アンティータム (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Antietam CG-54.jpg
艦歴
発注 1983年6月20日
起工 1984年11月15日
進水 1986年2月14日
就役 1987年6月6日
退役
その後 就役中
母港 横須賀
性能諸元
排水量 9,600トン
全長 567 ft (173 m)
全幅 55 ft (16.8 m)
吃水 33 ft (10.1 m)
機関 COGAG方式、2軸推進
ゼネラル・エレクトリック LM2500 4基、80,000 shp
最大速 30ノット以上
航続距離
乗員 士官、兵員 387名
兵装 Mk 41VLS 61セル 2基
 RIM-67 SM-2
 RIM-161 SM-3
 RGM-109 トマホーク
 RUM-139 VL-アスロック
RGM-84 ハープーン4連装発射筒 2基
5インチ単装砲 2門
25 mm機関砲 2門
12.7 mm機関砲 4丁
20mmファランクスCIWS 2基
Mk 32短魚雷3連装発射管 2基
航空機 SH-60 シーホークLAMPSⅢ 2機
モットー Power to Prevail

アンティータム(USS Antietam, CG-54)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の8番艦。艦名は南北戦争でのアンティータムの戦いに因む。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

アンティータムはミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所で1984年11月15日に起工し、1986年2月14日に進水、1987年6月6日に就役した。

アンティータムはカリフォルニア州サンディエゴを母港として活動した。

2005年2月にサンディエゴを出航、東回りで8月に帰港し世界一周の就航を終えた。途中オペレーション・イラキ・フリーダムの一部としてペルシャ湾に停泊している。さらに、フロリダで乗組員の三分の一を下船させ、タイガー・クルーズの一環としてメキシコプエルト・バジャルタで乗組員の家族を乗艦させた。

2006年現在アンティータムはE・J・クイン艦長およびベンジャミン・オールブリットン副長によって指揮される。

2013年2月カウペンスと交代して、第7艦隊に配備され横須賀を母港にしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]