カウペンス (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cowpens (CG-63)
艦歴
発注 1986年1月8日
起工 1987年12月23日
進水 1989年3月11日
就役 1991年3月9日
退役
その後 就役中
母港 サンディエゴ
性能諸元
排水量 9,600トン
全長 567 ft (173 m)
全幅 55 ft (17 m)
吃水 33 ft (10 m)
機関 ゼネラル・エレクトリック LM2500ガスタービン4基
2軸推進、80,000 shp
最大速 30ノット以上
航続距離
乗員 士官、兵員 387名
兵装 Mk 41VLS 61セル 2基
 RIM-67 SM-2
 RIM-161 SM-3
 RGM-109 トマホーク
 RUM-139 VL-Asroc
RGM-84 ハープーン4連装発射筒 2基
5インチ単装砲 2門
25 mm機関砲 2門
12.7 mm機関銃 4挺
20mmファランクスCIWS 2基
Mk 32短魚雷3連装発射管 2基
航空機 SH-60 シーホークLAMPSⅢ 2機
モットー Victoria Libertatis Vindex
("Victory Vindicates Liberty")

カウペンス (USS Cowpens, CG-63) は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の17番艦であある。艦名はアメリカ独立戦争の古戦場カウペンスに因む。その名を持つ艦としては2隻目である。

艦歴[編集]

  • 2003年、イラク戦争イラク領内へ攻撃を行った最初のアメリカ海軍艦艇であった。同艦は37発のトマホーク巡航ミサイルを発射した。
  • 2009年2月、沖縄沖の洋上にて駆逐艦ジョン・S・マケイン とドラッグレースを行った。
  • 2010年1月、女性艦長のホリー・グラフ大佐は、部下に対する虐待などを理由に解任された。報道によると、部下に、私的なクリスマス・パーティーでのピアノ演奏や飼い犬の散歩を命じるなど艦長の立場を乱用した他、部下を辱めたりみんなの前でけなしたり言葉で攻撃したりすることにより部下を傷つけたとしている。[1]
  • 2013年2月、アンティータムと交代して、所属が第7艦隊から第3艦隊へ変更された。
  • 2013年12月5日、南シナ海公海上で、中国海軍の艦艇と500mまで接近し、緊急回避を行った[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 横須賀母港の米イージス艦の女性艦長、パワハラで解任 米誌報道(2010年3月17日、産経新聞)
  2. ^ 時事ドットコム 中国艦と衝突の危険=米巡洋艦が緊急回避-南シナ海 (2013/12/14-11:14)

外部リンク[編集]

横須賀港で乾ドック入りするカウペンス、2004年。