An-12An-26Mi-8を装備
  • 第71独立輸送航空飛行隊:クネヴィッチ。An-12、An-24、An-26を装備

マンゴフトには、太平洋艦隊の除籍された機体のための大航空基地が存在する。

海軍歩兵・沿岸防衛部隊[編集]

主要基地[編集]

ウラジオストクには、乾ドック、浮きドック、通常弾頭倉庫が存在し、造船所「ダリザヴォード」では、艦艇の近代化及び修理が行われている。接岸施設の総延長は、27kmである。

ボリショイ・カーメニ市には、艦船修理工場「ズヴェズダー」が有り、原子力潜水艦の整備や修理、解体が行われている。

テムプ町(ラズボイニク湾)近隣とカムチャッカの「ゴルニャク」工場(クラシェンニコフ湾)近隣には、放射線廃棄物保管庫が存在する。ルイバチー(ヴィリュチンスク市)の隣には、核弾頭保管庫が存在する。ラズボイニク湾には、1979年に日本から購入した石川島播磨重工(IHI)製の超大型浮きドックが置かれている。

歴代司令官[編集]

太平洋艦隊司令官
職名 氏名 階級 在任期間 出身校 前職
司令官 ヴィクトル・ヒョードロフ 大将 2001.12- 太平洋高等海軍学校 太平洋艦隊参謀長

脚注[編集]

  1. ^ 黒海からは艦艇の移動が認められていなかった。
  2. ^ この「艦隊」の名称には通常の「флота」ではなく「эскадра」という言葉を使用している。「эскадра」に対応する日本語は無く日本ではこれも艦隊と呼称している。
  3. ^ 一部の艦が残っていたが中立国において抑留されていた。

外部リンク[編集]