RIM-174スタンダードERAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RIM-174 ERAM
Standard SM-6
SM-6 Eram June 2014.jpg
種類 艦対空ミサイル
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 2011
配備先  アメリカ海軍
 オーストラリア海軍[1]
開発史
製造業者 レイセオン
製造期間 2009 -
諸元
重量 3,300 lbs (1500 kg)
全長 21 ft 6 in (6.55 m)
翼幅 61.8 in (1.57 m)
弾体直径 21 in (0.53 m) max.

弾頭 爆破破砕弾頭
信管 レーダー・接触信管

エンジン デュアル・スラスト固体燃料ロケット
行動距離 200海里
(370 km)[1]
最大射高 > 110,000 ft (33,000 m)
速度 マッハ3.5
誘導方式 慣性誘導、アクティブ・レーダー・ホーミング、セミ・アクティブ・レーダー・ホーミング
発射
プラットフォーム
水上艦

RIM-174スタンダードERAM(RIM-174 Standard Extended Range Active Missile (ERAM))またはスタンダード・ミサイル6 (SM-6) はアメリカ海軍により開発中の艦対空ミサイルである。

概要[編集]

SM-6は固定翼機ヘリコプターUAV、対艦巡航ミサイルなどを対象とする長距離対空ミサイルである。

ミサイル本体はスタンダードミサイルの射程延長型エアフレームにSM-2の弾頭AIM-120空対空ミサイルのアクティブ・シーカーを組み合わせている[2]。このため、誘導にアクティブ、セミアクティブ双方のモードを利用することができる[3]。優れたシグナル・プロセッシングと誘導制御の能力を得て、高速の目標や艦のイルミネーターの範囲外にいる目標の捕捉も可能となった。これによりイージスシステムのイルミネーターへの負担が軽減される。

開発・配備[編集]

SM-6はRIM-156 SM-2ERブロックIVを元に、セミ・アクティブ・シーカーをAIM-120のアクティブ・レーダー・ホーミングに置換した[4]ものである。

海軍は2004年に開発を開始し、レイセオンと契約した。実射試験はホワイトサンズ・ミサイル実験場で行われ、一回目の試験は2008年6月に二回目は9月に行われ、目標へ接触したが、完全には破壊できなかった。翌年2009年8月の試験では成功を納め、同年には低率初期生産が開始された[5]。2010年5月に海上での試験に入り[6]、2011年には初期作戦能力を獲得した。

すべてのSM-6はレッドストーン兵器廠のレイセオン工場で生産される[7]

アメリカ海軍およびオーストラリア海軍が採用を決定しており、オーストラリア海軍はイージスシステムを採用したホバート級駆逐艦へ搭載する予定で、共同交戦能力を介してボーイング737 AEW&Cと連携することで能力をさらに発揮できると期待している[1]

アメリカ国防総省ミサイル防衛局と海軍は、SM-6を基にして終末段階での弾道ミサイル防衛システム用の弾道弾迎撃ミサイルを開発する予定を立てている。これはSea-based terminal (SBT) と呼ばれており、インクルメント1が2015年頃に、インクルメント2が2018年頃に導入される。開発後にはミッドコース段階での迎撃を担当するRIM-161スタンダード3弾道弾迎撃ミサイル(SM-3)とともにイージス弾道ミサイル防衛システムを構成することになる[8]

参照[編集]

  1. ^ a b c Defence White Paper 2009”. Australian Government, Department of Defence. 2012年3月30日閲覧。
  2. ^ Semaphore Issue 7, June 2009”. Royal Australian Navy (7, June 2009). 2012年3月30日閲覧。
  3. ^ http://www.raytheon.com/newsroom/technology/rtn11_smdc/news1/
  4. ^ Raytheon Missile Systems Standard Missile 6, Accessed February 10, 2011.
  5. ^ Navy Program Guide 2010”. United States Navy. 2012年3月30日閲覧。
  6. ^ http://raytheon.mediaroom.com/index.php?s=43&item=1550&pagetemplate=release
  7. ^ Kenneth Kesner (2012年3月21日). “Raytheon missile plant at Redstone Arsenal on schedule despite storms, federal budget worries (with video)”. The Huntsville Times. http://blog.al.com/huntsville-times-business/2012/03/raytheon_missile_plant_at_reds.html 2012年3月30日閲覧。 
  8. ^ Ronald O'Rourke (2011年4月19日). “Navy Aegis Ballistic Missile Defense (BMD) Program: Background and Issues for Congress (PDF)”. Congressional Research Service. 2012年3月30日閲覧。

関連項目[編集]