AN/SLQ-32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戦艦アイオワ」のSLQ-32操作端末
SLQ-32は艦の戦闘システムと緊密に統合されている(シェーマはFFG-7級の例)

AN/SLQ-32は、レイセオン社が開発した統合電子戦装置。電子戦支援(ESM)機能のみのモデルと、電子攻撃(ECM)機能を有するモデルがあり、アメリカ海軍およびアメリカ沿岸警備隊の艦船に広く搭載されている。

概要[編集]

アメリカ海軍は、1960年代よりAN/WLR-1電波探知装置を運用してきた。これは、0.05-10.75ギガヘルツに対応した電子戦支援(ESM)装置であり、のちにはAN/ULQ-6 電子攻撃(ECM)装置とともにSLQ-26統合電子戦システムを構成したほか、改良型としてWLR-3も開発された。さらに、対応周波数上限を18ギガヘルツに拡大するとともに探知周波数走査を電子走査として高速化したWLR-8も開発され、新しいECM装置であるSLQ-17とともに、SLQ-29統合電子戦システムを構成した。しかし、1967年に発生したエイラート撃沈事件は、アメリカ海軍の電子戦体制に大きな衝撃を与えた。エイラート事件後に行なわれた研究により、当時運用されていたSLQ-26/29システムでは、対艦ミサイルの接近を十分に早く探知できず、有効な対処手段を講じえないことが明らかとなった。

1972年アメリカ海軍作戦部長は、新しい統合電子戦装置の開発を認可し、1977年5月には、最初の契約がレイセオン社との間に締結された。1979会計年度において初期作戦能力(IOC)の達成が宣言され、1979年7月には「オリバー・ハザード・ペリー」にSLQ-32(V)2が搭載された。

SLQ-32の基本的な機能は電子戦支援(ESM)である。SLQ-32はMk 36 SRBOCと連接されており、脅威目標からの電波放射を探知した場合、必要に応じて対抗手段(チャフフレアなど)を自動的に投射して、電子的な煙幕を展開することができる。(V)2以降では探知精度が向上しており、水上目標からの電波放射を特定して、ハープーン艦対艦ミサイルを射撃する際の照準に用いることもできるようになっている。また、(V)3および(V)5では電子攻撃(ECM)機能が付加されており、脅威目標に対してジャミングを行なうことができる。

SLQ-32には、用途と世代に応じて、下記のようなバージョンが存在する。

SLQ-32(V)1
もっとも初期のモデルで、少数がフリゲートなど小型の艦艇や補助艦艇に搭載されていた。電子戦支援(ESM)機能のみを有しており、ミサイル航空機に搭載される高周波の追尾レーダーにのみ対応している。
SLQ-32(V)2
最初に幅広く搭載されたモデルで、駆逐艦やフリゲートなどに搭載された。(v)1と同様に電子戦支援(ESM)機能のみであるが、より幅広い周波数に対応しており、捜索レーダーなどにも対処できるようになった。また、精度も向上しており、ハープーン艦対艦ミサイルを射撃する際の照準にも用いられる。
SLQ-32(V)3
(V)2をもとに電子攻撃(ECM)機能を付加したモデルで、巡洋艦以上の水上戦闘艦などに搭載されている。
SLQ-32(V)4
(V)3をもとに大型艦に対応して、構成サブシステムを2セットずつとしたモデルで、航空母艦などに搭載されている。
SLQ-32(V)5
(V)2をもとに電子攻撃(ECM)機能を付加したモデルであるが、(V)3よりもはるかにコンパクトになっており、ECM装置部分はサイドキック・アンテナと呼ばれている。スターク被弾事件を受けて、フリゲート級艦艇に電子攻撃機能を付与するために開発された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]